ていないブログ

ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦のライフスタイル雑記ブログ

新島と式根島(新島村)、伊豆諸島の魅力とは?「東京諸島会」理事鈴木マイラインタビュー

サブスクおすすめ

\月額780円〜で6500万曲聴き放題/

【今だけ3ヶ月無料】アマゾンミュージックアンリミテッド

\雑誌のサブスク最安値の月額380円/

【初回31日間0円】!250誌以上の雑誌が読み放題「楽天マガジン」

伊豆諸島の魅力とは?「東京諸島会」理事鈴木マイラさんに聞きました

 

ご存知かしら?

東京にも青い海と白い砂浜があるんですって(私は知りませんでした)。

東京から船に乗って2時間〜。

美しい伊豆諸島をめぐる旅はいかがですか?

この記事では、綺麗なお姉さん鈴木マイラさん(「東京諸島会」理事)にインタビュー。

・伊豆諸島ってどこ?どんな島があるの?
・マイラさん考案「新島(新島村)の1泊2日の旅行プラン」発表

について伺っております。

これを読んだら伊豆諸島に行きたくなるよ。

 

 

伊豆諸島の魅力とは?「東京諸島会」理事鈴木マイラさんに聞きました

—自己紹介をお願いします。

 

鈴木マイラ:鈴木マイラです。

27歳(2020年4月現在)で、最近結婚して人妻になりました~!

 

—おお、新婚さんですね。ご結婚おめでとうございます〜。

 

鈴木マイラ:ありがとうございます!私は、2016年から2018年まで伊豆諸島の新島村(新島と式根島)の観光大使をやっていました。

現在は伊豆諸島出身者や観光大使OGなどで構成される「東京諸島会」の理事をつとめています〜。

 

—ほうほう。元観光大使で、「東京諸島会」メンバーのマイラさんに、このインタビューを通して伊豆諸島の魅力をいろいろ教えていただけたらと思います。

 

ざっくり教わる伊豆諸島北部

—伊豆諸島は、諸島とつくからにはたくさん島があるっていうことですよね?完全初心者で何が何だか…まずは噛み砕いて簡単に教えてください〜。

 

鈴木マイラ:まず、ざっくりと伊豆諸島は北部と南部に分かれるというのを覚えてください!

 

—う、うん…。

 

鈴木マイラ:乗る船や行き方も北部と南部で変わります。

まずは東京に近い北部から。

 

ざっくり教わる伊豆諸島北部

出典:https://www.tokyoislands-net.jp/(伊豆諸島北部がわかりやすいよう加工させていただきました)

 

—地図で見ると比較的東京に近くて、ぎゅっと固まってる印象ですね。

 

鈴木マイラ:伊豆諸島北部は竹芝から出てる大きい白い船(さるびあ丸)でも、早くてちっちゃい船(ジェットフォイル)でも行けます。

 

—高速船(ジェットフォイル)に乗っても、一番近い大島に行くために1時間45分もかかるのかぁ…近い気がしたけど、遠いなぁ…

 

鈴木マイラ:ちなみに調布空港から小型飛行機に乗ればどの島も30分前後で着きますよ!

 

—不思議。30分で着くと思うと近い気がしてくる。笑

 

(伊豆)大島

鈴木マイラ:東京から高速船で1時間45分、伊豆諸島の中で一番近くて一番大きい島です。

椿の産地で有名です。あたり一面黒い砂漠の「裏砂漠」が特徴的!。

私とほぼおなじころ伊豆大島の観光大使だった正木千尋ちゃんのツイートを見てくださいな!

 

 

—ひゃぁあ!大パノラマ!! 

 

利島

鈴木マイラ:利島は伊豆大島に並んで椿の産地として有名です。

他の島と比べると観光業で成り立ってる感は薄いですが、コアなファンを抱える個性的な島です。

 

新島

鈴木マイラ:ジェットフォイルで2時間45分くらいで着きます。

後で詳しくお話しますね。

 

—マイラさんは、新島村(新島と式根島)の観光大使だったんですよね。後ほどたっぷり深堀りしていただければと思います。

 

式根島

鈴木マイラ:伊豆諸島最小の島です。割と平べったく、地図で見るとちょっと北海道っぽいのが特徴です。

神引展望台からの景色がめちゃくちゃいいのでとりあえずふらっと寄ってほしい。

 

式根島神引展望台からの写真

 

—キレイ!キレイ!!

 

神津島

鈴木マイラ:伊豆諸島の中でも神話で出てくるのがこの神津島。

パワースポット好きなかたはぜひ神津島へ!

赤崎海岸にある赤崎遊歩道の飛び込み台から海に飛び込みができるのが特徴的です。

 

—いいですね。パワースポットも好きですけど、私は飛び込み台の方に興味が沸きました。

 

ざっくり教わる伊豆諸島南部

鈴木マイラ:ここからは南部です。まだ半分くらい。

 

—すごい多いですね。すでに見失いかけています…


鈴木マイラ:南部は竹芝から出てる黄色と緑の大きい船(橘丸)で行けます。

ジェットフォイルはないので、船は大型船のみです。

八丈島だけANAが飛んでます

 

—つまりは八丈島以外は橘丸に乗って、船旅を楽しみつつ行く島って感じですね。

 

ざっくり教わる伊豆諸島南部

出典:https://www.tokyoislands-net.jp/(伊豆諸島南部がわかりやすいよう加工させていただきました)

 

三宅島

鈴木マイラ:噴火のニュースで名前を知ってる人も多いのでは?

