ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

剛力彩芽が第二の上戸彩になれなかった、オスカープロモーションの誤算はZOZO前澤友作?

剛力彩芽さん、第二の上戸彩になるべくオスカープロモーションが、映画にドラマにCMにと「ゴリ押し」と呼ばれながらも露出しまくった結果…イベント会場で私生活を切り売りするタレントで落ち着きました

 

 

みんな飽き飽きするほど、CMやドラマで剛力彩芽を見ていたのに…

いつの間にやらCMでもドラマでも見かけなくなり…

イベント会場で私生活を切り売りするタレントとして落ち着いてしまいました。

テレビではワイドショー以外では、アンビリバボーでしかみることなくなっちゃった。

 

ああ、剛力彩芽どこにいく…

  

剛力彩芽は叶姉妹なのか?私生活を切り売りして試写会とイベントで稼ぐ女
出典:https://www.jiji.com/

 

 

オスカープロモーションが剛力彩芽をゴリ押ししたのは上戸彩が結婚したから

剛力彩芽が所属しているのは、超大手芸能プロダクション「オスカープロモーション」。

2012年からオスカープロモーションは剛力彩芽を推して推して推しまくり、第二の上戸彩に仕立て上げるべく、CMにドラマに映画にと露骨に露出を増やしまくりました。

 

あまりに露骨な露出方法に「剛力彩芽=ゴリ押し」という構図ができあがり、ネット上で揶揄されることに。

 

剛力彩芽が登場する前、オスカープロモーションには上戸彩というエースで4番がいました。

好感度ランキングも年間CM起用社数も1位。

が、2012年に上戸彩が結婚するんですよね。

あとAKB48が台頭して、上戸彩に若さが足りない感がいなめなくなってきた。

 

そこでオスカープロモーションは第二の上戸彩として、

  • 武井咲を本命
  • 剛力彩芽をダークホース

としてプロモーションをかけていくのです。

 

上戸彩には健康的ではつらつとした正統派美少女という印象がありました。

武井咲は正統派美少女ではありますが、第二の上戸彩の看板を背負わせるには地味でした。

上戸彩が持っていた、健康的ではつらつとしたという印象が足りなかったのです。

 

そのため、オスカープロモーションは上戸彩の「健康的ではつらつとした」部門を剛力彩芽に背負わせたのです。

 

そんな事情で、オスカープロモーションは剛力彩芽を推しまくりテレビに露出しまくったのでした。

 

2012年のCMランキングは1位上戸彩2位武井咲3位剛力彩芽

まさかのオスカープロモーションがトップ3独占です(記事によってはAKBをカウントしており、その場合はトップはAKB)。

オスカープロモーションはCM出演料が安いという噂があり、起用しやすいんですよね。

上戸彩をキャスティングできなかった会社なんかは、こぞって武井咲か剛力彩芽を起用したんでしょう(多分)。

上戸彩の結婚があり、その後の妊娠出産での休養を考えると、オスカープロモーションとしては、武井咲と剛力彩芽をドル箱として育てておきたいところだったんでしょうね。

 

すでにこの時点で剛力彩芽は「ゴリ押し」とネットで批判が出ていました。

 

武井咲と剛力彩芽は同じように、第二の上戸彩候補としてオスカープロモーションにゴリ押しされているのに、どうして剛力彩芽ばかりが叩かれるのかについて考えてみようと思います。

 

剛力彩芽が第二の上戸彩になれなかった理由は、あまりに突然現れたから

武井咲は 2012年でランキング2位ですが、2011年の時点でCM出演本数ランキング10位。

2010年から「アンビリーバボー」にもレギュラー出演(隔週)し、2011年には主演ドラマ2本。

つまり武井咲は2012年のCMに「なんとなく知ってる人気出てきたっぽい若手女優」というポジションで出演してたんです。

あとね、顔が綺麗でプロトタイプ。

髪も長く個性的な顔ではないのでCMに出ている武井咲を、武井咲と認識してない人も多かったのではないでしょうか?

 

オスカープロモーション第二の上戸彩「正統派美少女」部門担当の武井咲は、邪魔にならない、印象薄い、そして文句のつけようのない正統派美少女だったので、炎上要素がなかった。

 

それに比べて剛力彩芽は2011年のCM出演本数ランキング388位。

女優としても2011年にテレ東のドラマで準主役を演じてる程度で…

フジテレビの月9に出演するも、準主役の妹役というまだまだひよっこポジション。

なのに2012年に、au、任天堂、日本郵政、山崎製パンなど超大手でバンバンCM放映する企業など11社に起用され「またこの女が出てる!誰なの?」ってなったのではないかと。

あと、剛力彩芽の顔はチャーミングですが、誰にも似てない個性的な顔と長い首を持った、独特の存在感を発しているので目立つんですよね。

 

オスカープロモーション第二の上戸彩「健康的ではつらつとした」部門担当の剛力彩芽は、魅力的ではあるが顔が個性的でやたら目立つし、お前誰やねん状態から突然山ほどCMに起用されて反感を買った。

 

こんな感じですかね? 

 

剛力彩芽が第二の上戸彩になれなかった理由は、剛力彩芽は実態のない賞ばかり受賞するから

2012年の剛力彩芽の受賞歴はこちら。

 

  • 第21回日本映画批評家大賞 新人賞
  • 第25回日本メガネベストドレッサー賞 特別賞(今後メガネをかけて欲しい方)
  • 第34回読者が選ぶ・講談社広告賞 ベストキャラクター賞
  • 第12回ベストレザーニスト
  • ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2012 著名人部門
  • VOGUE JAPAN Women of the Year 2012
  • 第41回ベストドレッサー賞 芸能部門
  • 2012年ベストビューティストアワード 女優部門

 

とりあえずオスカープロモーションの事務所の力で取りました〜みたいな賞を山ほど受賞。

ワイドショーに露出して、とりあえず知名度をあげるという戦法をとります。

これは、剛力彩芽が悪いっていうよりオスカーの売り方が強引すぎたんだと思うんですけどね。

 

実績がないなら買えばいい!って感じなのかな?

