ていないブログ

ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦のライフスタイル雑記ブログ

【2020年5月11日最新】LAVAのコロナ退会「ずっと割」解約金減額まとめとその理由について

サブスクおすすめ

\月額780円〜で6500万曲聴き放題/

【今だけ3ヶ月無料】アマゾンミュージックアンリミテッド

\雑誌のサブスク最安値の月額380円/

【初回31日間0円】!250誌以上の雑誌が読み放題「楽天マガジン」

【2020年4月8日最新】LAVAのコロナ退会「ずっと割」解約金減額まとめとその理由について

 

以下投稿は2020年5月11日にリライトした記事です。

 

LAVAのホームページに解約金の計算式が掲載されていましたので共有します。

参考になさってください。

 

【2020年5月11日最新】「2020年2月3月入会の場合」LAVA退会解約金が一部戻ってくる可能性が高い!

【2020年5月11日最新】「2020年2月3月入会の場合」LAVA退会解約金が一部戻ってくる可能性が高い!

出典:https://reserve.yoga-lava.com/reserve/view/pdf/calculation_example.pdf
 

以下投稿は2020年4月23日にリライトした記事です。

 

2020年4月21日ホットヨガスタジオLAVAの公式ホームページで一部会員の「継続必須期間中の途中解約における解約金」が変更になりました。

かなりわかりにくく、いったい自分の解約金がいくらなのかまだ不明なのですが、すでに25000円を支払い退会した会員も返金対応をしてもらえるようです。

詳細はホットヨガスタジオLAVAの公式ホームページをご確認ください。

 

 

【2020年4月21日最新】ホットヨガスタジオLAVA退会時の途中解約金について

【2020年4月21日最新】ホットヨガスタジオLAVA退会時の途中解約金について

【2020年4月21日最新】ホットヨガスタジオLAVA退会時の途中解約金について

(2020年4月21にのスクリーンショットを引用掲載しています)
  


 

以下投稿は2020年4月8日投稿4月13日にリライトした記事です。

証拠保全のために残しております。

 

LAVAの「ずっと割」会員は2500円〜7000円で退会可能です!

 

2020年4月13日現在、ホームページには掲載されていませんが、「ずっと割」登録者のLAVA退会時の違約金が変更になっています(ただし新規入会時の「ずっと割」加入は対象外)。

これは「消費者契約法第10条」違反で、消費者機構日本から是正申し入れがあったためではないかと思われます(あくまで推測です、最後に詳しく説明します)。

 

多い人では2万円以上の減額となっていますので、共有します。

 

すでに退会した会員も過去にさかのぼって請求できるそうですので、ぜひ手続きしてください。

 

ただしLAVAは自己都合で休会費用などを過去にさかのぼって変更したりしています。

この退会時違約金変更もホームページで掲載されていないため、このルールがいつまで有効かは不明です。

(が、法的に請求できる権利はあるので、コロナが収束した後だったとしてもこの記事に気づいたら泣き寝入りせずにLAVAに連絡しましょう) 

 

 

「ずっと割」で通っていた方の解約金が25000円から、「ずっと割だった期間×割引金額」に変更になっています。

違約金なしで、「ずっと割」の差額分を返金することで退会できるという形にしたようです。

すでに25000円支払って解約した人にも返金対応をしているとのことです。

 

 

自分から言わないと25000円の退会費を徴収されるというツイートもありますので、必ず自主的に「ずっと割の退会費適用で」と言うようにしてください。

  

 

「ずっと割」フリーフル/ライトフル/ライトデイ会員

  • 変更前:退会金25000円
  • 変更後:ずっと割適用月×1000円=7000円?(5000円が適正)

「マンスリーメンバー・フリー(全店舗利用可能・通い放題)」会員の方は適用月×1000円になります。

「マンスリーメンバー・ライト(2店舗利用可能・通い放題)」会員の方は適用月×1000円になります。

 

10月の増税時から「ずっと割」が適用されている方が対象となります。
7000円支払っている方が多いようです。

 

が、中には3月4月休会でずっと割が適用されないため、5000円だけ支払った会員さんもいるようです。

 

正確には5ヶ月分の支払いでOKです!

 

 

 

「ずっと割」マンスリー4会員

  • 変更前:退会金25000円
  • 変更後:ずっと割適用月×500円=3500円?(2500円が適正)

「マンスリーメンバー・4(登録店舗限定・月4回までご利用可能)」会員の方は適用月×1000円になります。

 

10月の増税時から「ずっと割」が適用されている方が対象となります。
3500円支払っている方が多いようですが、2ヶ月休会しているので2500円です。伝えましょう。

 

正確には5ヶ月分の支払いでOKです!

 

「ずっと割」の退会金が安くなった理由は「消費者契約法第10条」違反!?

LAVAの以前の契約条件があまりにも会員に不利だったため、消費者機構日本が申し立てをし、2020年2月に裁判外の和解で一部規約が変更されています。

そこには、解約時に定価月額と特別月額との差額上限25000円と書いてあるのです。

 

「継続必須期間中に解約する場合の解約金について適切な解約金水準」について,消費者契約法第10条に照らしたとき,違法性がある可能性があるという意味です。(2020/5/8追記)

 

 

▼ 第2条を確認してください ▼

「ずっと割」の退会金が安くなった理由について出典:https://www.caa.go.jp/notice/entry/018933/

 

つまり、「お得ですよ」と契約させて、解約時にお得だった分以上の解約金を支払わせてはいけないっていうこと。

 

法律的に「ずっと割」は1ヶ月1000円割引(もしくは500円割引)だから、10月の増税から7ヶ月分の7000円(もしくは3500円)しか取ったらダメだったんだよ!
3月4月休会する場合は、適用は5ヶ月だから5ヶ月分しか請求できないはず。

 

日本消費者機構に「消費者契約法第10条」違反として申し立てられ、2020年2月に申し入れを受けたくせに、いけしゃあしゃあとだまって25000円請求してたってこと?

 

そして、今もホームページでアナウンスすらしていない。

 

やべえなLAVA!

 

 

まとめ:LAVAのコロナ対応「ずっと割」解約金について

「ずっと割」の返金対応はLAVAの温情ではありません。

コロナだから特別に安くしている訳でもありません。

多分たくさんの会員が消費者センターに相談し、その内容を消費者センターから消費者機構日本に共有されたことにより、消費者機構日本が動いて、LAVAが申し入れを受けざるを得なかっただけだと思われます。

「ずっと割」会員で退会時25000円を支払った人は、返金してもらう権利があります。 

 

私はこの事実について、記事内に感想を書きません。

これを読んだ皆さんがLAVAについて思うことをSNSなどでこの記事を引用して発信していただければと思います。

最後にこのツイートで終わりたいと思います。

 

 

ブログランキング参加中

下のボタンをクリックすると、ランキングのポイントが加算されるにゃ〜

 

おねだり

▼読んだよのポチお願いします▼

「おつかれさん」クリック→にほんブログ村