ていないーていねいな暮らしではないけれど(狭いマンションに好きなものだけつめこんで、毎日をご機嫌に暮らす)

築50年29㎡の狭小賃貸マンションで機嫌よく暮らす、ゆるミニマリストな中年夫婦とねこ1匹の日々ブログ。インテリア、整理収納、そうじ、節約、DIY、リノベーション、お買い物、音楽、映画、マンガ、ごはん、ダイエット、新居探しとマンション売却。

ていないーていねいな暮らしではないけれど
ていないーていねいな暮らしではないけれど(狭いマンションに好きなものだけつめこんで、毎日をご機嫌に暮らす)

【リロバケーション 評判】リロバケーションズの体験宿泊の口コミ感想【その3 食事写真公開編】

「リロバケーションズ 宿泊体験」とは

一泊二日 二食付きで1000円で別荘に宿泊できる、しかも家族全員で。

こんな夢のようなことが現実にあるんです。

会員制の別荘を日本のあちこちで運営している株式会社リロバケーションズの宿泊体験に当選して、「ポイントバケーション軽井沢」で宿泊を体験してまいりました。

リロバケーションズについて、宿泊体験参加方法、ポイントバケーション軽井沢の感想などもろもろを記します。

今回はリロバケーションズのセールストークの内容と、私たちがポイントバケーション軽井沢でどのように過ごしたかについて。

さんざんな評判のリロバケーションズ、本当に評判通りなのか?

写真を交えて感想を書いていますので、参考になれば。

 

f:id:jikobukken:20180627191511j:plain

 

 

最初に

 

こちらの記事は、悪口でもなく、広告でもなく、リロバケーションズに何のうらみもつらみもない主婦である「ていない」が、ポイントバケーション軽井沢で旦那と宿泊体験をした感想文です。

リロバケーションズを貶めるつもりもなければ、持ち上げるつもりもないです。

 

※一個人の意見と想像を含みます。ご了承の上お読みください。ただいっさい誇張や嘘はありません。

 

ここまでのあらすじ

くじ引きに当選して、一泊二食付きで1000円という破格で泊まれる別荘「ポイントバケーション軽井沢」にゴールデンウィークに旦那と2人で宿泊体験することになったよ。

 

▼前回の記事はこちら。詳細はこちらからどうぞ。▼

 

その1.当選までの経緯とか評判とか

www.teinai.work

 

その2.ポイントバケーション軽井沢の宿泊した部屋のレポ

www.teinai.work

 

リロバケーションズの勧誘(セールストーク)について

リロバケーションズの1000円宿泊体験は、1泊2日で2食付きです。

ただし、必ず「60分程度の説明会への参加」しなければいけません。

はっきり言っておきます。

説明会=勧誘

です。

ネットとかで勧誘への不満を書いている人もいましたが、慈善事業じゃないんだし、おいしい話に裏がないわけないじゃないですか。

1000円で1泊2日2食付とか、明らかな赤字ですよ。

大赤字ですよ!!!

つまりはこれは撒き餌です。

おいしい餌を撒いて、一本釣りを狙うわけです。

セールスがしつこかったと言って不満を漏らすのはお門違いです。

勧誘されたくないなら、行くべきではないと思います。

 

リロバケーションズの宿泊体験においての勧誘(セールストーク)の段取り

宿泊体験のタイムテーブルはこちら

  1. 到着(ロビーで鍵を受け取りチェックイン)
  2. セールス担当スタッフが挨拶に来る。DVDを持ってきて再生してから退場。
  3. 30分間リロバケーションズのセールスDVDを鑑賞
  4. セールス担当スタッフが戻ってきて60分前後の勧誘。その後退場。
  5. 別のスタッフが夕飯の仕出し弁当を持ってきてくれる。
  6. セールス担当スタッフが仕出し弁当を下げに来る(ここで入会する気があるかどうかの確認が入る)
  7. 自由時間(温泉に入るなど)→就寝
  8. お弁当屋さんが朝食の仕出し弁当を持ってきてくれる。
  9. セールス担当のスタッフが仕出し弁当を下げに来る(ここで入会する気があるかどうかの確認が入る)