2000年の噴火で全島民が避難しました。

いまも一部立入禁止区域が残りますが、釣りやバードウォッチングなどで人気の島です。

南部で唯一、調布からの小型飛行機が飛んでます。

 

御蔵島

鈴木マイラ:御蔵島(みくらしま)までいくとだいたい東京から200kmくらい。

近海でイルカと泳げるのが魅力で、スキンダイビングの人に御蔵島ファンが多い印象が。

 

—スキンダイビングって素潜りのことですよね。背中に重い荷物を背負わずにイルカと泳げるとか最高ですね。

 

八丈島

鈴木マイラ:唯一羽田から飛行機で行ける島です。

有名な織物「黄八丈」は八丈島産。

フリージアやフェニックス・ロベレニー(花束とかによく入ってる葉っぱ)の栽培がさかん。

 

—飛行機でいけるということは大きいのかな?八丈島は、島名をなんとなく耳にしたことがある気がします。

 

青ヶ島

鈴木マイラ:伊豆諸島では最南端。

200人ほどが暮らしていて、内地からの直行便はありません。

八丈島から就航率50%程度といわれる「あおがしま丸」に乗るか、同じく八丈島から9名定員のヘリコプターに乗るかです。

どちらの方法もかなりの難易度ですが、それだけに上陸できたらすごいことです。

 

—激レア感すご…。青ヶ島は地図でみても、めちゃくちゃ遠いですね…。

 

新島と式根島(新島村)の魅力を、元観光大使のマイラさんに聞きました

—マイラさんが大使をやっていた新島と式根島(新島村)について教えてください。

 

鈴木マイラ:伊豆諸島(※伊豆と付くけど静岡県ではなく東京都)の新島と式根島という島で、伊豆諸島ではめずらしく2島でひとつの行政区です。

東京竹芝から大体160kmくらい南にあります。

 

新島と式根島(新島村)

出典:https://www.tokyoislands-net.jp/(新島と式根島がわかりやすいよう加工させていただきました)

 

—東京都っていうから、船に乗ったらすぐ着くのかかと思いきや、かなり遠いですね…。

 

鈴木マイラ:この地図で見るとめちゃくちゃ南国っぽいですが、意外と緯度は伊勢・志摩のあたりと同じくらい。

 

—あ、そうなんだ。へー、意外。


鈴木マイラ:年間通して東京より1〜2度あたたかいという感じです。

 

—なんか、ちょうどいい感じですね。

 

新島と式根島(新島村)は観光と漁業の島

—改めてマイラさんが観光大使をしていた新島と式根島(新島村)について教えてください。

 

鈴木マイラ:新島・式根島どちらも観光と漁業がさかんな島ですね。

観光のメインシーズンは夏です。

ダイビングやサーフィンなどが定番ですが、式根島には遠浅の泊海岸もあるので、海水浴やシュノーケリングもいいですよ。

 

▼式根島の泊海岸▼

泊海岸 新島と式根島(新島村)は観光と漁業の島

 

—楽園ですね。遠浅の海岸でシュノーケリングしたら気持ち良いだろうなぁ。

 

鈴木マイラ:新島の羽伏浦海岸は、南北に約7kmあって夏は海水浴場として人気です。

 

▼新島の羽伏浦海岸▼

新島と式根島(新島村)は観光と漁業の島

 

—ここも、ザ・海水浴場っていう感じがしていいですね。

 

名物はくさや、中でもオススメは焼きくさや

—新島と式根島(新島村)は、名物とかってあるんですか?

 

鈴木マイラ:新島村の特産品は、なんといってもくさや!

新島はくさやの発祥地というだけあり(※諸説あり)、今は6件の商店がくさやを作っています。

 

 

—くさや!?特産品が激シブ。

 

鈴木マイラ:一番人気は焼きくさやで、お家で焼かなくても食べられるお手軽さがおすすめです。

 

—それは楽チンでいいですね。

 

[rakuten:tokyo-islands:10000128:detail]

 

鈴木マイラ:これが焼きくさやです。焼いてほぐしてあるのでたべやすい。

 

—面倒くさがりなので、いたれりつくせりでありがたいです。

 

鈴木マイラ:あと式根は赤いかという大きめで火を通してもやわらかいイカもあります。

 

 

—でかい!これも美味しそう。酒の肴にぴったり。イカを売ってるのマイラさんですよね。観光大使だからイカを売ってるってことですか?

 

鈴木マイラ:観光大使として主に内地(島に対しての本島のこと)の物産展で特産品を売ったりしていました。

つまり、くさや売りの少女をしていたわけです。

 

—観光大使ってPRイベントとかで用意された地方ならではの衣装を着て手を振る仕事だと思ってました。なんか思ってたんと違う…。くさや売りの少女…。

 

友達が伊豆大島に移住したのをきっかけに繋がった伊豆諸島とのご縁

—マイラさんが観光大使になったきっかけは何ですか?

