ていないブログ

ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦のライフスタイル雑記ブログ

眉村ちあきを勝手にプロデュース|サブスクでカバーアルバムリリース

サブスクおすすめ

\月額780円〜で6500万曲聴き放題/

【今だけ3ヶ月無料】アマゾンミュージックアンリミテッド

\雑誌のサブスク最安値の月額380円/

【初回31日間0円】!250誌以上の雑誌が読み放題「楽天マガジン」

先日6時間にわたり私(主婦)と親友(トラックドライバー)で、眉村ちあきが素敵な歌手だってことを広く知らしめるためにどうしたらいいのか?について考えました。

その結果

眉村ちあきは、サブスクリプション(音楽配信の聞き放題サービス)限定でカバーアルバムをリリースしたら絶対話題になる

という結論に達しました。

さらに

眉村ちあきはシンガーソングライターなので、女性シンガーソングライターの大ヒット曲を中心に歌ったら話題性があるし、彼女の歌のうまさを世間に知らしめられるのではないか?

ということで、この記事では眉村ちあきを勝手にプロデュースして、もしも彼女がサブスクでカバーアルバムリリースしたらという架空のアルバムの収録曲を発表していきます。

 

はっきりいって単なる妄想の記事ですが、眉村ちあきファンならかなり楽しめると思います。想像だけでウキウキしちゃう!

 

めじゃめじゃもんじゃ

めじゃめじゃもんじゃ

めじゃめじゃもんじゃ

  • 発売日: 2019/05/07
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 

眉村ちあき|妄想女性シンガーソングライターカバーアルバム収録曲一覧

幅広い年代の、実力派女性シンガーソングライターの大ヒット曲を中心にセレクトしています。

お茶の間の人気ソングから、難易度の高いナンバーまで、幅広く取り揃えましたので、老若男女、音楽詳しい人も、全然詳しくない人も楽しめて、眉村ちあきの歌唱力と、叙情性、声の魅力などを堪能できると思います。

トイズファクトリーさん、黙ってこの企画パクっていいですよ。

 

大ヒット曲のカバーアルバムはサブスクで無料で聴けるなら、いろんな人が聴く

眉村ちあきっていいじゃんってなる

人気出る

ドラマの主題歌とかCMタイアップがガンガンついて、Mステとか紅白出る

 

こんな風になったらいいなぁ…

 

1曲目:中島みゆき「地上の星」

www.youtube.com

 

大ヒットソングを9割、通がうなるスマッシュヒットを1割という選曲を意識しています。

しょっぱなは日本中の誰もが知っている、超ロングヒットした国民的楽曲。

もともとNHK「プロジェクトX」のテーマソングに起用され、2000年にリリースされて、2002年に紅白にて披露。

2003年度年間9位という大ヒットにつながりました。

「COUNT DOWN TV」のトップ50入り週歴代1位(111週)というおばけソングです。

眉村ちあきは、明るくて元気な印象がありますが、実は湿り気のある落ち着いた声質なので、中島みゆきが似合うと思う。

誰もが知ってるこの名曲を、1曲目からドスのきいた歌声で歌い上げれば、つかみはOKかと。

 

2曲目:八神純子「みずいろの雨」

www.youtube.com

 

1978年にリリースされたピアノで弾き語るシンガーソングライター(作詞はしていない)八神純子の最大のヒット曲。

売上枚数は60万枚。

難易度が高い曲なので、この曲を眉村ちあきが歌ったら、「コミックソングを歌う子」「パロディアイドル」という印象を持っている人たちはぶっとぶと思う。

大人が聴きたくなる曲なので、アイドルファンではない高い年齢層の人たちが眉村ちあきの歌にふれるきっかけになるのでは?

 

3曲目:大黒摩季「あなただけ見つめてる」

SLAM DUNK テーマソング集

SLAM DUNK テーマソング集

 

  

大黒摩季のヒット曲で、テレビアニメ「SLAM DUNK」のテーマソング。

1993年リリースで売上枚数は100万枚オーバー。

90年代の音楽シーンで一世を風靡したビーイング系の中でも、特に実力派として名を轟かせた大黒摩季。

ビーイング系は作曲を織田哲郎が手がけることが多いのですが、大黒摩季は作詞作曲を自分で手掛けてるんですよね。

今40代〜50代の人たちにとって、この曲は今でもカラオケで歌うとテンションが爆あがりする名曲なので、ぜひちちゃんに歌っていただき、青春時代の思い出をかみしめつつ、眉村ちあきの歌の爆発力を楽しんでいただきたいです。

 

4曲目:宇多田ヒカル「First Love」

www.youtube.com

 

1999年にリリースされた大ヒットバラード。

力強い曲が3曲つづいたので、一旦小休止。

あと、年齢層高めの楽曲が続いたので、ちょっと若向けの曲を(って言ってもアラサーあたりがターゲットですかね)入れました。

 

 

▼もうちょっと唄い込んだら絶対素敵になるのにぃ〜▼

www.youtube.com

 

これは、ちちゃんがカバーしている動画をみて、部分的には素敵だけど全体的にあまりうまくなくて、本気で歌ったら絶対にもっともっと素敵なのに〜。

ちゃんとした「First Love」のカバーが聴きたいよ〜と思って入れました。

 

5曲目:渡辺美里「My Revolution」

www.youtube.com

 

