ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

6人のミニマリストに聞いた:捨てられないものベスト3

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

LINEオープンチャット「ミニマリスト」コミュニティの管理人をしています。

トークルーム内で、ミニマリストに関連するお題に、メンバーがこたえるコンテンツが盛り上がっています。

「ミニマリストが捨てられないものベスト3」を6人のミニマリストに聞きました。

 

6人のミニマリストに聞いた:捨てられないものベスト3

 

 

ミニマリストが捨てられないもの一覧

6人のミニマリストが捨てられないものを一覧にしてリストアップしました。

断捨離をがんばっている人なら「わかる」と共感できるモノが多いのではないでしょうか?

モノを処分することに慣れていない人にとっては、そもそも捨てるモノではないという思い込みがある「テレビ」「CD」「ひな人形」などが「捨てられないもの」としてピックアップされることに驚きを感じるかもしれません。

 

  • 絵本
  • MDコンポ
  • オーブントースター
  • 思い出の品
  • おもちゃ
  • かき氷器
  • カバン
  • 着物
  • キャンプ用品
  • CD
  • スケート靴
  • 卒業アルバム
  • ダウンジャケット
  • デスクトップPC
  • テレビ
  • 電気ケトル
  • ひな人形
  • プライド
  • レコード

(五十音順)

 

整理収納アドバイザー的捨てられない8つの要因

整理収納アドバイザーでは、捨てづらいものはだいたい8つの要因のうちのどれか、もしくは複数の理由があるとしています。

私はそれにプラスして9つめの要因「二度と手に入らないもの」というのを勝手に要因に加えております。

6人のミニマリストが捨てられないものベスト3は、この8つの要因のどれにあてはまるかチェックしながら紹介していきます〜〜。

 

  1. 迷信(人形、ぬいぐるみなど顔のあるものを捨てづらい)
  2. しつけ(捨てるのは悪いこと、もったいない)
  3. 壊れていないから
  4. 完全系(割れてないコップなど)
  5. しがらみ(もらったものだから)
  6. 小さいから(アクセサリー類など)
  7. 捨て方が分からない(パソコンや粗大ゴミなど)
  8. 高かったから(ブランド品など)
  9. 二度と手に入らないから(絶版本、初回限定CDなど)

 

ここからは1人ずつが捨てられないものと捨てられない理由を書いた記事を紹介していきます。

 

ミニマリスト1人目:かおりのさんの捨てられないものベスト3

かおりのさんの捨てられないものは、ひな人形、着物、MDコンポ。

ひな人形は長年使っていない、もう二度と飾る予定がないにも関わらず、捨てられない人は多いのではないでしょうか?

顔がついている(1 迷信)、祖母にプレゼントされた(5 しがらみ)、高額(8 高かったから)というトリプルコンボ!

そりゃ捨て辛いよ〜〜。

着物も親に買ってもらった(5 しがらみ)、高額(8 高かったから)の複数要因なので多数の人がタンスを肥やしてるのではないでしょうか?

MDコンポやVHSビデオは生産終了しているため捨てづらいですよね(9 二度と手に入らないから)。

特にソフトをコレクションしている人にとっては、何年も使ってないけど捨てられないよね〜〜。

 

「かおりのさんの捨てられないものベスト3」くわしくはコチラ↓ 

www.teinai.work

 

ミニマリスト2人目:全開さんの捨てられないものベスト3

全開さんの捨てられないものはスケート靴、CD、プライド。

スケート靴は記事を読んだらわかるのですが、ストーリーやメモリーがある(5 しがらみ)の最高峰。

一生持ち続けて問題のないものなのではと感じました。

CDはねぇ、私も減らしたけどまだ500枚以上所有しているのですごくわかります。

そもそも私たちは本やCDは、捨てるものとして育てられてないんですよね(2 しつけ)。

私はCDがかさばるので、CD-R用のノート型ホルダーにまとめてコンパクトにしましたが、全開さんはCDのジャケットや裏表紙、ブックレットを含めてひとつのものとしてとらえているため(4 完全系)、なかなか難しそう。

そして最後の捨てられないものはなんと…「プライド」。

わかる。

私もなりたい自分と実際の自分との乖離に苦しんでいます。

ライターとして仕事をはじめたものの、本を読まずに書評を書くという仕事内容が辛くて(このブログには嘘を書いてないから)、1ヶ月でやめてしまったの…。

 

「全開さんの捨てられないものベスト3」くわしくはコチラ↓ 

mainichizenkai.com

 

ミニマリスト3人目:つーさんの捨てられないものベスト3

つーさんの捨てられないものは、デスクトップPC、思い出の品、カバン。

デスクトップPCは、今のパソコンがつぶれたら使えるかもしれないし(3 壊れていないから)、高価なものだし(8 高かったから)、そもそも処分が手間だし(7 捨て方が分からない)。

お子さんの作った作品や、コレクションしているカバン(お母様の遺品も含む)は、思い出が詰まっていて(5 しがらみ)、後ろ髪ひかれまくりで断捨離しづらいですよね。

 

「つーさんの捨てられないものベスト3」くわしくはコチラ↓ 

www.teinai.work

 

ミニマリスト4人目:ていないの捨てられないものベスト3

私の捨てられないものですね。

オーブントースターと思い出のレコード、顔付きのかき氷器。

オーブントースターは要因のどれにも当てはまらなくて、めったに使わないけどグラタンが大好物だから捨てられないっていう。笑

今までは「捨てたい…けど…」と、断捨離を前提に所有していたのでなるべく使わないで生活していましたが、この記事を書いてから開き直りました。

パンを焼いたり、厚揚げを焼いたりと「せっかくだから使おう」と思いガンガンに活用しています。

これからもよろしく!

