ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

スケジュール手帳を断捨離|モノを減らしてリスクを減らす

スケジュール手帳人間だったまやさんは、スケジュール手帳を断捨離しました

スケジュール手帳、使ってますか?

私はゆるミニマリストを名乗りながらも、手帳が大好き。

手帳術などの本を読み漁り、スケジュール帳をうまく使いこなせば、仕事やプライベートを今以上に充実させられるのではないかと、試行錯誤をしております。

今回の寄稿記事は、そんな私と違ってえいやっとスケジュール手帳を断捨離したまやさんが書いてくれました。

 

まやさんはアナログのスケジュール手帳を断捨離して、落とした際のリスクも断捨離!

 

スケジュール手帳を断捨離|モノを減らしてリスクを減らす

 

 

小学校時代からスケジュール手帳を愛用

昔から文房具が大好きだった私は、小学校高学年からスケジュール手帳を愛用していました。

小学校高学年って塾や習い事の決まった予定以外は近所の友達と遊ぶ、くらいの予定しかないのですが、手帳を持つということが嬉しかったのを覚えています。

お小遣いで手帳を買って好きなポストカードや写真を挟んだり、シールやペンでデコったりと楽しんでいました。(多分このときが一番女子っぽかった)

中学生になると手帳は当時人気を博したプリクラまみれになり、ちょっとした日記を書くように。

勉強の合間に落書きもたくさんしました。

高校生になると休みの日に友人と遊ぶときのコーデを描いたりしてました。

大学生、社会人になると手帳は予定でぎっしり埋まるようになり、TO DOタスクも手帳に記載するように。

タスクが完了して、TO DOリストから線を引いて消すのに達成感を感じたりもしていました。

社会人になる頃にはもうすっかり手帳で予定とタスクを管理するのがクセになっていました。

手帳が手元にないと落ち着かないほど。

周りの友人達からは、「IT業界で働いているのにめっちゃアナログやん」と言われていました。

そんな、20年以上使っていた手帳を使うことを昨年ついに断捨離しました。

 

断捨離した理由はものを減らしたいから+落としたときにリスクを減らしたいから

 

5,6年前から少しずつ断捨離をしていて、形に残るものを増やすのに段々抵抗が出てきました。

手帳はカバーは取り外し式で中のリフィルを変えれば何年も使えるものもありますが、最低でも毎年新しいリフィルを買うので、どうしても毎年1冊の厚めのノートが増えていきます。

そして、それらは思い出ものなのでもの凄く、凄ーーーーく手放しにくいのです。

ものが1つ増えるだけでもプチストレスで、更にそれが毎年増える、しかも増え続けると思うと状況を変えたくなりました。

また、手帳を落とした時のリスクが心配でした。

ほぼ全ての予定とタスクを手帳で管理していたので、万が一手帳を落としてしまうと予定もタスクもパーです。

 

▼まやさんが今まで使ってきた手帳▼

スケジュール手帳を断捨離|モノを減らしてリスクを減らす

 

スケジュール手帳を断捨離して、代わりにアプリを使っています

スケジュール手帳を断捨離し、グーグルの無料のアプリ2つを使ってスケジュール手帳を代替しています。

 

予定管理はGoogle Calendar(グーグルカレンダー)

家族や友人との予定は、相手に招待状を送ると予定を簡単に共有できて便利です。

クラウドに同期がとられているので、スマホからだけでなく他のデバイスからアクセスできます。

 

タスク管理はGoogle Tasks(グーグルタスク)

予定管理同様、これもクラウドに同期が取れているので別の端末からも確認できます。

ちょっと欲を言うのなら、定期的なタスクの設定があればなおよしです。(Googleさん、アップデートお願いします!)

