ていないブログ

ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦のライフスタイル雑記ブログ

【2020年5月11日】ホットヨガスタジオLAVA退会時の途中解約金が変更になりました!

サブスクおすすめ

\月額780円〜で6500万曲聴き放題/

【今だけ3ヶ月無料】アマゾンミュージックアンリミテッド

\雑誌のサブスク最安値の月額380円/

【初回31日間0円】!250誌以上の雑誌が読み放題「楽天マガジン」

【LAVAを休会・退会したい】私の違約金はいくらなの?25000円支払わないとやめられないの?

 

 

以下投稿は2020年5月11日にリライトした記事です。

 

LAVAのホームページに解約金の計算式が掲載されていましたので共有します。

参考になさってください。

 

【2020年5月11日最新】「2020年2月3月入会の場合」LAVA退会解約金が一部戻ってくる可能性が高い!

【2020年5月11日最新】「2020年2月3月入会の場合」LAVA退会解約金が一部戻ってくる可能性が高い!

出典:https://reserve.yoga-lava.com/reserve/view/pdf/calculation_example.pdf
 

以下投稿は2020年4月17日に投稿し、その後数度リライトした記事をさらに5月8日さらにリライトしています

 

2020年2月以降入会の会員の解約金が変更されているようです。

問い合わせメールで25000円と言われていた一部会員の解約金が減額になっているというツイートが散見されます。

 

 

 

この方は諦めずになんどもLAVAと交渉されたようです。

 

  

一部会員で、25000円の解約金を支払ったあとでも、このブログを見て交渉し、解約金が減額された方もおられました。

 

 

現在LAVAは「2019年3月から10月にご契約いただいたお客様の途中解約金の差額返金受付開始のご案内」というものを開始していますが、2020年2月以降入会の方で、すでに解約金25000円を支払っている方も返金の可能性があります。

 

計算式が不明ですが、私が以前に掲載した計算式よりもかなり安くなっているようです。問い合わせてみる価値アリです!

 


 

※以下の記事の情報は古いです。5月8日現在、解約金の計算式はかわっている可能性が高いです。ご承知おきください。

 

2020年4月21日ホットヨガスタジオLAVAの公式ホームページで一部会員の「継続必須期間中の途中解約における解約金」が変更になりました。

かなりわかりにくく、いったい自分の解約金がいくらなのかまだ不明なのですが、すでに25000円を支払い退会した会員も返金対応をしてもらえるようです。

詳細はホットヨガスタジオLAVAの公式ホームページをご確認ください。

 

 

【2020年4月21日最新】ホットヨガスタジオLAVA退会時の途中解約金について

【2020年4月21日最新】ホットヨガスタジオLAVA退会時の途中解約金について

【2020年4月21日最新】ホットヨガスタジオLAVA退会時の途中解約金について

(2020年4月21にのスクリーンショットを引用掲載しています)
  


 

 

ホットヨガスタジオLAVAの新型コロナ対応がTwitterで大炎上しています。

  • 3月に提示した「0円特別休会」を4月に入って取り消し、3月の休会費を遡って請求する。
  • 3月0円休会のはずが会費が満額引き落とされて、4月休会申請をしているにも関わらず4月の会費も満額引き落とすというアナウンス。
  • 非常事態宣言が出ても営業を継続し、4月の会費を日割りで請求する。
  • 一部会員の退会違約金を25000円から2500円に変更したにも関わらずアナウンスがない。

などなど(これは一部でもっと突っ込みどころはあります)。

 

LAVA会員たちは不安と不満に苛まれて、眠れぬ日々を過ごしております。

 

もうね、

  • 3月と4月の自分の請求金額がいくらなのか?
  • 正しい退会違約金がいくらなのか?
  • 0円のはずが満額引き落とされた金額はいつ返金されるのか?

現状ではLAVAのスタッフすら把握していないと思われます。

そんなもん、会員に知る術なんてないよね。

 

この記事では「LAVA退会したい」「今すぐ辞めたい」「違約金はいくらなの?」っていう人になるべくわかりやすく、違約金の金額を書きます。

 

※この記事は2020年4月17日現在の情報を元にLAVAの退会違約金を割り出しています。今後変更になる可能性が大いにありますのでご了承ください。

※【2020年4月18日追記】2020年2月3月4月の退会違約金が大幅に安くなっているようです

 

 

LAVAの退会違約金はいくらなの?

