ていないブログ-主婦ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタクの雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

【日本橋】つじ半の海鮮丼は人気行列店!1080円で極上グルメを楽しもう

ていないブログオススメ記事

東京駅のほど近く、日本橋エリアの行列のできる人気店「つじ半」。

メニューが海鮮丼「ぜいたく丼」のみの潔さ。

こちらの「ぜいたく丼」、他の海鮮丼とは一味違った工夫がこらしてあります。

1回で2度美味しい。

そんなメニューになっていますので、並んででも味わってみてください。

 

【日本橋】つじ半の海鮮丼は人気行列店!1000円で極上グルメを楽しもう

 

 

つじ半は海鮮丼の「ぜいたく丼」専門店。メニューは一種類のみ!

つじ半」はつけ麺屋「めん徳 二代目 つじ田」と、天丼屋「金子半之助」がコラボして出したお店で、「ぜいたく丼」の専門店です。

ランクが4種類あり、価格は以下となっています。

  • 梅 1080円
  • 竹 1480円
  • 松 1980円
  • 特上 3500円

梅がベースになっており、ランクアップすると、そこにいくらやかに、うにが追加されていくシステムになっています。

写真だと、高級そうな店構えに見えますが、軽量鉄骨の雑居ビルの1階をそれっぽくリフォームしてあるだけなので、そんなに敷居は高くありません。

カジュアルな気分で食べに行けるお店です。

お客さんのほとんどが1080円の「梅」を注文しているので、「一番安いやつ注文するの貧乏くさいと思われないかな」とか心配する必要もありません。

コスパ的に断然「梅」がお得だと思うし、ぜいたく丼自体、「梅」がベースなので、完成度も「梅」が一番高いので(少なくとも私はそう思うので)、胸を張って「ぜいたく丼 梅 1080円」を注文してください。

 

【日本橋】つじ半の海鮮丼は人気行列店!1000円で極上グルメを楽しもう

 

ぜいたく丼て何?

ぜいたく丼を一言で言い表すならば「まぜのっけ海鮮丼」。

  

【日本橋】つじ半の海鮮丼は人気行列店!1080円で極上グルメを楽しもう

 

「ぜいたく丼」が登場する前に、まずお刺身2切れと、特製黄身醤油を出してもらえます。

「前菜かな?」とお刺身を醤油につけて食べてはいけない!

このお刺身は最後に活躍しますので、我慢我慢。

お醤油は「ぜいたく丼」にかけて召し上がれ。

 

【日本橋】つじ半の海鮮丼は人気行列店!1080円で極上グルメを楽しもう

 

これが「ぜいたく丼」。

マグロのたたきをベースに、さまざまな海鮮や野菜などをまぜまぜしたものが、ほかほかの白ご飯にうず高く盛られて出てきます。

きゅうりや昆布、数の子などがまぜまぜされていて、しっとりとしたマグロベースなのに、数の子のぽりぽりとした食感や、きゅうりの歯ごたえが口の中で楽しい。

丼のはじっこの海苔や青じそも香りが良くて、名脇役として良い仕事をしてくれています。

余談ですが、旦那はごはんとまぜのっけ部分をぐちゃぐちゃっとかき混ぜて食べますが(カレーもかき混ぜ派)、私は白ご飯とまぜのっけ部分は口の中で混ぜます(カレーも混ぜない派)。

つまりは好きなように食べてください。

 

【日本橋】つじ半の海鮮丼は人気行列店!1080円で極上グルメを楽しもう

 

おすすめの食べ方がカウンター前のスタンドメニューに書いてありますので、初めて行く人は参考にしてみてください。

店内は薄暗く、板前さんは昔気質のむすっとしたおじいさん(ぽい)、食べ方まで指定してくるなんて、敷居が高い店なのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

