ていないブログ

ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦のライフスタイル雑記ブログ

PAULのクロワッサンより、山崎製パンが好きって言ったら旦那は哀しい顔をした

サブスクおすすめ

\月額780円〜で6500万曲聴き放題/

【今だけ3ヶ月無料】アマゾンミュージックアンリミテッド

\雑誌のサブスク最安値の月額380円/

【初回31日間0円】!250誌以上の雑誌が読み放題「楽天マガジン」

旦那が職場にいる食通のOLから、美味しいクロワッサンのお店を聞いて来たよ〜買いに行こうよ〜って言うので、行ってきました。

お店の名前は「PAUL(ポール)」。

とても有名な店舗なんですって。

 

PAULのクロワッサンより、山崎製パンが好きって言ったら旦那は哀しい顔をした

 

「PAUL 六本木一丁目店」はビルの谷間に佇むクラシカルなパン屋さん

旦那がブログにとても協力的です。

雑誌でいろんなネタを探してくれたり、会社の人たちからおいしいお店をリサーチしてきてくれたりします。

私はあまり乗り気ではなかったのですが、旦那が熱心にすすめてくれるのと、調べたところバイクで10分ほどで行けそうなので六本木一丁目店に向かいました。

15時頃だったので、お店にお客さんはちらほらという感じ。

クラシカルな店構えと内装の、おしゃれなお店でした。

 

PAULのクロワッサンより、山崎製パンが好きって言ったら旦那は哀しい顔をした

PAULのクロワッサンより、山崎製パンが好きって言ったら旦那は哀しい顔をした

 

「PAUL 六本木一丁目店」の大ぶりなクロワッサンは226円。

私がどうして乗り気じゃなかったかというと、東京のおしゃれなパン屋は価格設定がめちゃくちゃ高いからです。

「PAUL 六本木一丁目店」も例に漏れず。

とりあえず、プレーンなクロワッサン226円だけを購入。

 

「PAUL 六本木一丁目店」の大ぶりなクロワッサンは紙袋に入っていておしゃれ

クロワッサンを2つだけ買って、店の前のオープンカフェスペースで食べることに。

写メ撮りましょうかねって、出してみると紙袋に入ってる!

お、お、おしゃれー!!

 

PAULのクロワッサンより、山崎製パンが好きって言ったら旦那は哀しい顔をした

 

「PAUL 六本木一丁目店」の大ぶりなクロワッサンより、山崎製パンが好きって言ったら旦那は哀しい顔をした

PAULのクロワッサンはサクサクでバターの香りもして、本場フランスのパンを食べたことはないですが、おフランスっぽい味がする美味しいパンでした。

おいしい?

って聞いてくる旦那に、おいしいっちゃあおいしいけど、私はクリームがはさまってる130円くらいでコンビニで売ってる山崎製パンの菓子パンの方が好きだな〜って行ったら、旦那はすごく哀しい顔をしました。

ご、ごめん。汗

どこかに、安くておいしい手作りパン屋さんないのかなあ?

東京は最高って思ってたけど、安くておいしい手作りパン屋が多いっていうのは、京都の方が買ってるなあとしみじみと感じたのでした。

ヤマなし!

オチなし!

あらあらかしこ