ていないブログ

ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦のライフスタイル雑記ブログ

伊藤健太郎のzipシネマ|紹介作品のあらすじとホームページまとめ【11〜20】

サブスクおすすめ

\月額780円〜で6500万曲聴き放題/

【今だけ3ヶ月無料】アマゾンミュージックアンリミテッド

\雑誌のサブスク最安値の月額380円/

【初回31日間0円】!250誌以上の雑誌が読み放題「楽天マガジン」

伊藤健太郎のzipシネマ|紹介作品のあらすじとホームページまとめ【11〜20】

 

日テレ朝の情報番組「zip!」のコーナー、伊藤健太郎のzipシネマのまとめ記事です。

2019年6月4日の11回作品から、2019年8月30日までの20回分で、紹介されている作品と、「zip!」公式Twitterで掲載されている画像をまとめています。

(最初はツイッターを埋め込みしていましたが、重くなりすぎ表示が遅くなるため、途中から出典を記載し画像引用させていただいています)

 

▼今まで紹介された映画、すべてをまとめたデータベースはこちら▼ 

www.teinai.work

 

 

伊藤健太郎のzipシネマ第20回|2019年8月30日紹介作品「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

 

>あらすじ :リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身の道を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は彼に雇われた付き人でスタントマン、そして親友でもある。目まぐるしく変化するエンタテインメント業界で生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。
そして、1969年8月9日-それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

<公式ホームページはリンクエラーのため削除しました>

 

伊藤健太郎のzipシネマ第19回|2019年8月16日紹介作品「ライオン・キング」

 

>あらすじ :命あふれるサバンナの王国プライドランド。その王であるライオン〈ムファサ〉に、息子〈シンバ〉が誕生する。だが、シンバはある“悲劇”によって父ムファサを失い、王国を追放されてしまう。新たな世界で彼は仲間と出会い、“自分が生まれてきた意味、使命とは何か”を知っていく。王となる自らの運命に立ち向かうために―。

www.disney.co.jp

 

伊藤健太郎のzipシネマ第18回|2019年8月9日紹介作品「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」

 

>あらすじ :ロサンゼルスで娘と暮らす、ワイルドなスタイルで超重量級のクルマを操る追跡のプロ・元FBI特別捜査官ルーク・ホブスと、ロンドンで優雅な生活を送る、クールなスタイルで超高級なクルマを駆る規格外の元MI6エージェント・デッカード・ショウ。
2人の元に、行方をくらませたMI6の女性エージェント・ハッティを保護して欲しいという政府の協力要請が入る。
ハッティは全人類の半分を滅ぼす新型ウイルス兵器をテロ組織から奪還したが、組織を率いる、肉体改造を施された超人的な戦士・ブリクストンに急撃され、ウイルスと共に消息を絶った。しかも、彼女はショウの妹でもあるという。ホブスとショウは「こんな奴と誰が組むか!」と協力を拒否するが、ウイルスの回収を最優先するため、仕方なく手を組む事に…世界の命運はこの2人に託された!

wildspeed-official.jp

 

伊藤健太郎のzipシネマ第17回|2019年8月2日紹介作品「ブレス あの波の向こうへ」

 

>あらすじ :オーストラリア西南部の小さな街。内向的な少年パイクレットは、好奇心旺盛な友人ルーニーの無鉄砲な行動に影響を受けながら、彼の後を追うように日々過ごしていた。ある日 彼らは、不思議な魅力を持つ男性サンドーと出会い、サーフィンを教えてもらうことになる。暇を見つけてはサンドーと妻イーヴァが暮らす家に通い出す 2 人。彼らにとって、大人の女性イーヴァの 謎めいた存在感も刺激となっていた。サンドーはいつしか彼らを命をも脅かす危険な波へと挑ませ、恐いもの知らずのルーニーはスリルを楽しむように果敢に挑戦するがパイクレットは...。

<公式ホームページはリンクエラーのため削除しました>

 

伊藤健太郎のzipシネマ第16回|2019年7月26日紹介作品「マーウェン」

 

