ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

マイホームの希望リストを寄稿|ミニマリストは駅近低層階の狭い家希望

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

仲良しのブロガーマドさんが運営する「おうちブログ」に寄稿させていただきました。

マドさんがブログでオススメしている「マイホームの希望リストを書きませんか?」という提案を受けて、自分が住みたいマイホームの条件をピックアップした希望リストを書かせていただきました。

 

この記事では、寄稿した「マイホームの希望リスト」の紹介と、詳しい補足&さらなるリスト追加について書いていきます。

 

あなたもマイホーム希望リストを書いてみませんか?

 

マイホームの希望リストを寄稿|ミニマリストは駅近低層階の狭い家希望

 

 

私のマイホームの希望リストは8つ

  1. 都心部駅チカ(ハブ駅)
  2. マンションタイプ
  3. 中古格安物件(即金で買える金額)
  4. 低層階(できたら一番下のフロア)
  5. 30平米以内
  6. 収納スペースなし
  7. クッションフロアか畳
  8. 特注キッチン

 

▼寄稿した記事はこちら▼

>マイホームの希望リスト | ゆるミニマリストのていないが書いたらこうなった

www.floor-plan.net

 

リストアップしたら、私が自分の家に希望することは大きく8つありました。

改めて書いてみて、わかったことがあります。

 

マイホーム希望リストの第一条件は交通の便

私はマイホームの条件に、駅から近い(徒歩3分以内)、ハブ駅利用など、立地を優先させていること。

 

 

それとは逆に、治安や環境などはほぼ気にしていません。夜中にザワザワしてる歓楽街とかでもOK(独身時代駅徒歩3ぷんの飲み屋街&ライブハウスの向かいに住んでたことある)。

 

さらになるべくエレベーターを使いたくない。

できたら階段で部屋に戻れる低層階に居住したいと思っています。

 

タワーマンションの最上階に住むことの魅力がさっぱりわかりません。

 

つまり私は、移動時間というものがとてもつもなく嫌いなのです。

電車乗り換え1回でちょこっと出かけたらすぐに往復交通費1000円くらいになる。

夫婦で土日に出かけたら4000円。

1ヶ月で夫婦の遊興に使う交通費が1万6000円。

それなら、1万6000円多めに払って都心部に住んで、移動時間を短縮したら効率良いと思うんですよね。

 

田舎で家賃の安い家に住んで、ちょっと移動するにも車が必要、都心に出るには泊まりがけという環境で暮らしている人が「まだ東京で消耗してるの?」と言ったそうで…。

私からしたら「なんで田舎で消耗するの?」って感じです。

 

>東京がミニマリストにとって最高に暮らしやすい街である理由5つ 

www.teinai.work

 

マイホーム希望リスト追加!バイク駐輪場があるマンション

書き忘れたのですが、「バイクの駐輪場があるマンション」、もしくは「マンションのそばにバイク駐輪場がある」ことを、マイホーム希望リストに追加したいです。

 

私の移動時間嫌い、交通費嫌いは徹底していて、110ccのバイク(ベトナムカブ スーパードリーム110)を愛用しています。

90ccから125ccまでのバイクは税金が優遇されて原付とかかるお金がほぼかわらないのに、2人乗りができてスポーツカーと同じくらいの搭載力があり、速度制限がないため車と同じスピードを出すことができるので機動力も抜群です。

超都心部以外なら駐輪場があるので、電車代が浮きます。

そして、車と違って駐車場代がかからないことがほとんど。

110ccバイクの交通費の節約効果は本当にすごいです。

あと移動時間も電車と比べて大幅短縮できることが多いです。

 

おかげでパッと見、派手な生活してる割に、貯金はしっかりできてます。

 

>車のない生活を続けて5年|小型バイクに乗れば300万円以上節約できる

www.teinai.work

 

まとめ:マイホームの希望リストを寄稿

ということで、この記事では「マイホームの希望リスト」の第一条件である都心駅チカに対するこだわりと、リストに追加したい「バイク駐輪場がある」という条件について書いてみました。

  1. 都心部駅チカ(ハブ駅)
  2. マンションタイプ
  3. 中古格安物件(即金で買える金額)
  4. 低層階(できたら一番下のフロア)
  5. 30平米以内
  6. 収納スペースなし
  7. クッションフロアか畳
  8. 特注キッチン
  9. バイク駐輪場がある

現在住んでいる賃貸マンションが、都心部駅チカ(ハブ駅)の30平米以内、畳敷きのバイク駐輪場があるマンションなので、なかなか気に入っています。

高層階なのでエレベーターに乗らねばならないのが面倒なのと、築50年でキッチンが異常に古く、高さが80センチしかない、排水口の臭いがやばい、ゴキブリがやばい、隣の部屋がゴミ屋敷、などいろいろ問題はありますが…。

やっぱり交通の便がよくて駅チカなのは何者にも代えがたい魅力だと思います。

 

オンボロですが、とにかく交通の便が良い!
今の賃貸に取り壊しになるまで住み続けたいと思っています。

 

マドさんのマイホーム希望リストはこちら

マイホームの希望リストを寄稿|ミニマリストは駅近低層階の狭い家希望

一戸建てのお家を新築で建てた、マドさん。

お家を建てるときに希望した条件とは!?

私と見比べると、マイホームの希望リストがあまりにも違っていて、家に望むことは本当に人それぞれなんだなぁと考えさせられます〜。

 

>マイホームの希望リストを書き方 | マド家が書いたらこうなった

www.floor-plan.net

 

「マイホーム希望リスト」を書いてみよう

マイホームの希望リストを、以下の4つの点を意識して書いてみましょう。

内装やシステムキッチン、ビルトイン家電など家の内側についつい目が向いてしまいますが、立地や日当たりなど、環境にも意識を向けてみるのがコツ。

自分がどんな家に住みたいのか、自分がマイホームを持つ際に何を優先させたいのかというのが明確になるので、非常にためになると思います。

 

  1. 希望を書き出す
  2. 1. 必須 2. あればなおよし 3. どちらとも決められない、に分ける
  3. 順位をつける
  4. 変えられないものを考慮する(出典:https://www.floor-plan.net

 

オススメ関連記事

節約関連記事や、家に対して私が感じていること、希望していることにスポットを当てた記事です。

私はミニマリストということもありますが、基本的にもともと生活に頓着してないのかもしれません。

ベランダもいらないし、広い部屋もいらない。

 

だからといって、家は寝るためにある場所と思っている訳ではなく、工夫をこらして居心地の良い部屋作りをこころがけ、家での時間を満喫しています。

 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

 

 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work