ていないブログ

ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦のライフスタイル雑記ブログ

ミニマリスト介護士が、月収15万円から100万円になった本を読んだ口コミと感想

サブスクおすすめ

\月額780円〜で6500万曲聴き放題/

【今だけ3ヶ月無料】アマゾンミュージックアンリミテッド

\雑誌のサブスク最安値の月額380円/

【初回31日間0円】!250誌以上の雑誌が読み放題「楽天マガジン」

深井竜次の著書「月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方」という本を読みました。

タイトルの名前のごとく、介護士として正社員で働いて月収15万円しかなかった著者が、仕事を派遣に切り替え、介護士とブログで月収100万円稼いだという内容になっています。

この本めちゃくちゃ参考になった。

私にとっては近い将来の生きるヒントが詰まっていました。

この本を読んだおかげで別の道が見えたので、書評というか私の読んだ感想+これからの私の生き方の展望について書き記します。

 

【この本を特にオススメしたい人】
・職場の環境に悩んでいる介護士の人
・給料が安いと悩んでいる正社員の人
・ロスジェネ世代の生き方に悩んでいる人
・ミニマリストの人

 

「月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方」

 

 ▼本を買う場合はこちらのリンクから▼

月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方

月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方

  • 作者:深井 竜次
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/02/06
  • メディア: 単行本
 

▼電子書籍(Kindle)はこちらのリンクから▼

月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方

月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方

  • 作者:深井 竜次
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/02/06
  • メディア: Kindle版
 

 

 

月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方:書評・口コミ・感想

作者は深井竜次さんという介護士をしながらブログを運営されている20代半ばの男性です。

そしてこの方実はミニマリストでもあるんです。

ネットでは、たんたんというハンドルネームを名乗っておられて、介護ブログだけでなく、ミニマリストブログも運営されています。

 

ミニマリスト同士なのでツイッターで相互フォローしてたので、興味を持って本を買ってみました。 

 

本のあらすじ・概要

箇条書きで本に書かれていた著者のサクセスストーリーを紹介するにゃ〜

 

  • 田舎の介護士は正社員でも給料が安く15万円しかなかった
  • 長く勤務しても昇給がほとんどないことにも気づいた
  • 都会に出て派遣社員として介護士の仕事をすることに
  • 派遣社員で介護士の勤務(夜勤×10回)をしたら給料が25万円にアップした
  • 勤務を8回にして、月の半分をブログに費やすことにした
  • 介護士の派遣社員と、ブログの収入を合わせると月収が100万円を超えた

 

ざっくり書くとこんなんなんですけどね。

ただし!

この本は、著者である深井竜次さんが、田舎で介護士(正社員)として15万円の月給で暮らすという生活から、派遣社員+ブログで月収100万円までサクセスするという自伝という位置づけではありません。

 

この本を読んで、私が得たことの概要はこちら。

 

  • 正社員の方が派遣社員の方が優遇されるというのは思い込み
  • ブログは一部の人しか儲からないないというのは思い込み
  • 派遣社員は厚生年金や社会保険に加入してもらえるという知識
  • 派遣社員はサービス残業がなく残業代がつくという知識
  • ミニマリストになればミニマルライフコストが下がるという知恵
  • ブログで収益をあげるためのノウハウ
  • 社会が悪い、同じ会社の人もみんな安い給料でがんばっているから仕方ない、ではなく、限られた選択肢の中から生き方を模索し、自分で進む道を選ぶということ

 

「月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方」を10年前の私に読ませてあげたくて涙が出た

私はロスジェネ世代(40代)で、ろくに職歴がありません。

 

20代後半に交通事故にあい、腰を痛め結局10年に渡り3回手術をくりかえしたため、正社員としてフルタイムで働くことができず、アルバイトをして暮らしていました。

当時からミニマルライフコスト(必要な生活費)が少なかったので、特に困窮はしませんでしたが、しっかりとした貯金をするほどの余裕はなく、実家は貧しく、体調を崩す不安と隣り合わせで、漠然とした将来への不安がつきまとっていました。

 

ネット黎明期から、趣味でホームページを作ったり、ブログを書いたりしていましたが、広告を掲載することで収入を得られるということを知ったのはつい最近。

いくつかのブログはそこそこのアクセスがあったのに、完全なる趣味として運営していました。

いろんな人に頼まれて、ボランティアやほぼ無償でたくさんのホームページを作ったりもしていました。

 