つまり、がっつり勧誘は4だけですが、それ以外でも赤字部分は勧誘です。

入会してもらうために呼び寄せている訳ですから、まあ当たり前っちゃ当たり前ですよね。

セールス担当の営業さんがやり手で、打ち解けてしまったりすると、合計3回も断るのは良心が痛む行為です。

翌朝に申し訳なくなってしまって、つい契約してしまうとか、さもありなんだなぁと思いました。

 

私たちのポイントバケーション軽井沢体験記

旅費をケチって電車ではなく、長距離バスで軽井沢に向かったために、ゴールデンウィークの大渋滞に巻き込まれ、予定よりも4時間くらい遅れて到着しました。

その後無理やりアウトレットを見たり、スーパーの「ツルヤ」に立ち寄ったりしたもんで、到着指定時刻よりも1時間近く遅れてポイントバケーション軽井沢に到着。

 

部屋に案内されるやいなや、息つく間もなくDVDを鑑賞することに。

このDVDがすごかった。

50代夫婦2人(旦那が年上)っていう、私たち夫婦と同じ家族構成のDVDでした。

ペットのいる家族編、おばあちゃんがいる家族編など、いろいろなパターンのDVDがあるんだろうなぁと予想。

旦那役がDVD内で「僕たちは子供がいないから気軽に旅行を楽しめます」「僕の方が先に死ぬから嫁に資産として残してやりたい」的な発言をさせるなど、ターゲットのかゆいところに手がとどく内容になっていました。

 

そして鑑賞後にはセールス担当の営業さんから勧誘を受けました。

やり手の人が来たらどうしようとドキドキしましたが、入社して1ヶ月にもならない新人さんでした。

セールス内容は次回に詳しく述べますね。

 

勧誘が終わり、夕飯を食べました。

ちょっと豪華でなかなかおいしい仕出し弁当でした。

f:id:jikobukken:20180627202035j:plain

面白かったのがお茶碗。

スタッフさんが用意してくれたのですが、これってお茶碗?

小皿じゃない!?

メラミンの小皿でご飯を食べるという新鮮な体験ができてテンションが上がりました。

f:id:jikobukken:20180627203041j:plain

私は「たった1000円で宿泊にこんなに豪華なお弁当がつくなんて、超お得だね」言いましたが、旦那は「200万円以上の契約をさせるのに、この程度のお弁当だとフックが弱い」と主張。

私は「なるほど。その通りだな。200万円の契約とりたいなら、メラミン皿じゃなくせめて陶磁器のお茶碗を出した方がいいな」と旦那の意見に同意しました。

お弁当を食べ終わりフロントに内線連絡をして、セールス担当さんにお弁当を下げてもらうようにお願いしたのですが(その際に別荘の会員権を買う意思があるかどうか確認される)、20分くらい待っても来ない。

はやく温泉に入りたいよ〜〜。

するとおもむろに旦那がお弁当をフロントに返却にいきました。

ルール無視すぎる!

その後セールス担当さんは訪ねてくることもなく、温泉につかって、晩酌してから就寝。

 

翌朝は、スタッフではなくお弁当屋さんが朝食を部屋に運んでくれました。

朝食は普通の定番の朝食で、普通に地元の仕出し屋弁当っていう感じの味でした。

ちなみに左上のヨーグルトは「ツルヤ」で自分たちで買ったやつです。

f:id:jikobukken:20180627204715j:plain

食後に最後の確認でセールス担当のスタッフさんが来るということで、私はどうやって断るのかドキドキしたのですが、インターフォンが鳴らされたら、旦那が普通に弁当の空き箱を玄関まで持って行ってスタッフさんに手渡しして、室内に入れることすらなくさっくり断って、ドアを閉めてました。

旦那はすごいな、鬼畜だなと思いました。

そして朝イチでチェックアウトして御代田駅まで小一時間歩きました。

以上!! 

次回がラスト!

セールストークの内容と料金体系について書きたいと思います。

 

▼つづきはこちら▼

www.teinai.work

 

▼リロバケーションズまとめ▼

【まとめ】リロバケーションズの評判と体験宿泊の感想

www.teinai.work