ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

【うちで過ごそう応援企画】初心者にもおすすめなオペラ作品5選【とらよし(森善虎)さん編】

とらよしさんの初心者にもおすすめなオペラ作品5選

 

【うちで過ごそう応援企画】初心者にもおすすめなオペラ作品5選【とらよし(森善虎)さん編】

 

オペラに興味があるけれど何から聴けば良いのかわからない。

そんなあなたのオペラ入門にぴったりの記事がこちら。

声楽家ブロガーのとらよしさんこと、森善虎(もりよしとら)さんが、初心者にもおすすめなオペラ作品を5つ紹介してくださっています。

おうち時間がたっぷりとれる今こそ、オペラにふれてみるチャンスかもしれません。

 

あなたの「うちで過ごそう」が少しでも充実して、楽しい時間になりますように!

 

 

 

とらよしの【初心者にもおすすめなオペラ作品5選】

私はこれまで沢山のオペラ作品や声楽の作品を勉強してきました。

その中でも、オペラは日本語で「歌劇」と書きます。つまり、歌(音楽)と劇(芝居)が融合したものがオペラ(歌劇)です。

そんなオペラの台本は、シェイクスピア等をはじめとする有名な作家から、その国の古い物語や伝説をもとにして作られた作品など様々です。

日本語のオペラにも、團伊玖磨さんが作曲した「夕鶴」というオペラがありますが、実はこのオペラは「鶴の恩返し」のお話がもとになったオペラなんです!

オペラは平均して2時間程度あるのですが、ステイホームが推奨される今こそ自宅で楽しめるコンテンツなので、是非皆さんにも紹介できればと思いました。

今回は、はじめてオペラを見る人でも導入しやすい特に有名なオペラについて取り上げています。

もし「オペラって長いんだよな~」と感じる方はYoutubeで「オペラ名曲」という感じで検索すると色々な曲が出て来るので、その中で気に入ったオペラを見るというのも良いかもしれません!

 

初心者におすすめオペラその1:魔笛

www.youtube.com

 

W.A.モーツァルト作曲 オペラ「魔笛(Die Zauberflöte)」

 

最初に初心者の方におすすめしたいオペラは、ヴォルフブルク・アマデウス・モーツァルトが作曲した「魔笛」というオペラです。

このオペラはドイツ国内で「子どもの為のオペラ」というジャンルにおいて最も上演回数が多いオペラであり、物語も音楽も誰でも楽しめる作品となっています。

音楽で特に有名なのが「夜の女王のアリア」という歌で、ソプラノの超高音と超絶技巧を聴くことができます。

舞台は古代のエジプトでストーリーはRPG風に進んでいきます。魔法の笛を与えられた王子様が試練を乗り越えながら、最終的にはお姫様と結ばれるという、非常にスタンダードな筋書きです。

子どもとも一緒に楽しめる作品なので、複数人で鑑賞するのもおすすめです!

 

モーツァルト:歌劇「魔笛」(Mozart: Die Zauberflöte)

モーツァルト:歌劇「魔笛」(Mozart: Die Zauberflöte)

  • アーティスト:MOZART, W. A.
  • 発売日: 2005/07/11
  • メディア: CD
 

 

初心者におすすめオペラその2:椿姫

www.youtube.com

 

G.ヴェルディ作曲 オペラ「椿姫(La traviata)」

 

2番目におすすめしたいオペラは、イタリアの作曲家ヴェルディが作曲したオペラ「椿姫」です。

おそらくこの曲の冒頭で歌われる「乾杯の歌」は多くの方が耳にしたことがあると思います。

パリが舞台のこのオペラは、高級娼婦であるヴィオレッタが青年アルフレードとの間に真実の愛を見つけるものの、彼女は病に侵されてしまいます。

果してヴィオレッタの運命は…?

というような感じですが、ここでのネタバレを控えますね!

ちなみに、このオペラをモチーフにした映画がリチャード・ギアとジュリア・ロバーツ主演の「プリティーウーマン」なんです。

映画の中でもこの椿姫の音楽が印象的なシーンで使われています。

もしこの映画が好きな人には是非おすすめしたい大人のオペラです!