 

「日本メガネベストドレッサー賞 特別賞」の今後メガネをかけて欲しい方とか、設定に無理あるよね。

 

剛力彩芽の悲劇!顔が個性的な上にショートカットってやれる役の幅狭いよね

剛力彩芽の「健康的ではつらつとした」キャラクターを印象付けるショートカット。

これ、できる役の幅狭まるよね。

2013年に剛力彩芽はフジテレビの月9ドラマの主役に大抜擢されます。

人気ライトノベルが原作の「ビブリア古書堂の事件手帖」。

原作ではロングヘアにメガネの知的な女性の役を演じるのが…

 

ビブリア古書堂の事件手帖 ドラマ 剛力彩芽


「健康的ではつらつとした」ショートカットの剛力彩芽。

ファンでなくても違和感しか感じません。

結果、月9史上最低記録を更新したのでした。

 

映画「ガッチャマン」にもヒロインの白鳥のジュン役で出演。

外国とのハーフで色白、センター分けのロングヘア

 

剛力彩芽 映画「ガッチャマン」にもヒロインの白鳥のジュン役

 

アニメ内ではボンキュッボンのナイスボディと、長い手足を惜しげもなく出して戦い、ジュンのパンチラに悶絶した人たちも多いのでは?

 

剛力彩芽 映画「ガッチャマン」にもヒロインの白鳥のジュン役

 

そんなジュンを演じるのが…

「健康的ではつらつとした」ショートカットの剛力彩芽。

グラマラスなハーフ美女の役に、一重で華奢な体型の剛力彩芽が抜擢されたのです。

もうみんな映画観る前から怒ってます。

結果、興行的に失敗したのはもちろんのこと「超映画批評」のサイトで100点満点中4点という衝撃の点数をつけられました。→気になるならコチラから

 

この時点で剛力彩芽のあだ名が「オスカーのゴリ押し」から「原作レイプ」に変更されました。

 

その後人気マンガを原作とする、映画「黒執事」にも出演。

剛力彩芽は執事の主人役を演じました。

原作では12歳の少年であるシエル・ファントムハイヴを…。

12歳…

少年…

 

映画「黒執事」 剛力彩芽

 

いや、ただの剛力彩芽やん。

ということで、無理がありすぎたので女であることを隠して生きる男­装の令嬢っていうオリジナル設定を付け加えました。

叩かれる以外の選択肢ないよね。

なんだろう、オスカープロモーションは剛力彩芽を売り出したいのか、剛力彩芽を追い詰めたいのか、原作ファンを怒らせたいのか、狙いがわからなくなってきたぞ…

  

結論:オスカープロモーションが社運をかけて剛力彩芽を推しまくった結果、得したのは前澤友作だった 

結局剛力彩芽の2012 年からの売り出しは、もろ刃の剣でした。

オスカープロモーションがゴリ押しした結果、剛力彩芽に国民的な知名度をもたらしましたが、ボロカスに叩かれました。

ようやく落ち着いてきたな〜。

確固たる地位を築きはじめたかな〜。

第二の上戸彩にはなれなかったけど、ドラマで「ゴリ押し」と言われずに主演取れるようになってきたな〜。

という時にやってきたのが前澤友作。

 

オスカーが事務所のもてるありったけの力を使ってプロモーションした金の卵である剛力彩芽が、思わぬ方向性のプロモーションで叩かれまくったことにより得た知名度を一番うまく使ってプロモーションし、ただの1ベンチャー企業の成金だった前澤友作が、日本人の誰もが知る著名な実業家に成り上がったのです。

 

前澤友作が剛力彩芽の彼氏というポジションを使って、プロモーション費用をかけることなくワイドショーなどのテレビ番組に露出しまくっているのを見るとなんとも言えない気持ちになります。

 

前澤友作が剛力彩芽の彼氏として有名になればなるほど、剛力彩芽の女優やCMタレントとしての仕事が減っていき…

長年続けていたランチパックのCMすら別の人になっちゃってるし…

今やアンビリバボー以外のテレビで全くみないよ。

今やSNSとイベントのゲスト出演で私生活を売りにしたトークしか求められてない。

 

挙句結婚してもらえるかというとそうでもなさそうで。

 

強かった結婚願望は薄れたことも明かし、「お互いがいちばんいい形で未来に進んでいきたい」と、結婚にこだわらないことも明かしている。(https://www.nikkansports.com

 

剛力彩芽が女優やタレントとしてイメージアップするには、結婚してセレブ妻としてブランディングするか、出産でママタレにイメチェンっていう方法があると思うんですけど、それも無理っていう。

 

剛力彩芽が、ずる賢いおっさんにええようにあしらわれて、バカにされてるのにも気づかず浮かれてるように見えて痛々しいんやで。

 

オスカーはそろそろアンビリバボーのレギュラーも剛力彩芽から井本彩花にチェンジするんじゃないの…。

そしたら第二の上戸彩どころか、剛力彩芽摘むで…。

 

ちなみに…剛力彩芽の迷走っぷりを尻目に、上戸彩さんは着々と独自のポジションを築きあげています。

 

関連記事

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work