 

スケジュール手帳を断捨離してよかったこと

長年愛用してきたスケジュール手帳を断捨離して感じたメリットは3点。

 

その1:スケジュール手帳を断捨離したら手荷物が減った

小さなカバンでも大丈夫になった。

結婚式などの時も小さなカバンだとパンパンで不恰好でしたが、今はそんなストレスもありません。

予定を確認する度に、いちいち手帳を広げる必要もなくなりました。

 

その2:スケジュール手帳を断捨離したら紛失の心配がなくなった

ネット上に情報が同期されているので、仮にスマホを落としてしまっても情報は無くなりません。

 

その3: スケジュール手帳を断捨離したら手帳代と、毎年新しい手帳を探す手間が浮いた

手帳代は毎年2千円程度ですが、なかなかこれ!というものに出会えず手帳を選ぶのは毎年時間がかかりました。

私は変にこだわりが強いので、あっちやこっちのお店を回ったりネットで調べたり、、、結構な時間がかかっていました。

 

スケジュール手帳を断捨離して悪かったこと

スケジュール手帳を断捨離して感じたデメリットは2点あります。

 

その1:スケジュール手帳を断捨離したら手書きの楽しみが減った

手書きの文字って、その時に心の状態を表していると思っています。

急いでいたり、余裕がなければそんな文字、落ち着いて穏やかな時はそんな文字になります。

また、ちょっと書いてた落書きや日記のような一言メモなんかも手帳には書いていました。

それらの手書きを後から見返して、その頃の自分の状態を懐かしく感じることがありましたが、デジタルに移行するとそれが出来なくなりました。

ちょっとさみしい気もします。

 

その2:スケジュール手帳を断捨離したら手帳を選ぶ楽しみがなくなった

断捨離してよかったことに、手帳を探す手間が浮いたと書いたのですが。。。

手帳選びの楽しみがなくなったのも事実です。

手間ではありましたが、これから少なくとも1年お世話になる手帳選びはちょっとした楽しみでもあったからです。

 

まとめ:スケジュール手帳を断捨離|モノを減らしてリスクを減らす

スケジュール管理をアナログからデジタルに移行することで、自分のスケジュールを家族で共有することができたり、PCやスマホなどさまざまなハードからアクセスができたりとメリットがたくさん。

ただ、1年を通して手帳を作り上げる楽しみみたいなものがなくなるのはちょっと寂しいかもしれません。

 

about 「Mayalogー英語マネー妊活等より良い毎日にするための情報発信ブログ」

"A guide for a better tomorrow"(より良い明日のためのガイド)をテーマに、英語や子育て、マネー、妊活など幅広いジャンルで好きなことや興味があることの情報発信をしています。

アメリカ人の夫、1歳の息子の3人暮らし。

ワーママをしながら日本語と英語と関西弁で育児を楽しんでいます。

 

スケジュール手帳を断捨離|モノを減らしてリスクを減らす

 

ブログ「Mayalog」オススメ記事3選

>その1 :日本人でも大丈夫!誰にでもできる英語で子育て

manekineko358.com

 

<英語で子育て記事>

お家で誰にでもできる、しかもお金がほとんどかからない英語で子育てについて書いています。

誰にでもできる英語で子育てのやり方、メリットなどを経験にできるだけ分かりやすく書いています。

よく保育所のママ友や友人に子供の英語教育について相談を受けるので、同じように「子供に英語を学ばせたい」と思っている親御さん向けに記事にしました。

 

>その2 :【遠回りしたくない】経験者だから分かる不妊治療の病院の選び方 

manekineko358.com

 

<不妊治療の病院の選び方>

不妊治療の病院の選び方について書いています。

私自身、病院選びで失敗して結果が出るまで遠回りしてしまったので経験者だからこそわかる情報を余すところなく書きました。

今悩んでいる人、これから病院選びを始める人向けの記事です。

 

>その3 :~投資を初めたいと思ったら~投資初心者が最初に知っておきたい8つのこと 

manekineko358.com

 

<投資の記事>

投資を初めたいと思っている初心者向けに、気をつけるべきことを書きました。

数年前の自分は投資=怖いと思っていましたが、実際勉強してみるとそうではないことが分かりました。

投資が全くの初心者だったころの自分が最初に知っておきたかったことを書きました。

 

当ブログの人気断捨離記事いろいろ

断捨離関連記事をいろいろ書いています。

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work