>あらすじ :5人の男に暴行されたマーク・ホーガンキャンプは、瀕死の重傷を負い、9日間の昏睡状態に陥る。目が覚めたときには自分の名前も覚えておらず、歩くことさえままならなかった。脳に障害を抱え、襲撃の後遺症(PTSD)に苦しむ彼はまともなセラピーも受けられず、治療代わりにフィギュアの撮影を始める。
自宅に作った空想の世界“マーウェン”では、G.Iジョーのホーギー大佐と5人のバービー人形が迫り来るナチス親衛隊と日々戦いを繰り広げていた。次第にマーウェンの写真は評価され、やがてマークの個展が開かれることになる。“マーウェン”で戦う勇気を与えられたマークは、避けていた暴行事件の裁判で証言しようと決意するが・・・

www.marwen-movie.jp

 

伊藤健太郎のzipシネマ第15回|2019年7月12日紹介作品「さらば愛しきアウトロー」

 

>あらすじ :80年代アメリカ。紳士的な犯行スタイルで、銀行強盗と16回の脱獄を繰り返した伝説の銀行強盗フォレスト・タッカー。事件を追うジョン・ハント刑事は、一度も人を傷つけず2年間で93件もの銀行強盗を成功させた彼の仕事ぶりに魅了され、仕事に疲れるだけの毎日から逮捕へ向けて再び情熱を取り戻す。フォレストが堅気でないと感じながらも、心奪われてしまった恋人もいた。そんな中、フォレストは仲間と共に金塊を狙った大仕事を計画するが——。

longride.jp

 

伊藤健太郎のzipシネマ第14回|2019年7月5日紹介作品「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

 

>あらすじ :“ホーム”であるニューヨークを離れ、舞台はヨーロッパへ。ピーター(トム・ホランド)は親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちと2週間の夏休み旅行へ出かける。
そこでピーターの前に突如現れるのは、S.H.I.E.L.D.の長官、ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)だ。「出番だぞ。私と共に戦う覚悟はあるか?」とピーターに告げるが・・。

<公式ホームページはリンクエラーのため削除しました>

 

伊藤健太郎のzipシネマ第13回|2019年6月28日紹介作品「パピヨン」

<公式ホームページはリンクエラーのため削除しました>

 

伊藤健太郎のzipシネマ第12回|2019年6月21日紹介作品「さよなら、退屈なレオニー」

 

>あらすじ :カナダ・ケベックの海辺の街で暮らす17歳の少女、レオニー。高校卒業を一ヶ月後に控えながら、どこかイライラした毎日を送っていた。退屈な街を飛び出したくて仕方ないけれど、自分が何をしたいかわからない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手のことが大嫌い。レオニーが唯一、頼りにしているのは離れて暮らす実の父親だけだった。
そんなある日、レオニーは街のダイナーで年上のミュージシャン、スティーヴと出会う。どこか街になじまない雰囲気を纏うスティーブに興味を持ったレオニーは、なんとなく彼にギターを習うことに…。夏が過ぎていくなか、あいかわらず、口論が絶えない家庭、どこか浮いている学校生活、黙々とこなす野球場のアルバイト、それから、暇つぶしで始めたギター…毎日はつまらないことだらけだが、レオニーのなかで少しずつ何かが変わり始めていた。

<公式ホームページはリンクエラーのため削除しました>

 

伊藤健太郎のzipシネマ第11回|2019年6月14日紹介作品「メン・イン・ブラック:インターナショナル」

 

>あらすじ :新チームの新ミッション、それは・・「MIB内部に潜むスパイを探せ!」
本作で新たなコンビを結成しMIB内部のスパイ摘発ミッションに挑むことが明かされている、MIBニューヨーク本部のエリート新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)と、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントH(クリス・ヘムズワース)。世界中ところ構わずスペースガンや飛行型バイクをフルパワーでぶっ放す、性格大違いの<男女チーム>がこの重要任務をどんな形で解決していくのか予測不能!! 

>ホームページはこちらから

https://bd-dvd.sonypictures.jp/meninblackinternational/index.html

 

関連記事紹介 

>ZIPシネマ1回〜10回まではこちらから

www.teinai.work

 

>つづき :ZIPシネマ21回〜30回まではこちらから

www.teinai.work

 

>番外編 :ZIPシネマの魅力について書きました。 

www.teinai.work