レコードは思い出(5 しがらみ)があるから捨てられない。

しがらみっていうと嫌な言葉ですが、思い出(メモリー)っていうと特別なモノってわかる。

思い出の品を全て、使わないからという理由で、しがらみをふりきって処分する必要はないよね。

顔付きのかき氷器も、思い入れ(5 しがらみ)の強さで所有をつづけるモノですね。

捨てられないのは(1 迷信)ではありません。

私は顔つきの人形とかをバンバン捨てられるタイプなのです。

 

「ていないの捨てられないものベスト3」くわしくはコチラ↓ 

www.teinai.work

 

ミニマリスト5人目:まめみつさんの捨てられないものベスト3

まめみつさんの捨てられないものは、子供の絵本・おもちゃ、キャンプ用品、テレビ。

ミニマリストの方なので、断捨離レベルが普通の方より高めなのが印象的です。

子供の絵本・おもちゃは、全部捨てられないのではなく「一部を残す」と書かれています。

本は捨てないもの(2 しつけ)ではなく、思い出の品を一部残す(5 しがらみ)というのが、ミニマリスト度高め。

キャンプ用品も、普通の方は処分するという感覚がないのではないでしょうか?

使う頻度が低いから断捨離したいというのは、ていない(私)のオーブントースターに近いですね。

でも、処分しない理由がある(災害時にも使える)ということで、捨てることはキッパリ諦めて、フル活用する方法を考える方向にシフトで!

そして最後に登場する捨てられないものが「テレビ」。

テレビを生活必需品と信じて疑わず、処分なんて考えたことない人がほとんどだと思うんですよね。

テレビが登場すると、「ああ、ミニマリストさんなんだなぁ」と。笑

 

「まめみつさんの捨てられないものベスト3」くわしくはコチラ↓ 

www.teinai.work

 

ミニマリスト6人目:ようこさんの捨てられないものベスト3

ようこさんの捨てられないものは、卒業アルバム、ダウンジャケット、電気ケトル。

捨てられないリストを見る限り、彼女もかなりのミニマリストさんという印象です。

卒業アルバムっていうのは、捨てないもの(2 しつけ)だと思い込んでいる人が世の中のほとんどだと思うんです。

写真を捨てるのは縁起が悪い(1 迷信)もあるし、思い出が詰まっている(5 しがらみ)ということもあり、何十年も開いていないのに所有し続けている人が多いのではないでしょうか?

ようこさんはなんと、高校時代の卒業アルバム以外はすでに断捨離済み!

すげえ!ミニマリスト感バリバリ!

断捨離できないものとして次に紹介されているのが、人からもらった超暖かい高級ダウンジャケット。

毎年冬に愛用されているお品です。

普通の人は断捨離候補にすらいれないのに、サイズが大きい(洋服として気に入っている訳ではない)という理由で断捨離を考えられています。

これぞミニマリスト的思考!持ち物が少なくなってくると、所有しているものが気に入ったもの、自分の納得いっているものばかりになってくるんですよね。

なので、気に入らない部分があると処分を検討してしまうっていう。

もうね、そんな暖かい服は断捨離せずに、これは暖をとるために必要な服と割り切ってボロボロになるまで着るべきだよ!!

そして最後が電気ケトル。

我が家(ていない)のオーブントースターや、まめみつさんのキャンプ用品に近いですね。

普通の人なら断捨離候補にあがらないけれど、ミニマリストなので使用頻度が低いと捨てたくなるという、ミニマリストあるある。

超わかる〜〜!

 

「ようこさんの捨てられないものベスト3」くわしくはコチラ↓ 

www.teinai.work

 

【まとめ】6人のミニマリストに聞いた:捨てられないものベスト3

ということで、6人のミニマリストの捨てられないものを、整理収納アドバイザー的観点である「捨てられない要因」と照らし合わせて紹介してみました。

ものを減らしたいと考えているミニマリストにとっても、やはり「思い出」は強敵です。

モノの持つストーリーやメモリーが強いと処分するのをためらってしまいますよね。

大切なのは線引きなのかなと。

「使わないから」という理由で全てを処分する必要はないんです。

まめみつさんが書いておられましたが「一部を残す」という選択肢は大切なのではないかと思います。

私もレコードプレイヤーとレコード数百枚を処分しましたが、1枚だけ残しました。

この1枚が他の全てのメモリーも担ってくれます。

家の収納量以下に所有するモノが収まっていたら、無理にモノを処分することないので、大切と思うものは「使っていないから」と無理に処分せず、他のものを処分して収納量を調整したらいいんですよね。

という、ていないのお片づけ理論で終わります。

軽いまとめ記事のつもりが4000文字オーバー。

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます〜〜。

 

断捨離関連オススメ記事

断捨離関連の人気記事をピックアップしました。

よろしければどうぞ。

 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work