 

鈴木マイラ:中学の頃の同級生が伊豆大島に就職・移住して、それをきっかけに伊豆大島に行ったことから、伊豆諸島のいろんな方とtwitter上で知り合いました。

そのうちに新島が観光大使を募集しているというのを見て、その募集サイトのヘッダーが羽伏浦海岸の景色だったんですけど、「エ、新島ってこんなに浜辺きれいなの?なんで知られてないの?」と思って、応募しました。

 

—あら、新島村出身とかではないんですね。

 

鈴木マイラ:出身は東京都武蔵野市で、結婚するまでずっとその近辺に住んでいたので、じつは伊豆諸島には元々エンもユカリもなく…

大島に友達が移住してなかったら、いまも伊豆諸島のことは知らないかも?

 

—不思議なご縁だったんですね。お話から伊豆諸島への愛がほとばしってますし、マイラさんが観光大使になったのは、運命のように感じます。

 

島旅の魅力はのほほ〜んと過ごせるところ

—ここからは、伊豆諸島に旅行することについて伺って行こうと思います。マイラさんが感じる島旅の魅力について教えてください。

 


鈴木マイラ:のんびりできることですね。

有名な観光地、たとえば京都とかだと、金閣寺!銀閣寺!清水寺!みたいな感じで、写真取りまくって動きまくって、という旅行になりがちですが、伊豆諸島は全体的に島ぜんぶが実家っぽいといいうか……

のほほ~んと過ごせるんです。

だからあんまり「ここに行くぜ!」みたいな旅じゃなく、ノープラン・直感で過ごしてほしいかな。目的もなくお散歩とかサイクリングとかいいです。

 

—逆に島だからこそ不便に感じることはありますか?

 

鈴木マイラ:やっぱり一番は欠航でしょうか…。

島なので、天候や海上状況によっては、船が出ない、もしくは着かないとか、飛行機が飛ばない、飛んだけど着陸できない、ということもあります。

行けない・帰れないことがあるというのは、他の旅行と比べてちょっとリスクかなとは思います。

初心者のかたは就航率が高い島からぜひ。

 

マイラさんが考える新島旅行プラン1泊2日

—最後に私たち夫婦(40代妻、50代夫)が1泊2日で新島に旅行するとして、マイラさんオススメのプランを考えていただけますか?

 

鈴木マイラ:やった~!これ、聞いたからにはいつか来てもらえるってことかしら!ぜひ落ち着いたら来てください!

※伊豆諸島は現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般の方の来島自粛を呼びかけています。

 

【1日目】
◎7:45発のジェットフォイルに乗船!→10:25 新島着
◎宿に荷物をおいて、近くのお店で自転車をレンタル
◎羽伏浦海岸を海を眺める
◎お昼は栄寿司で島寿司を堪能
◎まました温泉で砂むし風呂にはいる
◎親水公園レストハウスでちょっと休憩
◎ガラスアートセンターでオリジナルグラスづくり
◎「サンシャイン」で夕飯 くさやチャレンジ
◎湯の浜露天温泉で入浴!

 

▼新島の栄寿司▼

1泊2日で新島に旅行

 

 【2日目】
◎歩いて「かじやベーカリー」へ。朝ごパンを購入
◎原付バイクを借りてみる
◎石山展望台へ!モヤイ像とツーショット
◎おしゃれカフェPOOLでお昼ごはん
(ていないさんご夫婦が好きそうなカフェなので行ってほしい!!)
◎富士見峠展望台で記念撮影~
◎原付返却、メインストリートでおみやげ物色
◎16:05発東京行ジェットフォイルに乗船→18:25竹芝着

  

鈴木マイラ:こんな感じです。

いやこれあたしが行きたいな…。

 

—ありがとうございます。なんて素敵なプラン!最高ですね。原付で島を走り回るの楽しそうだな〜。絶対行きます!

 

東京都にもきれいな海と白い砂浜はある! 

—島に行ったことがない人たちに、魅力をアピールしていただけるとうれしいです。

 

鈴木マイラ:きれいな海と白い砂浜といえば沖縄まで行かないと…、と思ってませんか?

東京都にもめっちゃきれいな島があるのでぜひ見に来てほしいです。

 

—インタビューご協力ありがとうございました。マイラさんの考えてくれた島旅行を実現するぞ!

 

 

about 鈴木マイラ

鈴木マイラインタビュー

撮影:こばやしかをる

友人の移住をきっかけに伊豆諸島を知る。
2016年から2018年にかけて新島村PR大使に就任。
インターネットメディアで伊豆諸島のPRや、イベント企画などを行う。
東京諸島の知名度を上げたいという願いから、島旅の楽しさを来島者の目線で発信している。

 

> 鈴木マイラさんのブログ:「mindfreeness

www.mindfreeness.net

 

> 鈴木マイラさんのTwitter:鈴木マイラ@くさやマダム(@nii_shiki)