この記事では、日本消費者機構(COJ )との2020年の合意文書を元に退会違約金を割り出しています。

証拠となりそうなツイートも掲載しておきますので、交渉の際にご使用ください。

 

ただし、LAVAの人すらよくわかってないので、100%正しいという確証はありません。また、今後さらに二転三転する可能性もあります。それを踏まえた上でご確認ください。

 

2019年3月以前に入会してずっと割に入っていない

退会違約金はかかりません。

 

2019年3月以前に入会してずっと割に入っている

2020年10月から適用された 「ずっと割」はに入っている会員は、差額分を支払う必要があります。

休会月は「ずっと割」が適用されないので、違約金加算がありません。

また、3月は月額が半額なので適用月額も半額であると主張できます。

 

 

M4会員(月額差額500円)

  • 3月4月休会→2500円
  • 3月通って4月から休会→2750円
  • 3月も4月も通った→3250円

 

 

フリーフル、ライト会員(月額差額1000円)

  • 3月4月休会→5000円
  • 3月通って4月から休会→5500円
  • 3月も4月も通った→6500円

 

 

ずっと割に入っているのに25000円の違約金で退会した会員

請求すれば差額が返金されるそうです。

LAVAのお問い合わせフォームから連絡するか、店舗(開いていれば)まで。

 

 

25000円の違約金がかかる会員

LAVAの現在の規約では、25000円の支払いになるのが2019年3月入会から2020年1月入会で、縛り期間のある会員です。

 

ただし、違約金がアナウンスなく実は変更されていそうな気配があります(情報収集中)

 

LINEオープンチャット内で全会員が7000円で退会できるというような情報が出ています(これはエビデンスが他にないため事実確認ができていません)。

 

首都圏店舗通いです。
緊急事態宣言で店舗休業以後、IRさんと店舗外で会い違約金について聞いた所、消費者センターからお達し(?)があり7,000円でいいとの事。

IRさんに聞いたのは、私個人の契約の事ではなく、25,000円の違約金について聞きました。私個人はずっと割2年縛りです。

 

法律相談ではプロが以下のような見解を述べているということもあり、果たして25000円の退会違約金が正しいのかというのが怪しい感じ…。

 

 

LAVAと縁が切りたいから25000円支払ってもいいから、とにかく退会したいという気持ちはわかりますが、現在25000円が本当に正しい退会違約金なのかがわからない状況というのが現状です。

 

私は銀行の引き落としを停止して、5月退会希望の書面を出し、LAVAと退会違約金、急会費共に納得いくまで話し合いして、納得できたら満額支払うつもりです。

 

 

2019年4月〜2020年1月までに入会してずっと割に入っている

不明。

2500円〜25000円。

理論上は「ずっと割」に入っていても、2020年3月以降の入会なら違約金がかかるような感じなのですが、2020年3月以降に入会しても「ずっと割」に入っていれば上記の「2019年2月以前に入会してずっと割に入っている」と同じ違約金で退会できたという証言も多数出ています。

LAVAの対応が二転三転するため、インストラクターやコールセンターのスタッフの理解の食い違いが出ているためだと思われます。

さらに、休会すると12ヶ月のしばりが後ろ倒しになるというのも、契約時の規約にあったのか不明のため、現在確認の内容証明を出しています。

返事があり次第追記します。

 

LAVAが退会時違約金について情報を出していないため、真実がまったくみえない状況です。問い合わせても人によって請求金額はバラバラです。

 

焦ってかけこみで退会すると、損する可能性もありますのでご注意を。

 

 

つまりはレッツ交渉!

