ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

「内田裕也ロックンロール葬」横尾忠則弔辞全文|靴下を取りかえっこしたエピソード明かす

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

横尾忠則の弔辞に確かな絆を感じた。「内田裕也は何でもすぐ喜んだり怒ったりする。こういうところが格好良くて、人から嫌われ、愛されるところ 」

2019年4月4日。

3月17日に79歳で永眠した内田裕也のお別れ会「内田裕也Rock'n Roll(ロックンロール)葬」が東京青山斎場で行われました。

 

内田裕也さんはミュージシャンとしてだけではなく、イベンターや映画製作者などセンスと発想力で昭和の芸能界を魅力的にいろどった偉人でもあります。

アートの世界とも深い関わりのある人でした。

 

  • 芸能界代表として堺正章さん
  • 映画界代表として崔洋一監督
  • ロック界代表としてシーナ&ロケッツの鮎川誠さん

が斎場で弔辞を述べ、アート界代表として横尾忠則さんからの手紙での弔辞を、娘婿の内田(本木)雅弘さんが代読しました。

 

私お別れ会に参加してきました。

手紙が斎場に展示してあったのを、写メしてきたので文字起こしいたします。

 

「内田裕也ロックンロール葬」横尾忠則弔辞全文|靴下を取りかえっこしたエピソード明かす


 

 

実は5回しか会っていなかった内田裕也と横尾忠則

裕也さん、ごぶさたしています。

と言ってもあなたを知ってゆうに50年以上がたち、その間に会った回数は5回くらいですよ。もっと会っているようにお互い思っているけど、たった5回なのよね。

裕也さんとの最初の仕事は一柳慧作曲「オペラ 横尾忠則を歌う」の3枚組LPで、内田裕也とフラワーズのバンドでサイケデリックな長い曲を演奏録音してくれたんだけど、この時も会ってないのよね。

この大みそかのフラッシュコンサートの時もお互いの担当者の間で進行し、ここでも2人は会ってないのよね。

 

旅先からの内田裕也の電話に友情を感じた

ある時裕也さんが興奮してニューヨークから旅先の四国に電話をくれたことがあったけど、何事かと思ったら「今日ニューヨーク近代美術館で横尾さんの作品を見て、あんまりうれしくて電話しました」と言った時は、心から友情を感じました。

携帯電話のない時代だから、ホテルから掛けてくれたんでしょうね。

 

横尾忠則と内田裕也赤い靴下をとりかえっこする

それから1度、初めて2人でバーベキュー屋に行った時、たまたま2人が同じメーカーの赤い靴を履いていたら、裕也さんは「横尾さんのと取りかえっこしてくれませんか」と言って、取りかえっこしたら、裕也さんの靴下がガーゼみたいに薄くなって、ちびていたんだよね。

あの頃2人とも赤い靴下ばかり履いていたんだけど、この間見たテレビでは相変わらず赤い靴下を履いているのを見て、この人のこだわりはコンセプチュアルだなと感心しましたよ。

こんなこともあったな。

ファッション誌で裕也さんが出演することになった時、「横尾さんが出るなら出るよ」と言ったために僕も出なきゃいけなくなっちゃった。

子どもみたいな人だよね。靴下のことや、このこと。

 

何でもすぐ喜んだり怒ったりする、内田裕也はインファンテリズムの人

この前テレビのお宝鑑定団で、このポスターをロックンロールの66万円の値をつけて出して、鑑定士から汚れているとかなんとかケチをつけられて、もう少し安く見積もられてぶぜんとしていたのも、子どもみたいでよかったね。

また何かで裕也さんがステージで謝っていたのをテレビで見て、格好良かったよとメールしたら、そのメールを別の場所で「横尾さんがメールをくれたんだよ」とみんなの前で読んだって。

その場にいた人から聞いたけれど、何でもすぐ喜んだり怒ったりする、そんな裕也さんは芸術の重要な核であるインファンテリズム、幼児性の人で、こういうところが格好良くて、人から嫌われ、愛されるところなんですよね。

 

See you soon.横尾忠則

裕也さんは元々この世というより、最初からあの世から来たような人だから、しばらくこの世で遊んで、「もう面白くなくなったので、田舎に帰るわ」みたいな気分で向こうに帰ったんだと思っているよ。

僕はもう生まれ変わりたくないので、向こうの永久国籍を取るつもり。

向こうではもっと頻繁に会おうよね。

See you soon.横尾忠則

 

横尾忠則の弔辞に確かな絆を感じた。「内田裕也は何でもすぐ喜んだり怒ったりする。こういうところが格好良くて、人から嫌われ、愛されるところ 」

出典:https://www.nikkansports.com/

 

内田裕也への弔辞書き起こししてます

 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

 

参列した感想はこちら

www.teinai.work