ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

伝説の和風アドベンチャー映画「ジパング」レビュー|プライムビデオ無料

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

みんな〜事件だよ〜〜!

ずっとずっと見たくてたまらないけど、レンタルDVDになってなくて、YouTubeに上がってる予告編だけ観ては、「うぇ〜んこの映画が観たいんだよ〜」って地団駄踏んでた伝説の映画「ジパング」がAmazonプライムビデオで無料対象作品になってます!

見つけた時は、嬉しくて飛び上がっちゃった。

「ジパング」は予想以上に素敵な、日本神話とインディージョーンズを天外魔境でかけ算して、里見八犬伝で引き算して、サブカルチャーのスパイスをふりかけた作品でした。

早速ネタバレありの口コミ感想レビューを書いちゃうぞ〜〜!

 

 

「ジパング」を見るならアマゾンプライムがおすすめ
今なら30日間のトライアルを活用すれば、無料視聴ができます

 

無料体験に申し込む

 

Amazonプライムに登録してる人はチラッとだけでも観て欲しい。

 

ZIPANG 

ZIPANG
 

 

 

映画「ジパング」が面白い!時代劇版インディージョーンズ!口コミネタバレレビュー

映画「ジパング」は1990年の林海象監督作品。

林海象監督は、カルト的な人気を誇る映画監督で、「浜マイクシリーズ」や「夢見るように眠りたい」などが作品としては有名です。

私は林海象監督大好き。

スチームパンクな江戸時代や、サーカス、芝居小屋、探偵事務所。

独特の世界観にいつもうっとり。

 

▼ざっくり林海象監督について紹介した記事▼

www.teinai.work

 

林海象監督作品にはレトロ&スタイリッシュな映像と、絶妙におしゃれな構図とか、俳優の人選とか、映画の設定とか、独特の世界観があるのです。

カルト系の監督なので、低予算をさまざまに工夫して映画を撮っておられることが多いのですが(そしてその工夫に感嘆させられることもしばしば)、「ジパング」は林海象監督作品にしては主演俳優も芸能人(有名人)だし予算が潤沢な印象で、ちょっと異色な印象だったので、ずっと観たくてたまらなかったんですよね。

Amazonプライムで観られたことが嬉しくてたまりません。

 

映画「ジパング(林海象監督作品)」概要

ゲームのコラボレーション作品として製作された作品。

公開年にファミコン、PCエンジンという2つのハードから関連作品が発売されました。

 

  • 公開:1990年
  • 主演: 高嶋政宏(高嶋兄)
  • ヒロイン:安田成美
  • その他メインキャスト:平幹二朗、ベンガル、佐野史郎、秋吉満ちる(マンディ満ちる)、鰐淵晴子、三上博史(友情出演)
  • 監督:林海象 
  • 脚本:林海象、栗田教行(天童荒太)
  • 主題歌:X「ENDLESS RAIN」
  • 関連作品その1:ファミコン用ゲームソフト「地獄極楽丸(1990年発売、パック・イン・ビデオ)」
    タイトルは映画の主人公と同名だが、世界観は別もので、近未来SFアクションゲーム
  • 関連作品その2:PCエンジン用ゲームソフト「ZIPANG(1990年発売、パック・イン・ビデオ)」
    名作パズルゲーム「ソロモンの鍵」をリメイクしたアクションパズルゲーム
  • 関連作品その3PlayStation 2用ゲームソフト「7BLADES(2000年発売、コナミ)」
    映画ジパングの続編となる林海象原案の無双系アクションゲーム

 

映画「ジパング(林海象監督作品)」あらすじ

 おたずね者の七本の刀を持つ大盗賊・地獄極楽丸とその四人衆は財宝が眠ると言われる古墳へ忍び込み、黄金剣・七支刀を手に入れ、逃走する。その剣こそは徳川家康が黄金国・ジパングの扉を開く鍵と切望し、密かに服部半蔵率いる忍者軍団にその捜索を命じている伝説の剣だった。

 

▼映画「ジパング」予告映像▼

www.youtube.com

 

映像を観ていただければわかると思うのですが、パラレルお江戸な世界観がかっこいい。

レトロフューチャーっちゅうか、スチームパンク的な近未来感も感じさせるんですよね。

主人公地獄極楽丸の衣装も素敵だし、敵のビジュアルも時代劇の悪党ビジュアルにアメコミの要素が組み合わされてたりして、ワクワクする。

 

映画「ジパング(林海象監督作品)」はこんな作品が好きな人にオススメ

  • 仮面ライダー系(特撮系)映画
  • チャンバラ映画
  • 映画「インディージョーンズ」
  • 映画「里見八犬伝」
  • 映画「魔界転生」
  • 映画「真夜中の弥次さん喜多さん」
  • 映画「ピストルオペラ」
  • 映画「銀魂」
  • 映画「千と千尋の神隠し」
  • 映画「ジャズ大名」
  • 映画「狸御殿」
  • ゲーム「天外魔境」
  • ゲーム「桃太郎伝説」
  • ゲーム「忍者じゃじゃ丸くん」
  • 漫画家丸尾末広の世界観
  • 漫画雑誌「ガロ」
  • 漫画雑誌「IKKI」
  • 映画蜷川実花作品
  • その他の林海象監督作品
  • 和風スチームパンク

 

ZIPANG
 

 