1986年のヒット曲。

渡辺美里の代名詞であり、カラオケソングとしても定番のナンバー。

だけど実は売上枚数は44.5万枚しかないの。

渡辺美里はシンガーソングライターだけど、この曲は作詞も作曲も手がけてないんで(作曲は小室哲哉だし)、どうしよっかな〜と思ったけどやっぱりこの曲がいいなと思って入れました。

日本のバブル華やかなりし頃の景気の良さを感じさせる勢いのあるポップナンバーです。

サビ後半の裏声の部分が絶対ちちゃんが歌ったら素敵になるだろうなぁ。

 

6曲目:西野カナ「トリセツ」

www.youtube.com

 

2015年にリリース、配信でミリオンを達成した大ヒット曲です。

西野カナは作詞しかしないですが、2010年代を代表するラブソングとしてセレクト。

等身大の今時の女の子像が描かれた作品なので、眉村ちあきが歌うと面白いんじゃないかと。

メロディーの難易度が低いので、表現力でどれだけ眉村ちあきらしさを出してくるかとか、聴きどころの多い曲なのではないかと思います。

 

7曲目:矢野顕子「春先小紅」

www.youtube.com

 

1981年にリリースされた矢野顕子の代表曲。

カネボウ口紅のCMタイアップがつき、演奏をYMOが担当(坂本龍一と結婚している)、作詞は糸井重里が手がけるなど、当時のめちゃくちゃいけてるがぎゅっとつまった1曲。

とにかくかわいい曲です。

ちちゃんの、奔放さとか愛らしさにぴったり。

このカバーアルバムからシングルカットするなら、「春先小紅」がいいなぁと思います。

 

8曲目:広瀬香美「ロマンスの神様」

www.youtube.com

 

1993年リリース。

スキー用品店「アルペン」のCMソングに起用され、174.9万枚の爆発的ヒット。

冬ソングのイメージがありますが、この曲は合コンの出会いについての歌詞で、別に冬ソングじゃないんですよね。

バラードと違って、叙情性で逃げきれない部分があるので、面白いなと。

サビの高音部はもちろんのこと、メリハリのある広瀬香美の表情豊かな歌声の印象が強いこの曲を、どう歌うのかシンガー眉村ちあきの真骨頂を見せてくれそうな予感がします。

 

9曲目:松任谷由実「春よ、来い」

www.youtube.com

 

1994年リリース。

NHK連続テレビ小説「春よ、来い」の主題歌に起用され、紅白歌合戦にめったに出ないユーミンが出演したことで話題になりました。

和風の音階で紡がれるしっとりとしたメロディーが印象的な楽曲です。

女性シンガーソングライターというくくりでカバーアルバムを出すなら絶対にはずせない、日本を代表するディーヴァ。

おしゃれな「ルージュの伝言」もいいし、ジブリの主題歌に起用された「ひこうき雲」もプロコル・ハルムみたいでムードがあっていい。

ちちゃんに歌ってほしいユーミンソングは山ほどあるけど、アルバムに和風な楽曲がなかったので、アルバムの構成的にこの曲にしました(私の脳内にしかない妄想のカバーアルバムだけどめっちゃ本気で曲選んでるから!)。

 

10曲目:椎名林檎「本能」

www.youtube.com

 

女性歌手ってデビュー直後にピークがくることが多い。

男性よりも女性の方が早熟ってこともあるんだろうし、女性は容姿や若さが重要視されるってこともあるんだろう。

椎名林檎って、20年以上前にデビューしてるのに、ずっと第一線にいて、ヒット曲が出ても出なくても、彼女の存在価値はかわらない。

そして文学性も音楽性も幅広く深く、それでいてキャッチー。

日本で一番魅力的なミュージシャンって彼女なんじゃないかしら?

そんな椎名林檎の最初のピークの曲がこれ。

1999年リリースのサードシングルで、99.7万枚を売り上げた大ヒット曲です。

デビュー当時二十歳そこそこのときから、彼女は少女ではなく成熟した女だったところも、処女性神話を信じてる日本では衝撃的な存在だったんだよね。

当時の椎名林檎よりも年上だけど、まだ夢見る少女のあどけなさの残った眉村ちあきがどう歌うかを聴いてみたいなぁ。

 

まとめ:眉村ちあきを勝手にプロデュース|サブスクでカバーアルバムリリース

完全に脳内妄想を、記事にしただけなんですけどね。

これめちゃくちゃ楽しいので、ちちゃんのファンの人はそれぞれ考えてツイートとかしてみてほしいです。

眉村ちあきは歌手としてはもちろんのこと、シンガーソングライターとしても才能があるアーティストだともちろん思ってますが、まずは彼女の歌声を受け入れられる土壌をつくるのにカバーソングはぴったりなのじゃないかしら?

眉村ちあきならあの名曲をどんな風に歌うんだろう?って考えるだけでもニヤニヤしちゃう。

ただ、奇妙礼太郎みたいにめちゃくちゃ才能あるのに、「カバーソングの人」みたいなレッテルはられかねないので、慎重になる必要もあるとは思います。

でも聴きたいっ!!!

 

カバーじゃなくて、新曲のMVが先週アップされました(2019/12/5)。

ポップでロックで、なんてかわいい曲なんだ!

www.youtube.com

  

眉村ちあきの記事まとめ