ていないブログ

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの音楽オタクの雑記

【WEB内覧会 キッチン】ゆるミニマリストが暮らす築50年のボロマンションのキッチンスペースをダイソーグッズでカスタム

クソ古くてクソ狭いマンションで暮らす、ゆるミニマリストのていない(@tei_nai)です。

我が家の年代物のキッチンが、あまりにも古くて汚いので、ダイソーのリメイクシートでプチDIYしました。

キッチンは毎日必ず使う場所なので、古いからと諦めずに、好きになれるように、自分なりに工夫をしています。

 

f:id:jikobukken:20180603162834j:plain

 

 

我が家の台所ビフォー画像

f:id:jikobukken:20180603163940j:plain

 

我が家のキッチンは、年代物の安い公団型流し台に、引き戸タイプの吊り戸棚がついた時代を感じさせるやつです。

リアルに50年選手のため、吊り戸棚はスムーズに扉を開けることができないわ、棚板には油じみがついているわで、気分良く使える状態ではなかったので、棚板を全撤去し、ダイソーのリメイクシートを吊り戸棚に貼って、オープン棚として使うことにしました。

 

f:id:jikobukken:20180603164513j:plain

 

ダイソーのリメイクシートを上手く貼るコツ

特にありません。

リメイクシートは薄いビニール製のシールになっています。

最初は綺麗に貼ろうと、いろいろネットで調べて、「ドライヤーで温めながら貼ると伸びる」「空気が入らないようにぬれぞうきんを使って貼っていく」とか、豆知識を仕入れていたのですが、いざ貼るとシワだらけになるし、ひっぱったら破けて穴は空くしでちっとも綺麗に貼れませんでした。

が、

離れて見るとあまり気になりません。

 

f:id:jikobukken:20180603165055j:plain

 

リメイクシートを貼ってから1年たちましたが、今のところはがれてきていません。

コツは失敗したからといってはがさない(粘着力がなくなって使えなくなります)。

シワも曲がりもヨレも気にせず、おおらかな気持ちで貼ると良いと思います。

 

我が家の台所アフター画像

f:id:jikobukken:20180603162827j:plain

 

私は、管理能力がいちじるしく低く、ていねいな暮らしが苦手なので、必要最低限のもので生活を営むようにこころがけています。

が、シンプルな機能美よりも、無駄の多い愛嬌のあるものが好きです。

すっきりとシンプルなインテリアよりも、ごちゃごちゃしている方が目に楽しいし。

世の中の主流は「少ないものでシンプルにすっきり」ですが、我が家は「少ないものでごちゃごちゃ楽しく」がモットーです。

 

キッチンの使いにくさを工夫して長所に

キッチンの吊り戸棚についていた引き戸をオープン収納にしたことで、お皿やお鍋がどこにあるか一目で見渡せるようになりました。

パンパンに詰め込むと取り出しにくく、見た目も悪くなるので、食器が増えてきたら処分するなど、管理が行き届くことが一番の魅力です。

また、気に入ったものだけしか所有していないので、多少ごちゃごちゃしていても、目に入るのが全部大好きなものだから幸せ。

大好きなやかんと、ポット。

大好きなマグカップに、お気に入りのホットプレート。

可愛い缶の中にはスーパーのレジ袋を保管しています。

水切りかごや三角コーナーは設置していません。

吊り戸棚の下のワイヤーラックにタオルを敷いてそこに洗った食器を置いて乾いてから、上の戸棚に収納しています。

ゴミは排水ネットに全部流して最後にまとめて水を切ってポリ袋(スーパーのサッカー台にあるくるくる回すビニール袋)に入れ口をくくって捨てています。

あと、ガスコンロのグリルを使わないので、グリルなしのコンロを使っています。

狭いキッチンなので、見た目が気に入らないものや場所を取るもので、排除できるものはなるべく排除するようにこころがけています。

それだけでずいぶんすっきり。

シンプルで機能的でピカピカのキッチンに憧れはありますが、古くて使いにくいボロボロのキッチンでも工夫して使うと愛着がわいてきますよ。

あらあらかしこ

 

<この記事は2018年8月6日にリライトしました>

 

WEB内覧会開催中 

www.teinai.work