映画「ジパング」ネタバレ感想:設定とギミックが最高にシビレた

映画をざっくり説明すると、パラレル江戸的な舞台設定に、古事記の天の岩戸の日本神話を組み合わせ、時代劇のアクションの要素も大いにいれつつ、マイケルジャクソンのMVのオマージュも感じさせる作品です。

 簡単にまとめると「なんかごっちゃだな」って感じ。

脚本ははっきり言って登場人物が多すぎて、あっちこっちに話がそれてまとまりがない。

高嶋政宏(高嶋兄弟のお兄ちゃんの方)が演じる、主人公の地獄極楽丸は4人の仲間(プラス象)と旅してるんだけど、全員大したセリフもなく「こんなに登場人物必要か?」っていうのはすごいあった。

ちいさい象をつれてるから、何の伏線なのかずっと気になってたけど、単にいるだけで最後まで何も起こらなかった。

それでもいい!

なぜなら、地獄極楽丸に仲間がいた方が絵面が素敵だから!

そこに小さい象がいた方が目にワクワクするから!

この作品には、話の本筋には影響しないけど、観ていてワクワクするようなビジュアル山ほど詰まっています。

構図とかもカット割りとかも、素敵なんやでぇ〜。

 

映画「ジパング」は、最高にかっこいい要素が詰め込まれた作品

このレビューはバンバンネタバレしてますが、ストーリーの大筋にはふれていないので、読んでから作品を観てもオチがわかっててつまらないとかはないと思うので、安心してください〜。

物語の冒頭で、地獄極楽丸は7本の刀を使って大立ち回りをするんですよね(素晴らしいのでここだけでもいいのでぜひ作品を観て欲しい)。

オーソドックスな刀剣から、トリッキーなやつ、ヤリなどを使って、いろんな敵を100人斬りしていく。

座頭市や丹下左膳みたいな敵が出てきたり、インディージョーンズみたいな仕掛けがあったり、1カット長回しで撮影してみたりと、様々なシチュエーションで殺陣をたっぷり堪能できます。

映画「ジパング」はオープニングから10分以上たっぷりと、7本の刀を使ったバトルアクションに費やしていたので私は思いました。

 

この7本の剣が伏線だな。この剣を駆使して、地獄極楽丸が冒険をしていくに違いない。

 

しかし、そんなことはなかった!

途中で剣を持ちかえるシーンは何回か登場しますが、このオープニングのシーンが何かの伏線とかはなく、ただこのかっこいいチャンバラアクションが撮りたかっただけでした。

そんなのは序の口。

安田成美演じる早打ちガンマンみたいな設定で登場する鉄砲のお百合。

登場シーンで鉄砲を打ちまくってるのに、本筋では鉄砲を打つという要素がストーリーにからんできません。

お百合が連れてる弟とか、本当にほぼ役に立たず。

中盤以降はお百合は連れ去られて単独行動になるのですが、弟は地獄極楽丸の一味と行動を共にするものの、それによって何か物語が転がるとかもなく、ただ一緒にいるだけ。

キャラクターの設定に必要性とかがないんですよね。

おきゃんな江戸娘のビジュアルのお百合が太ももから鉄砲取り出したらかっこいい、太鼓持ちみたいなバカっぽい弟を連れてたら見栄えが良いっていう、完全なるビジュアル重視。

全編通して、そんな感じなんですけどね、それを補ってあまりあるワクワクやトキメキが映像に詰まっているんです。

子供時代にカブトムシに対して感じていた、理屈じゃないかっこよさ。

子供時代に消防車に対して感じていた、あのしびれるかっこよさ。

子供時代に初めて忍者じゃじゃ丸くんの、カエルが登場する画面をみてワクワクしたあの時に感覚に近いものを感じるんです。

 

伝説の和風アドベンチャー映画「ジパング」レビュー|プライムビデオ無料

出典:https://www.nintendo.co.jp

 

そういう理屈じゃない、視覚にダイレクトに来るかっこよさが林海象監督作品の魅力なんです。

 

映画「ジパング」のX JAPANの扱いの雑さがやばい

この映画なぜかエンディングがX(JAPANになる前)の「ENDLESS RAIN」なんですけど、本当に曲の世界観と映画の世界観が全く一致しません。

とってつけた感がすごい。

エンディングテーマだけあって、エンディングシーンで流れるんですけど、雨も降らず、すごいのどかなエンディングなんですよね。

そこに流れるXのドラマチックなバラード…。

いろんなしがらみがあって、タイアップがついたんだろうけど、お互いに得してない感じに、じわじわ来ます。

 

まとめ:伝説の和風アドベンチャー映画「ジパング」レビュー

この作品はカルト系の作品が好きな人ならめちゃくちゃハマるかも。

ハリウッドの娯楽大作や、日本の人気ドラマの映画化とかしか興味ない人には良さが全くわかんないかも。

そういう作品です。

あと作品のあちこちにさまざまなオマージュが出てくるので、映画好きは面白みを感じられるシーンがちりばめられてると思います。

 

 

「ジパング」を見るならアマゾンプライムがおすすめ
今なら30日間のトライアルを活用すれば、無料視聴ができます

 

無料体験に申し込む

 

ZIPANG
 

 

映画の感想いろいろ書いてるよ

映画の感想を書きとめています。

おすすめ映画も、そうでない映画もいろいろ紹介しています。

 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work