ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

「内田裕也ロックンロール葬」鮎川誠弔辞全文|裕也さんこそが日本のロックヒストリーだった

「内田裕也Rock'n Roll(ロックンロール)葬」での鮎川誠の弔辞。半世紀近くずっと近くにいた鮎川誠が伝える内田裕也のロックンロールとは?

2019年4月4日。

3月17日に79歳で永眠した内田裕也のお別れ会「内田裕也Rock'n Roll(ロックンロール)葬」が東京青山斎場で行われました。

 

日本の芸能界にはたくさんのタレントさんや歌手、芸人さんがいますが、内田裕也さんはアーティストでイベンターで俳優で、そしてロックンローラーでした。

もてはやされた時もあれば、芸能界から締め出され批判された時期もある。

内田裕也さんほど山あり谷ありの人生を生きた人はいないのではないでしょうか?

そんな裕也さんの良い時も悪い時も、半世紀近くずっとそばにいた人のうちの1人が、シーナ&ロケッツの鮎川誠さんです。

 

鮎川さんの弔辞は文章を用意せずに、祭壇に向かって話しかけるような弔辞でした。

愛とリスペクトとロック魂が詰まっていました。

最後に鮎川さんが「ロックンロール!イェーイ!」と叫ぶと、ミュージシャン席に座るロック魂を同じくする参列者たちが一斉に「ロックンロール!」とレスポンスを返しました。

 

これは、内田裕也の最後のライブなんだなと思いました。

 

「内田裕也Rock'n Roll(ロックンロール)葬」での鮎川誠さんの弔辞全文を文字起こししました。

決しておしゃべりが上手な人ではないので、文章におこすとちょっと妙な感じの部分もありますが、修正なしで書き起こしています。

 

「内田裕也Rock'n Roll(ロックンロール)葬」での鮎川誠の弔辞。半世紀近くずっと近くにいた鮎川誠が伝える内田裕也のロックンロールとは?

出典:https://www.asahi.com/

 

 

内田裕也と鮎川誠はずっと一緒にロックンロールをしてきた

裕也さん、本当に楽しかった。

一緒にロックンロールをずっとしてきた。

初めて裕也さんが博多に、俺たちに会いに来てくれた時、「おーい…内田裕也が来とるぜい」って言って、何しにきたんやろうかとか、俺たちはちょっと戸惑いがありました。

で、「ユーたち曲聴かせてくれ」とか、練習スタジオで裕也さんが僕らに言うてくれて。

で激励してくれて。

次の年、日本で初めての野外ロックコンサート、郡山のワンステップフェスティバル。

1974年でした。

素晴らしいアーティストたち。

外国からオノヨーコさんのプラスティックオノバンドも来て。

憧れのロックスターがいっぱいおる中に、僕たちも出演さしてもらって。

本当に、僕たちはおかげでデビューの道筋を作ってくれて。

 

鮎川誠にとって内田裕也は最初からロックスターだった

もうその時から…本当に、たくさんたくさん恩を受けました。

「おい相川」っつってすぐに言うけど、「なんですか裕也さん」つーと、特に用事は無いんですけれども。

「はい」とか言うしか…。

僕らには大先輩やし。

本当に最初からロックスターやった。

日本の第1号のロックンローラーやったからね。

 

内田裕也とローリング・ストーンズ、ジョン・レノン、フランク・ザッパ、チャックベリー

いつも一緒に居るけれども、僕からはとても裕也さんにお話しはできんやった。

そやけど、ローリング・ストーンズの話も、ジョン・レノンの話も。

「フランク・ザッパとあったんだよ。家に遊びに行ったんだよ。」たくさんたくさん。

「チャック・ベリーを成田から、(安岡)力也と両腕抱えて連れてきたんだ」っつうて。

本当に、ロックヒストリーの。

裕也さんこそがロックヒストリーやった日本の。

僕たちも裕也さんとおって楽しかった。

いっぱい素敵な裕也さんの仲間を紹介していただきました。

 

声も出なかった裕也さんがステージで大きな声で歌った時、鳥肌が立った

そして今年46回目を迎えたニューイヤーロックフェスティバル。

僕は裕也さんが楽屋に来た時、ご挨拶しても、声も聞こえんことでした。

「おい相川(しゃがれた声で内田裕也のマネをする)」。

で、ステージに立たれた裕也さんをずっと見てたら、本当にステージでみんなのパワーをもらったんだろう。

満員の博品館劇場、声援を受けて突然大きな声で歌われたときには鳥肌が立ちました。

裕也さんは「ロックンロール!ロックンロール!!」って、ロック魂でやるぞっちゅうて、いつも言いますけど、本当にこれがロック魂やと思いました。

裕也さんがいつも見守ってくれるちゅうことは、とっても心強いことでした。

裕也さんがまさか今年で最後がなるやなんて思わんかった。

今年の12月には47回目(のニューイヤーロックフェスティバル)、もうそれしか俺…別れる時に思ってなかったから。

 

俺たちは生きとる間はロックンロールやります

本当にありがとう裕也さん。

いつもおるけん。

裕也さんのスピリットはみんな日本の、裕也さんを目指して、裕也さんが見守ってくれたロックバンド、みんながロックスピリットを共有して。

俺たちは生きとる間はロックンロールやります。

ありがとう。

本当に。

安らかにお眠りください。

でもステージにはいつも飛び入り大歓迎です。

待ってます。

ありがとう。

ロックンロール!

イェーイ!

 

スペシャルサンクス

以下の動画を元に文字起こしをしました。

ありがとうございます。

 

www.youtube.com

 

合わせて読みたい

www.teinai.work

www.teinai.work 

www.teinai.work

 

参列した感想はこちら

www.teinai.work