 

2019年4月に入会してずっと割に入っていない

違約金が25000円かかります。

3月に復会を選び、4月を休会にすれば、退会費はかかりません。

もしくは3月0円休会、4月復会にすれば、退会費はかかりません。

 

2019年5月に入会してずっと割に入っていない

違約金が25000円かかります。

ただし、3月4月に休会をしなければ12ヶ月継続が満了となるため、退会費はかかりません。

 

2019年6月に入会してずっと割に入っていない

違約金が25000円かかります。

※ただし、現在違約金が変更になっている可能性あり

 

2019年7月に入会してずっと割に入っていない

違約金が25000円かかります。

 ※ただし、現在違約金が変更になっている可能性あり

 

2019年8月に入会してずっと割に入っていない

違約金が25000円かかります。

※ただし、現在違約金が変更になっている可能性あり

 

2019年9月に入会してずっと割に入っていない

違約金が25000円かかります。

※ただし、現在違約金が変更になっている可能性あり

 

2019年10月に入会してずっと割に入っていない

違約金が25000円かかります。

 ※ただし、現在違約金が変更になっている可能性あり

 

2019年11月に入会してずっと割に入っていない

違約金が25000円かかります。

※ただし、現在違約金が変更になっている可能性あり

 

2019年12月に入会してずっと割に入っていない

違約金が25000円かかります。

※ただし、現在違約金が変更になっている可能性あり

 

2020年1月に入会してずっと割に入っていない

違約金が25000円かかります。

※ただし、現在違約金が変更になっている可能性あり

 

2020年2月3月4月会員は違約金が変更されている

【2020年4月18日新情報追加】

2020年の2月3月4月に入会した会員の退会違約金が大幅に減額されているという情報がはいりました。

金額はいまだ不明です。

4月入会の会員は解約金がナシになったという話も聞いています。

 

【上記ツイートをテキストで引用しています】
まず日本消費者機構の合意書は全ての契約ではなく一部のキャンペーン入会についての協議の内容で現在どのキャンペーンについて協議されたのか詳細を文書で回答求めてます。わかってるのはずっと割の契約ではないと言う事です。
2020/2〜4月入会の方は違約金がブログ記載の額より減額されてるので、ブログ記載の額で会員が交渉すると、結果多く支払ってしまう可能性が高いです。
なのでこの期間の入会者の違約金については未だ多く触れない方が良さそうです。今LAVAに詰め寄り中なので、分かり次第共有しますね。現状、LAVAもSNSを確認されてると思うので確実に減額されてる契約の情報は拡散した方が良いですが、違約金25000円説の情報はあまり拡散しない方が良いです!会員の誤認で0円で解約出来る筈の契約も25000円払う事になってしまった方が多くいます!

 

 

 

【まとめ】LAVAの退会違約金について

現時点でわかっている範囲で、詳細な金額を出しました。

が、はっきりいってこれが正しいのかわかりません。

 

さまざまな人伝の情報を集約し「LAVAが対応している違約金は現状、最も安くてこの金額です」ということを導き出して書いています。

 

LAVAの対応は人によって違うこと、違約金のシステムが途中で変更になったことがLAVAの店舗スタッフに行き渡っておらず、理解の齟齬があることなどから、

  • 2500円なのに25000円取ろうとするインストラクターがいたと人もいる
  • 5000円なのに7000円だと言われて減額されなかったという人もいる
  • 違約金なしで無料で解約できたという人もいる

 という対応のバラツキが、TwitterやLINEオープンチャットの投稿で明るみに出ています。

何が最善なのかはわからないのですが、正しい違約金かわからない状態で25000円を支払うのは嫌なので、私は以下の対応をしました。

  • 銀行の支払い口座を停止する
  • LAVAのお問い合わせメールフォームに「2020年5月での退会の意思」「口座を止めていること」「支払いの意思はある」旨を記載して送る
  • メールフォームの控えのメールを保存する

LAVAからの返答はありませんが、5月退会を希望していることは記録されているので、納得のできる説明があれば、退会違約金25000円と3月4月の休会費を支払いたいと思います。

納得できなければ…

納得できるまで話し合おうかなと思います。

 

※当記事はLAVAが正式な違約金をホームページに記載していないために、ネット上の情報を総合してまとめ「多分こうであろう」という金額を導き出しています。100%正しい金額ではない可能性があります。また、現在退会違約金が黙って変更になっている可能性もあります。ご了承ください。
また、銀行口座の停止、解約を推奨するものではありません。また、すべての人において信用事故が発生しない保証はありません。ご自分の責任のもと行動をお願いします。

 

  

 

※当記事は口座の停止、解約を推奨するものではありません。また、すべての人において信用事故が発生しない保証はありません。ご自分の責任のもと行動をお願いします。