ていないブログ

ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦のライフスタイル雑記ブログ

ミニマリストになって自分のことが分かってくるようになった|冴島唯月インタビュー

サブスクおすすめ

\月額780円〜で6500万曲聴き放題/

【今だけ3ヶ月無料】アマゾンミュージックアンリミテッド

\雑誌のサブスク最安値の月額380円/

【初回31日間0円】!250誌以上の雑誌が読み放題「楽天マガジン」

ミニマリストになって自分のことが分かってくるようになった|冴島唯月インタビュー

 

今回インタビューさせていただいた冴島唯月さんは、一人暮らしの50代の女性です。

お話を伺っておもしろかったのは、ミニマリストになる過程で自分のことが分かったとおっしゃっていた点。

ものを減らしたら生活が快適になった、不必要なものを買わなくなって無駄遣いが減ったという話はよくききますが、ミニマリストになって自分の気持ちや望みに気づきやすくなったそうです。

ほかにもいろいろお話伺いました。

 

  

冴島唯月さんは、50代一人暮らしの女性ミニマリスト

—自己紹介をお願いします。

 

冴島唯月:冴島唯月です。

  • 50代後半
  • 埼玉県に一人暮らし
  • アパート住まい
  • 2度結婚
  • 1人目とは離婚
  • 2人目とは死別
  • アラサーの娘が2人

 

ミニマリストのブログに衝撃を受けて服から片づけはじめた

—ミニマリストなったきっかけと時期を教えてください。

 

冴島唯月:2018年6月ごろ、はてなブロガーのミニマリストのび太さん(別名 石黒敬太さん)のブログを拝見して、部屋着と外着を分けない暮らしに衝撃を受けました。
刺激をもらったので、まずは服から片づけを始めました。

 

—では、もうすぐ2年ですね(インタビュー時2020年3月)。

 

不用品を捨てるのが楽しくて、捨てたくて仕方ない

—唯月さんのミニマリスト度は星いくつですか?自己採点をお願いします。(星1つがソフト、星5つがハード)

 

★★★・・

(3です。もっと減らせる気がするから。)

 

—ミニマリストになって良かったことってありますか?

 

冴島唯月:ものの管理が楽になってストレスが減り、生活がより快適になりました。

無駄遣いもかなり減ったと思います。

 

—ものが減って、管理することがいかに手間がかかることかわかりますよね。逆に悪かった点ってあります?

 

冴島唯月:不用品が目につかないだけでストレスがかなり減ります。

以前に比べると、快適の度合いが全然違います。

掃除も格段に楽です。

 

—同感です。

 

冴島唯月:また、ミニマリストになる過程で自分のことが分かってきます。

たとえば、面倒くさがりだということなど。

 

—いろいろ削ぎ落とすことで、自分の本質がむき出しになるんでしょうかね。

 

冴島唯月:それまであまり意識していなかったことが見えてきて、面白いですね。

自分の気持ちに敏感になり、自分の望みに気づきやすくなりました。

—逆にミニマリストになって悪かったこともあれば。

 

冴島唯月:不用品を捨てるのが楽しくて、捨てたくて仕方ないこと。

パートナーができた場合、うまく擦り合わせできるか少々不安です。

 

—確かに…驚かれるかもしれないですね。

 

処分して良かったと思うのはベッドと本棚

—処分して良かったなと思うものって何ですか?

 

冴島唯月:ベッドと本棚です。
大きなものがなくなって部屋がすっきり。

 

—特にベッドは面積が大きいですもんね。


冴島唯月:床掃除が楽になりました。

 

—本棚を処分されて良かったことって何でしょう?

 

冴島唯月:ほこりの温床(本棚)がなくなったのが助かります。

本棚が地震で倒れる心配がなくなりました。

 

—逆に、唯月さんが買って良かったなと思うものも教えてください。

 

冴島唯月:ひとつめはタングルティーザーのブラシです。

交流のあるブロガーさんがブログで紹介されていたもの。

大きなブラシがあまりに気に入ったので、コンパクトタイプも購入したほど。

 

—私はニセタングルティーザーを使用していますが、髪にひっかかりにくいのでブラッシングのストレスが軽減できますよね。

 

冴島唯月:ふたつめは白の魔法使いエリサさんが書籍でおすすめされていた、無印良品のトレンチコートの冬使いが大変気に入っています。

 

—ミニマリストの方はもの選びにこだわりがあるので、オススメされているものってハズレがない気がします。

 

冴島唯月:みっつめはお掃除ロボットのルンバです。

 

 

—部屋にものが少ないミニマリストこそルンバの能力を最大限に発揮できる気がします。

 

冴島唯月:あまり期待していなかったのですが、あると便利。

ルンバの掃除中にほかのことができるのが助かります。

 

—今欲しいものは何ですか?


冴島唯月:現在使っているものがそろそろ買い替え時な気がするので、別に11でなくてもいいのですが、新しいiPhoneが欲しいです。

 

—増やすのではなく、買い替えということですね。

 

極限まで不用品を減らして狭い部屋に引っ越したい

—唯月さんにとって近い未来の目標を教えてください。

 

 

冴島唯月:自分にとっての極限まで不用品を減らしたいと思います。

その状態で狭い部屋に引っ越したいなと。

 

—荷物が減らして小さい部屋を借りれば、同じ環境なら家賃が減るし、同じ家賃なら便利な場所に住むこともできる。選択肢が増えますよね。

 

冴島唯月:引っ越しもかなり楽になります。

また、YouTube投稿にも挑戦したいと思っています。

 

 —おお!楽しみ〜。唯月さん、いろいろ伺わせていただき、ありがとうございました。

 

冴島唯月さんのブログ「ミニマリスト三昧」

冴島唯月さんのブログ「ミニマリスト三昧」

 

2度結婚して、再婚した夫と6年前田舎に移住。

無農薬栽培で細々と農業を開始。

2年前に夫が急病で他界し、一人暮らしになる。

その5か月後に埼玉県に引っ越し、ブログを書き始める。

私から見たらミニマリストの娘に本格的な片づけを手伝ってもらい、片づけに目覚める。

ミニマリストを目指して多くのものを手放し、1年半で自称ミニマリストに。

 

ミニマリスト三昧