 

さらにくわしく

 

▼グレタ・ガルボ主演で映画化もしています▼

椿姫(字幕版)

椿姫(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

 

初心者におすすめオペラその3:ラ・ボエーム

www.youtube.com

 

G.プッチーニ作曲 ラ・ボエーム(La Bohème)

 

次にオススメしたいのが、ジャコモ・プッチーニ作曲のオペラ「ラ・ボエーム」です。

都内を中心に同じ名前でイタリアンレストランが沢山ありますが、こちらが先です!

もともとものタイトルの意味としては、自由奔放な生活をするボヘミアンが語源となっています。

この作品は世界で最も上演回数が多いオペラのひとつで、劇場が公演を発表すればチケットが売り切れるのが通例な大人気のオペラです。

物語はクリスマス・イヴにはじまる男女のラブロマンスです。

この作品の特徴は、恋に落ちる男女がどちらとも貧しいのですが、心豊かに暮らしていることにあります。そして音楽もそれに合わせて非常に美しく、ロマンチックなメロディと美しい歌詞が心を打ちます。

 

プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」

プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」

 

 

初心者におすすめオペラその4:蝶々夫人

www.youtube.com

 

G.プッチーニ作曲 オペラ「蝶々夫人(Madama Butterfly)」

 

続けてオススメするオペラもプッチーニが作曲したオペラ「蝶々夫人」です。

実はこのオペラは日本の長崎が舞台なんです!

台本の歌詞はイタリア語で書かれていますが、SuzukiさんやGoroさんなど日本人の役も沢山登場します。

特に興味深いのは、音楽の中に日本古来の旋律や曲が引用されて使われていることです。

作曲家のプッチーニは日本を訪れたことはありませんでしたが、丁度ヨーロッパはジャポニズムが流行した時期でした。

日本と西洋の融合したこの作品を是非楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

初心者におすすめオペラその5:ヘンゼルとグレーテル

www.youtube.com

 

E.フンパーティグ作曲 オペラ「ヘンゼルとグレーテル(Hänsel und Gretel)」

 

紹介文:最後にご紹介するおすすめのオペラは、グリム童話をもとにしたオペラ「ヘンゼルとグレーテル」です。

きっとお菓子の家のお話は多くの人が知っているのではないでしょうか?

森に迷ったヘンゼルとグレーテルはお菓子の家にたどり着くわけですが、そこに住む老婆は魔女なんですね!

このオペラもドイツでは子どものためのオペラとして最も上演回数が多いオペラです。

特にこのオペラの序曲は音楽界でも非常に評価の高い名曲とされており、オーケストラの演奏会などでも取り出して演奏されることが良くあります。

また、ヘンゼルとグレーテルはズボン役といって、兄であるヘンゼルも女性の人が歌います。

声変わりをする前の子どもがキャラクターの場合にはそういう風にするのがオペラでは通例なんですね!

さぁ是非あなたもメルヘンの世界へジャンプしてみてください!

 

オペラが長すぎると思う人はアリアからスタート

もしオペラはちょっと長いな~と思う方は、とらよしさんのブログでオペラアリアのおすすめも紹介しているのでチェックしてみてください。

 

 

教えてくれた人:とらよし(森善虎)さん

【うちで過ごそう応援企画】初心者にもおすすめなオペラ作品5選【とらよしさん編】


皆さんはじめまして!とらよしです。

本名は森善虎(もりよしとら)と申します。

私は東京音楽大学を卒業して声楽家として活動しています。

ドイツのベルリンに音楽留学していた時期もありました。

実家は佐賀県で、現在は隣の福岡県福岡市に住んでいます。

普段はカルチャーセンターでボイトレ講座をしたり、マンツーマンレッスンをしたり、演奏活動等をして生活しています。

好きな料理は和食全般ですが、お寿司が最高に好きです。

趣味は将棋で、中学生の頃にプロを目指して奨励会試験を受験したこともあります。

ちなみに最近は在宅時間が増えたので将棋熱が再燃しています。

私は仕事や人格を通して他人の役に立ったり、豊かさを共有しながら生きていけたら幸せだと思っています。

座右の銘は「音楽で世界をハッピーに!」です。

 

 

  

Twitterでこの記事についてツイートする

はてなブックマークに登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング参加中

下のボタンをクリックすると、ランキングのポイントが加算されるにゃ〜

▼「読んだよ〜」の合図に、応援ポチをお願いします▼

にほんブログ村 ミニマリストカテゴリに投票