敷居が高いっぽく演出している店です。

人気店2店舗がタッグを組んで、売れる飲食店をプロデュースしているんです。

板前のじいちゃんは忙しいしお客さんと話する雰囲気の店でもないからむすっとしているだけで、にこにこして「美味しかったよ〜」って言ったらにこにこ笑い返してくれます。

高級感をプロモーションしているだけです。

店の外に出て、客観視すると軽量鉄骨の雑居ビルで上階はマッサージ店です。

超庶民的でジャンク!大丈夫、おそれることはない。

気取って食べるようなこともない。

 

メニューが1種類しかないからこそ、細部までのこだわりが光る

「ぜいたく丼」のごはんは酢飯ではなく、ほかほかの白米ですが、お茶請けはガリ(生姜)です。

このガリが美味しいんだよ〜。

昆布でしめてあるんです。

ゴマも入っていて、香ばしい風味がいきている。

ちょっとしたことで、超オリジナリティーだよ〜〜。

ガリに深みが出て美味しい…

もう、「ぜいたく丼」出てくるまでにガリつまんで、お茶飲んでるだけで幸せ気分に浸れます。

「ぜいたく丼」に混ぜてもおいしいよ。

ガリ食べにつじ半に行きたくなるくらいに、私はこの店のガリが好きだ。

 

【日本橋】つじ半の海鮮丼は人気行列店!1080円で極上グルメを楽しもう

 

 食べ終わったら、美味しい2杯目「鯛だし茶漬け」が楽しめる

つじ半は行列のできる人気店です。

1時間待ちは当たり前。

2時間待ちも覚悟。

超人気店じゃん!と思うかもしれませんが、小さなお店なので単にカウンターが12席しかないのと、回転率が悪いんです。

回転率の悪い理由がこれ。

 

【日本橋】つじ半の海鮮丼は人気行列店!1080円で極上グルメを楽しもう

 

じゃじゃーん!

2杯目の鯛茶漬け。

「ぜいたく丼」を食べ終わったら(もしくは途中まで食べたら)、ごはんを足してもらって、お出汁を入れてもらって「鯛出汁茶漬け」にして食べるんです。

最初に出てきたお刺身2切れはお茶漬けの上に乗せて食べるって算段。

これがまた美味なり。

ただ、女性は1杯目の「ぜいたく丼」でお腹がいっぱい。

そこにごはんを追加して、なみなみと熱々の出汁を注がれてごらんなさいよ。

 

途中でお腹が張ってしまって苦しいくらいになって、食べ終わるのに超時間がかかってしまう

 

そう、これがつじ半の行列がどんどん伸びていく元凶です。

「ぜいたく丼」オンリーだったら、1人10分程度で食べ終わるけれど「2杯目の鯛だし茶漬け」がパンチがありすぎて、1人20分以上滞在する、喋りながら食べる女友達との来店なら30分以上滞在する。

つまり、回転率が悪い!

ただ、つじ田と金子半之助のコンセプトは「行列のできる人気店を作る」だと思うので、意図的に滞在時間を伸ばして行列を作らせているのかもなあ。

回転率の悪さは、話題作りのための計算なのかもなあとか、考えたりもしてしまいます。

客観的に店のからくりとか考察すると萎えるんですけど、それでもやっぱり行きたい。

100分待ってもいい!

だって美味しいんだもん!!

 

日本橋エリアのオススメ海鮮丼「つじ半 ぜいたく丼 梅」

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-15 久栄ビル 1F

TEL:03-6262-0823

営業時間月~金:11時00分~16時00分/17時00分~21時00分

営業時間土・日・祝:11:00~21:00

はっきりいって行列ができてないタイミングに出くわしたことがありません。

運が悪いと 11時ジャストに言っても90分待ちとかになります。

15時とかに行くと店閉まってたりすることもあるので、遅がけに行くときは電話で要確認。

狙いは雨降りとか雨上がりとかです。

傘を持って外に並ぶ必要があるため、雨の日はお客さんが少ないのですぐに「ぜいたく丼」にありつけますよ。

 

私はつじ田のラーメンも好きなのさ 

www.teinai.work

www.teinai.work

 

当ブログで密かに人気のグルメカテゴリー

コスパに妥協一切なし!安くておいしいがいっぱいだよ〜〜

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work