ていないブログ

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの音楽オタクの雑記

お葬式・葬儀の疑問を、1級葬祭ディレクターのやましーさんにインタビュー

冠婚葬祭って難しい。

葬儀屋さんに関することって、わからないことだらけ。

準備をしておく訳にもいかないし、何度も経験することでもないから、いざとなったらちんぷんかんぷんのまま、葬儀場や親戚の言いなりになってしまいがち。

一体どんな葬儀屋さんを選べばいいの?

一体お葬式の相場っておいくら?

宗派がわからないときはどうしたらいいの?

お坊さんって絶対呼ばなきゃダメなの?

お葬式に関する素朴な疑問と、葬儀屋さんってどんなことをするお仕事なのかを、ブロガーで唯一「1級葬祭ディレクター」の資格を持つやましー@無料司会者さんに、ねほりはほり聞いてみました。

今回、聞きづらい葬儀代金について果敢に切り込んでます!!

 

【インタビュー】お葬式・葬儀に関する素朴な疑問を、1級葬祭ディレクターのやましーさんに聞く

 

 

お客様が心から喜んでくれるサービスを求めて葬祭業に

—やましーさんの自己紹介をお願いします

 

やましー@無料司会者:やましーです!
ブロガー唯一の「1級葬祭ディレクター」で葬儀のプロ、29歳。

葬儀社を辞めてからは、コミュニケーション能力の高さを生かして、人事部で学生向け企業説明会を担当していました。

現在は大阪で無料司会業を営んでいます。

 

—葬儀場で働こうと思ったきっかけは何ですか?どうして葬儀屋さんになろうと思ったのでしょうか?

 

やましー@無料司会者:もともとサービス業に興味があり、お客様が心から喜んでくれるサービスを求めるため、葬儀業界の門を叩きました!

 

—葬儀場の仕事は先の予定がみえないので、突然葬儀が重なる時と、暇になる時があると思うのですが、忙しい時はどうやって葬儀をまわして、暇な時はどんな仕事をしているんですか?

 

やましー@無料司会者:忙しい時は一人で同時に2件のお葬儀をみたりしていました!

暇なときは、祭壇の修復だったり、葬儀会場の清掃だったり、お葬儀がない時でもやることは沢山あります!

 

 

葬祭ディレクターの2級は個人葬、1級は社葬までがプランニングできる

—1級葬祭ディレクターとのことですが、葬祭ディレクターって一体どんな資格なんでしょうか?

 

やましー@無料司会者:葬祭ディレクターの資格内容には1級と2級があります。
その内容は

・2級:個人葬における受注から会場設営、式典運営に至るまでの一般的な知識と技能
・1級:全ての葬儀における受注から会場設営、式典運営に至るまでの詳細な知識と技能
葬儀屋の仕事、なるには、給料、資格

と分けられています。

似ているところもありますが、2級は個人葬、1級は社葬までがプランニングできる、という違いがあります。

 

—やはり葬祭ディレクターの資格がないと、葬儀を取り仕切れないとかではないんですよね?

 

やましー@無料司会者:まぁ、葬儀に関することは葬儀従事者だったら誰でもできると思いますが、資格があるとお客様の安心感が違いますね!

 

葬儀代金の平均は100万から150万

—一般的な葬儀代金の目安を教えてください。

 

やましー@無料司会者:全国平均100万から150万くらいですね!

 

ぼったくり葬儀社に注意!必ず3社以上の相見積もりをオススメ

—葬儀社さんの言うとおりにやったら、ぼったくられそうなイメージがありますが、そんなことはありますか?費用を抑えるためにできる簡単な方法はありますか?

 

やましー@無料司会者:実際にぼったくってくる業者もあると聞きます!

葬儀の見積もりは必ず何社か(最低でも3社以上)相見積もりを取ってください!

相見積もりを取れば業者も真剣に見積もります!!

「ご遺体が傷み時間がないので早く決めてください!」と、こんなことを言ってくる業者は要注意です!!

 

葬儀は安いプランだと20万円前半からある

—やましーさんが働いていた葬儀屋さんで、一番安いお葬式プランはいくらでしたか?

 

やましー@無料司会者:21万ぐらいですね!

 

—相場と比べてめちゃくちゃ安いですね…何パーセント位がそのプランでお葬式をされましたか?


全体の10%くらいですね!

 

—結構いるんだ…

 

無宗教のお葬式では、お坊さんがお経を読まない

—自分の宗派がわからない人がいたらどうしますか?

また、無宗教の人はどうやってお葬式をしたら良いのでしょうか?

 

やましー@無料司会者:家系を辿って調べることもあります!

親戚の人に聞いてもらったりします!

それでも分からなかったり、無宗教でされる方は、単にお坊さんがお経を読まない通夜式、葬儀式を執り行うだけです!

 

—やはりそういう人も…

 

やましー@無料司会者:います!

 

葬儀屋さんはお坊さんと仲良くなりがち

—お葬式の最中に実際あった、印象的なエピソードがあれば教えてください。

 

やましー@無料司会者:元プロ野球選手の葬儀執り行った際、火葬炉の番号がたまたま背番号と一緒になっておりお客様と一緒に感動しました!

 

—葬儀屋さんあるあるネタがあれば教えてください。

 

やましー@無料司会者:お坊さんとめちゃくちゃ仲良くなりがち!笑

棺の中に不燃物が付いた靴を入れたがりがち。

 

—なんで靴入れたらダメなんですか?

 

やましー@無料司会者:不燃物は入れてしまうとお骨に影響が出ますので、断られることがあります。

 

—へえ〜

 

葬儀屋さんは表情、雰囲気、口調、でその人の感情を読み取っている

—葬儀屋さんとして働いたことにより、得たスキルとかってあります?

 

やましー@無料司会者:表情、雰囲気、口調、でその人の感情を読み取る力がつきます。

なにを考えているのか、何を言いたいのか、何を思っているのか。

心を読む能力が高くなります。

 

—どんな人が葬儀社のスタッフに向くと思いますか?

 

やましー@無料司会者:誠心誠意お客様に仕えたい!

誰かを支えたい!

誰かの笑顔が自分の喜びに変わる!

そんな人はめちゃくちゃ葬儀社に向いています!

 

—そうなんですね。

お葬式は涙涙のイメージだったので、笑顔という言葉がやましーさんから出てきたことが、意外というかすごく印象的です。

素朴な疑問についての、貴重なお話をありがとうございました。

 

やましー@無料司会者

【インタビュー】お葬式・葬儀に関する素朴な疑問を、1級葬祭ディレクターのやましーさんに聞く

 

twitter.com

もっと詳しいプロフィールはこちらから

やましーのブログ「すたっふぽじてぃぶとーく」