もし、10年前の私がこの本を読んでいたら…

  • 派遣社員として働き、福利厚生をきちんと受けて、アルバイトの倍近くの収入を得ることができていた
  • ブログに広告を貼って月に数万円の収入を得ることができていた
  • 自分のスキルと膨大な時間を無償で提供しないで、有償でホームページを作成していた

つまりは全然違う人生になっていただろうなぁと思います。

 

アルバイトで暮らしている時も、友達に恵まれ、趣味に没頭し、楽しく暮らしていたし、別に不幸な人生とは思ってなかったのですけどね。

 

ていないの感想

「月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方」は、大いなる不満と、漠然とした不安を感じながら、現状に甘んじている若い人たちに、可能性を提示してくれる本だなぁと思いました。

 

SNS上での批判的な意見について感じたこと

SNS(っていうかTwitter)で、この本に対して「介護士に向けた本ではない」

「この本はアフィリエイト本だ」というような(どちらかというと)批判的な意見を見かけました。

「月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方」は、深井竜次さんの、自伝+生き方+考え方+成功したノウハウが詰め込まれた本です。

介護士の仕事についても書いているし、ミニマリストとしてオススメの本も紹介しているし、アフィリエイトで成功するためのノウハウについても触れています。

私が受けた印象は、介護士に向けた本というか、人生がうまくいってない人に向けた、彼なりの起死回生の方法を著した本だなぁって感じ。

 

「介護士に向けた本ではない」

私は月収に不満を持ちながら介護士として働いている人がこの本を読んだら、目から鱗だし、めちゃくちゃ響く内容だろうなあと思いましたよ。

動くか動かないかは、読んだ人次第だけど。

介護士の人がこの本を読んで、派遣社員として介護士の仕事をするという選択肢や、都会に出て介護士の仕事をするという選択肢に気づけたのだとしたら「介護士に向けた本ではない」ということはないのではないかしら?

 

「この本はアフィリエイト本だ」

本の後半には、アフィリエイトのノウハウについた部分もあります。

が、アフィリエイト本というほどアフィリエイトのことは書いてないです。

「ブログなんて一部の人しか成功しない」という話はいろんなところで小耳にはさみますし、バリバリの真実だと思います。

この本を読めば、著者が真摯にブログに向き合ってきたことがわかります。

成功しなかったブロガーがこの本を読んで、著者と同じだけの時間をブログのために割き、ニーズのある記事は何か考え、広告への動線を工夫することができたら、成功する一部の人になり得るかもしれません。

そういう意味では「ブロガー本」「アフィリエイト本」と言えなくもないと思いました。

 

まとめ:月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方

著者の深井竜次さんが、介護士でブロガーなので、介護士さんとブロガーさんには響く内容になっていると思います。

他にも、ミニマリストや、給料が少なく悩んでいる人、地方で正社員として働いている人などが読むと、新しい発見があるかも。 

 

私は「派遣社員」というものに対する知識が全くなかったのですが、春頃から「派遣社員」をしながらブログをしてみようかなと思っています。

なぜかというと、ブログ経由でライターのお仕事が増えて、昨年の収入がちょっと良くて、ギリギリだんない(旦那)の扶養から外れてしまったのです。 

扶養から外れると「健康保険」「年金」を自分で支払うことになります。

そうすると月収10万円ちょっとしかないのに、毎月3万円くらい福利厚生にかかってしまい、何のために働いてるのかわかんないみたいになるんですよね。

あと、家でずっと一人で仕事をしていると、さみしい。

猫がいなかったらさみしくて泣いてしまうくらいさみしい(地元では友人が多かったのに今は東京に住んでいてほとんど人に会わないというのもある)。

なので、「派遣社員」として働いて「福利厚生」の恩恵を受けて、人と喋れる環境を手に入れたら、それが現在の私のモアベターなんじゃないかということに気づけました。

 

たんたん(深井竜次)さんありがとう

 

 ▼本を買う場合はこちらのリンクから▼

月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方

月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方

  • 作者:深井 竜次
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/02/06
  • メディア: 単行本
 

▼電子書籍(Kindle)はこちらのリンクから▼

月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方

月収15万円だった現役介護士の僕が月収100万円になった幸せな働き方

  • 作者:深井 竜次
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/02/06
  • メディア: Kindle版
 

 

Twitterでこの記事についてツイートする

はてなブックマークに登録する
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログランキング参加中

下のボタンをクリックすると、ランキングのポイントが加算されるにゃ〜

▼「読んだよ〜」の合図に、応援ポチをお願いします▼

にほんブログ村 ミニマリストカテゴリに投票

 

本の感想いろいろ書いてる〜

ミニマリスト系の本がほとんどですが、よかったらどうぞ。

 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work