ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

オススメ菓子はロッテのラミー!大人だけが食べられる冬限定のチョコレート

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

冬季限定チョコの元祖(多分)。

それがロッテのラミーとバッカス。

チョコレートに洋酒の組み合わせが上品で芳醇な、大人の味わいですよね。

ブログ「お得と時短と家計簿と。」を運営するマキコさんがオススメしてくれるのは、ラムレーズン入りのラミー。

愛たっぷりに魅力を語っていただきました。

 

オススメ菓子はロッテのラミー!大人だけが食べられる冬限定のチョコレート

 

 

ロッテの冬季限定チョコレート「ラミー(RUMMY)」をオススメする理由

私がオススメするロッテのラミーは、毎年9月に発売が開始される、冬季限定のチョコレート。

1965年の発売以来、50年以上愛されるロングセラーです。

小売価格200円前後とちょっとお高めですが、根強い人気を誇ります。

なんと2019年には「ラミーチョコアイス」の発売も決定。

 

<ラミーとは?>

みずみずしいラムレーズンとしっとりした生チョコを閉じ込めた、香り豊かな大人の本格洋酒チョコレートです。
1965年の発売以来、多くのお客様に愛され続けてきたロングセラーのおいしさ。
チョコレートとお酒の絶妙なハーモニーで、優雅な気分と贅沢な時間をお楽しみください。
洋酒使用 アルコール分3.7%
この製品は洋酒が入っていますので、お子様やアルコールに弱い方、妊娠・授乳期の方、運転時などはご遠慮ください。(ロッテ公式サイトより

 

ラミーの魅力その1:大人しか食べられない特別感

ラミーは大人しか食べられないチョコレートです。

なぜならわりに本気のアルコール入りだから。

故にとても美味しい。

むかーし昔、母が隠れて食べているのが不思議だったけれど、アルコールが入っていたからかな?

また、アルコール入り=大人用チョコということで、小学生のとき、父へバレンタインチョコとして贈った思い出も。

今も昔も大人の特別なチョコレート。

 

ラミーの魅力その2:かたくなに冬限定

こんなに温度管理ができる現代なのに!かたくなな冬限定で発売されています。

だからこそ、再会した時の感激はひとしおです。

ラミーは冬の季語とも言えましょう。

冬しか食べられない!という微かな緊張感は、大きな魅力でもあります。

 

ラミーの魅力その3:なんと、ファンのためのラミBarがある。

ラミーの魅力その3:なんと、ファンのためのラミBarがある。

 

大人の社交場、その名も「ラミBar」

web仮想遊園地「LOTTEランド」の中にあります。

 

fan.lotte-land.jp

 

ラミー・バッカス・その他ロッテの洋酒チョコレートについてファンが自由に語り合える場。

ロッテのラミー・バッカス商品担当社員も時々参加するらしい。

実際にファンミーティングと称してオフ会がLOTTE主催のLOTTE本社であったり、川柳コンテストがあったり、かなり熱いファンが多いことがうかがえます。

わたしも関東在住だったらファンミ絶対に行ってる。

ていうか行きたい。

みんなでラミー食べたい、語りたい。

「え?マキコさんが食べてるチョコ、おばあちゃんが食べるチョコみたい、なんかレトロ〜」

なんて言わない、ラミーを愛する友と食べ語り合いたい。

毎年春前に消える事を、おくゆかしいと表現するファン、悲しみ惜しむ声や買いだめ報告でラミー愛が文字から溢れています。

安定した魅力を感じるサイトに、ロングセラーも納得です。

 

「ラミー」はコーヒーと一緒にゆっくりと食べて欲しい

お仕事や家事が落ち着いた時、ホッとひと息、熱い濃いコーヒーと一緒に食べる。

これくらいかな?なんてひと口分割るものの、ひと口でやめられるわけもなく、1本食べちゃう。

レーズンがたっぷりで、邪魔してひと口分綺麗に割れないところも、1本食べちゃう良い言い訳。

美味しさで疲れがほぐれていく。アルコールのせいではないと思うけれど、どうなんだろう。

またはみんなが寝静まった夜。

ラムレーズンだから、マイヤーズのラム酒で甘い+甘いもありだけど、さっぱりハイボールと一緒がわたしのオススメ。

甘いラミーのチョコが口の中でゆっくり溶けた時間差でラムレーズンとハイボールの混ざった感じを楽しむのも一興。

ウイスキーのロックや水割りなんかも合うんじゃないかなぁ。

または旅行や出先で。

常温のラミーを早く食べなきゃ溶けちゃう!という気持ちが高まる。

少し柔らかくなったとけるギリギリの危なっかしいラミーは、外の景色と相まって、格別なおいしさです。

長々書きましたけど、わたしは、終わらない家事や正解のない育児、辛いことや疲れて悲しくてたまらないとき、キッチンでそっとひと口食べます。

食べると元気が出たり、気持ちが少し華やぐことがあり、優雅で贅沢なラミーに助けられている気がします。

不思議なことに、食べなくても、ラミーが冷蔵庫に冷えていると思うだけで、頑張れたりします。

昔、母が隠れて食べていたことを、思い出す瞬間でもあります。

ちょっと秘密めいた赤紫パッケージの大人のチョコレート。

昔も今もわたしにとってラミーは、冬ならどこにでもあるのに、とても特別で不思議な存在のチョコレートです。

 

この記事を寄稿してくれたのはブログ「お得と時短と家計簿と。」のマキコさん

オススメ菓子はロッテのラミー!大人だけが食べられる冬限定のチョコレート

 

ミニマリストに憧れて、アラフォー高齢出産した後に赤ちゃん抱えてメルカリ開始。

今では評価500以上になった専業主婦。

ブログやメルカリの収入で夫からの自立と自由を目指しています。

夫と、プリキュアになりたい4歳娘と九州で3人暮らし。

大河ドラマいだてんが楽しみな落語と旅行好きな元図書館司書。

 

▼マキコさんのブログはこちらから▼

www.shufukatsu.com

 

オススメお菓子ピックアップ!

ブロガーさんにオススメのお菓子を教えてもらっています。

定番のスナック菓子にコンビニスイーツ、デパ地下グルメに、名産品まで。

どれもこれも美味しそう〜〜。

 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work