ていないーていねいな暮らしではないけれど(狭いマンションに好きなものだけつめこんで、毎日をご機嫌に暮らす)

築50年29㎡の狭小賃貸マンションで機嫌よく暮らす、ゆるミニマリストな中年夫婦とねこ1匹の日々ブログ。インテリア、整理収納、そうじ、節約、DIY、リノベーション、お買い物、音楽、映画、マンガ、ごはん、ダイエット、新居探しとマンション売却。

ていないーていねいな暮らしではないけれど
ていないーていねいな暮らしではないけれど(狭いマンションに好きなものだけつめこんで、毎日をご機嫌に暮らす)

柳の下でミネタが待ってる。峯田和伸は新ドラマ「高値の花」で、星野源につづく二匹目のドジョウになれるのか

石原さとみ、峯田和伸の新ドラマ「高嶺の花」が楽しみすぎる

2018年7月11日より、日テレ系ドラマ水曜10時枠で「高嶺の花」がスタートします。

なんと、石原さとみと峯田和伸(銀杏BOYZ)の純愛ドラマらしいよ。

脚本はあの野島伸司。

キャスティングや設定が、2016年に社会現象になったドラマ「逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)」にぶつける気満々なんだよね。

ああ、楽しみったらない。

 

f:id:jikobukken:20180709180750p:plain

出展:https://www.ntv.co.jp/takanenohana/

 

 

峯田和伸は第二の星野源になれるのか!?

NHKの朝ドラ「ひよっこ」での怪演で、お茶の間に多大なインパクトを与えた峯田和伸。

以前から音楽やカルチャー系の映画では好演することも多く、主演作もあり、「演技力」とか云々ではなく、峯田の存在そのものが放つチャーミングなオーラはすさまじく、知らない人は知らないが、知ってる人はみんな大好き!という俳優でした。

ただ、商業ベースの映画ではなかったので、石原さとみの相手役としての大抜擢は、峯田の実績がかわれたというよりは、「逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)」の星野源の二匹目のドジョウを狙っているという香りがプンプンしています(少なくとも私はそう思います)。

 

峯田とお源さんの共通点

ミュージシャンをしつつ、役者もしてるっていうのが共通点。

「逃げ恥」で国民的認知度を得る前から、お源さんは90年代後半の小沢健二に重ねられたりして、イメージとしては演劇とかが好きなおとなしめのサブカル女子に大人気でした。

峯田は峯田で、青春パンクの雄としてカリスマ的人気を誇っていて、ロックフェスとか好きな、アウトドア系サブカル女子に大人気って感じ。

音楽性は正反対だけど、180度どころか360度かけはなれていて、いつの間にか一周まわって隣同士になってた的な。

正反対だけど、遠くはないよね。

むしろ近い。

ていうか、今書きながら気づいたけど、へたしたら、10代の時みねたかわいい、みねたと付き合いたい言うてたサブカルちゃんが、社会に出ておとなしくなってお源さんかわいい、お源さんと付き合いたいていうてるのかもしれない気がしてきたぞ。

 

▼銀杏BOYZ(バンドだけどメンバー続々脱退で、2014年から峯田ただ1人)の最新作のMVには麻生久美子も出演してるよ▼

www.youtube.com

 

峯田とお源さんのドラマ内設定の共通点

「逃げ恥」でお源さんは、36歳の京大出身のシステムエンジニア平匡を演じていました。

新ドラマ「高嶺の花」では峯田は、39歳の自転車屋さん直人を演じます。

設定が正反対やないか!と思いましたか?

なんと直人も平匡も、女性と付き合ったことがないという設定なんです。

高学歴SEで人見知りな平匡と、自転車屋で商店街の人気者の直人。

キャラクターは正反対だけれど、どっちにしろストーリーの本筋は女慣れしてない男が初恋をするってやつなんでしょ?

赤い懐中電灯と青い懐中電灯みたいなもんで、色は正反対だけど、懐中電灯は懐中電灯っていう(例えがわかりにくいな私)。

 

▼峯田の笑顔がかわいすぎて、予告編だけで骨抜きになる▼

www.youtube.com

 

恋が苦手なアラフォー男の不器用でかわいらしいさまを見せつけて、女を萌えさせる算段ですよ。

20代から40代までの独身女を身悶えさせる気満々じゃないか。

けしからん!

しかし、楽しみだ!!

 

石原さとみの仮想敵は新垣結衣だ!

現在テレビドラマ界で最旬の人気女優両巨頭と言えば、石原さとみと新垣結衣なのではないでしょうか?

2016年の秋ドラマで石原さとみは日テレ系の同じ枠で「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」、新垣結衣はTBS系の火曜10時枠で「逃げるは恥だが役に立つ」でガチンコでぶつかり合い、ガッキーが勝利したことは皆さんの記憶に新しいと思います。

 

「逃げ恥」は10.2%の視聴率からはじまり、第8話からは15%を越え、最終話では20.8%でフィニッシュ。

ドラマ主題歌の「恋」はエンディングでのダンスと合わせて社会現象となりました。

 

一方「校閲ガール」は12.9%でスタートし、その後も11%から13%の間を揺れ動き、12.3%でフィニッシュ。

視聴率は一度も10%を割ることはなく、平均視聴率は12.4%と、ドラマとしては成功しているにも関わらず、「逃げ恥」があまりにも大当たりしたため霞んでしまうという結果に。

 

石原さとみは思ったはずです。

悪いのは私じゃないと。

私にも星野源がいれば結果は違っていたと。

もっと脚本がよければ私だってムーブメントを巻き起こせると。 

 

問題作の帝王、脚本家野島伸司が降臨しました

橋田壽賀子の次に日本で名前が売れてるであろう脚本家(私調べ)野島伸司さんが「高値の花」の脚本を担当します。

90年代に超話題作を量産し、恐ろしい打率を誇った名脚本家です。

00年代以降は内野ゴロとか多めですけど…

代表作は「家なき子」「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」「未成年」「聖者の行進」など。

さまざまな手段で少年少女をいびる作品が得意かと思いきや、ラブストーリーも得意です。

「高校教師」や「この世の果て」のように袋小路のラブストーリーというパターンもありますが、なんとこの人「101回目のプロポーズ」を書いてます。

 

「高嶺の花」ストーリー予想

「101回目のプロポーズ」の浅野温子が石原さとみで、武田鉄矢が峯田和伸で脳内変換してください。

きっとそんな話になる。

そうです。

峯田は第二の星野源ではなく、第二の武田鉄矢だったのです!

「僕は死にましぇん!!!」は、峯田語に翻訳すると「あいどんわなだい(I Don't wanna die)」だもんね。

愛はどんなんだい?

 

www.youtube.com

 

おあとがよろしいようで。

おっぺけぺー!

 

アマゾンプライムで無料で峯田の出演作を見る 

 

▼30日間無料でプライムビデオが見放題なんですって▼ 

 

色即ぜねれいしょん

色即ぜねれいしょん

 
ボーイズ・オン・ザ・ラン

ボーイズ・オン・ザ・ラン

 
 

 

趣味音楽とか書いてるのに、私が以前に書いた記事ってばEXILEとDA PUMPだけなの 

www.teinai.work

www.teinai.work

 

ドラマ「高嶺の花」公式ホームページ

www.ntv.co.jp