ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

1箱500円で荷物を預けよう。宅配型収納サービス「トランク」の私流使い方

ダンボール宅配収納サービスTRUNK(トランク)は1箱月額500円で荷物を預かってくれるので、我が家の捨てられないものを預けました

思い出が詰まっていて捨てられない本やマンガ、CDにおもちゃ。

押し入れの奥にしまいこんでいたけれど、一旦「カンタン宅配収納サービスtrunk 」に預けることにしました。

この記事では、トランクの入会方法や私たち夫婦が預けた荷物を紹介します。

 

 

 

スッキリした部屋でゆったり暮らしたいから、TRUNK(トランク)を利用します

トランクは1箱あたり1ヶ月500円で20キロまでの荷物を預かってくれる宅配型収納サービスです。

 

Twitterで存在を知りずっと興味があったのですが、もっと今の家で快適に暮らすためにサービス利用をすることにしました。

 

スッキリした部屋でゆったり暮らしたいから、TRUNK(トランク)を利用します

 

TRUNK(トランク)の料金システム

ダンボールは会員登録してネットで注文すれば、140サイズの丈夫な箱を無料で支給してもらえます

費用明細は

  • 初期費用 500円
  • 利用料月額 500円(注文した月は0円)
  • 返送(取り出し)料 800円

という明瞭な価格設定。

つまりは1箱1ヶ月500円。

取り出す時の返送料は預けた荷物1個だけでも、まるごとでも800円。

 

>参考リンク :お部屋の荷物をスッキリ!カンタン宅配収納サービスtrunk

 

我が家は夫婦2人暮らしでたったの30平米…もっとスペースが欲しい

もともと今の倍くらいのサイズの大阪市内のマンションで暮らしていたのですが、旦那の仕事の都合で2年前に東京に来ることとなり、今の家に引っ越ししてきました。

2年前から住んでいるこの家はたった30平米しかなく、狭いし、間取りも機能的じゃなくてすっごく使いにくい…

最初は2年だけここで暮らせば、元の家に戻れるよって会社から言われてたはずなのに、この春に旦那の東京残留が決定。

家賃補助の関係でこの家から引っ越せないことも決定。

 

今まで2年の辛抱と我慢して暮らしてきたけれど、この家での生活が長くなるということは、この家で楽しんで暮らすためにもっと工夫しよう!

 

まずはこの家にいるかぎり出番のなさそうなものたちを…

  • 本棚を置くスペースもない家で押入れに詰め込まれただけの本
  • 飾り棚のない部屋で出番がないまま箱に入った雑貨
  • 家が狭くて来客がないから使う予定がない客用グッズ
  • 思い出があって捨てられないけれど、かさばる宝物たち

トランクに預けますっ!!!!

 

専用ダンボールは140サイズで収納量がすごい

TRUNK(トランク)の専用ダンボールを取り寄せたのですが、とにかく収納量がすごかった…

  • 読む予定はないけれど思い出が詰まっていて捨てられない本
  • 私の宝物1970年代のレトロなお人形
  • 私の宝物チェッカーズのボードゲーム
  • 旦那の宝物のオリビア・ニュートン・ジョンのレコードと雑誌の切り抜きなど
  • 旦那の宝物子供時代に行った大阪万博の絵葉書とパンフレット
  • 引っ越ししたら使いたい廃盤デザインの輸入壁紙
  • 冬物のコート

を中心にダンボールにイン。

 

1箱500円で荷物を預けよう。宅配型収納サービス「トランク」の私流使い方


調子に乗ってレコードと本を詰め込んだら、腰が抜けそうな重さになって重量制限の20キロを超えてるんじゃないかと不安だったけど、普通に集荷してもらえました。

よかった。

 

TRUNK(トランク)に預けた荷物はどうするの?

トランクのすばらしいところは1箱1ヵ月500円で荷物を預かってくれる所。

この500円て言う値段設定がいいよね。

1ヵ月だとたった500円だけど1年預けたら6000円もする。

今預けてる荷物は年間6000円払い続ける価値があるものなのかって預けながらみそぎにかけてる感じ。

 

途中で年間6000円のお金を払ってまで保管すべきでものではないと思ったら、トランクにはメルカリみたいな中古マーケットがあるので、そこに0円で出品して欲しがってくれる人に譲ることもできるんだって。

 

まだ使ったことないけど。

 

私がTRUNK(トランク)を選んだ理由

TRUNK(トランク)のTRUNK(トランク)は、簡単に言うとトランクルームのダンボールバージョンという感じのサービスです。

 

家の中だけでサービスが完結する手軽なサービス

トランクルームと違ってスマホアプリで依頼するだけで

家までダンボールを持ってきてくれて

荷物を預かってくれて

必要になったら家に戻してくれる

という家から一歩も出ずにサービスが完結するところが気に入っています。

 

トランクルームより断然安い

トランクはかなり料金的にお得なんです。

近所にあるトランクルームの最小のボックスサイズはこのダンボールの2倍程度のサイズで月額7000円でした。

高いよね。

しかも我が家には車がないので、徒歩10分の距離を重い荷物を持って歩くとか無理ゲーですしね。

 

家に荷物をおいてもお金は発生している

140センチサイズの大きなダンボールを1ヶ月500円で預かってもらえる。

このダンボールは6分の1畳ぐらいのサイズになります。

家賃で換算すると、我が家は30平米で8万円なので、だいたいこのダンボールを我が家の床に置いておくと月額700円くらいの家賃をそのスペースに支払う計算になりました。

 

それなら500円で預けて部屋の荷物を減らして暮らした方がいいよな〜と私は思いました。

 

みんな荷物をおいてる場所にも家賃が発生しているということを忘れがちだと思うんですよね。

足のふみ場もないごちゃごちゃの部屋に家賃を払うということは、荷物に家賃を払っているようなもの。

私はスッキリゆったりと部屋という空間に家賃を払いたいです。

 

写真はトランクのダンボール。

170センチ70キロのおっちゃんがまたがってます。

相当でかいよ。

このダンボールに1箱捨てられないけどいらないものを詰め込んで預けるだけでちょっとお家がすっきりしました〜。

 

私がTRUNK(トランク)を選んだ理由

 

ダンボール宅配収納サービスTRUNK(トランク)

 

 

 

合わせて読みたい 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work