ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

映画火花ネタバレ感想/菅田将暉&桐谷健太最高|アマゾンプライムビデオ無料

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

【アマゾンプライムビデオ無料】映画「火花」ネタバレ感想/雑なつくりだけど、菅田将暉と桐谷健太、旬な俳優2人の演技が最高

Amazonプライムビデオで映画「火花」が無料だったので観たら、予想以上に良かったのでレビューします。

菅田将暉と桐谷健太、関西出身の2人が演じる漫才師はとても魅力的でした。

 

当記事「映画火花ネタバレ感想」は軽いネタバレを含みます〜〜。

 

火花

火花
 

 

 

映画「火花」の制作会社はよしもと、監督は板尾創路…つまりはそれなりのクオリティー

又吉直樹が書いた純文学小説「火花」が原作。

芥川賞を受賞し大ヒットした作品で、映画化だけでなくネットドラマ化もしています。

私は小説もネットドラマも未体験の状態で映画「火花」を観ました。

映画「火花」の制作会社は「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」で、監督は板尾創路。

映像は肝心の花火のシーンが雑な合成だったり、脚本は伏線回収とかも特になかったり、クオリティー的にはたいしたことない、それなりの感じです。

よしもと制作の映画にありがちな、吉本芸人がやたら俳優として起用されるっていうパターンも踏襲しており、主人公菅田将暉が演じる漫才師の相方が二丁拳銃の川谷修士だったりと、食わず嫌いになりかねない安っぽさが漂う映画です。

  • 菅田将暉と桐谷健太がそこそこ好き
  • Amazonプライムビデオで無料だった

ということで期待せずに観てみました。

が、これがね。

すごい良かった。

 

映画「火花」は今が旬の俳優菅田将暉と桐谷健太が関西弁で漫才師を演じるという設定だけで見応えがある

関西人の菅田将暉と桐谷健太が、関西弁で漫才師を演じる。

しかも、菅田将暉の相方は二丁拳銃の川谷修士という、売れてないけど超実力派の漫才師。

桐谷健太の相方は元お笑い芸人の俳優三浦誠己。

きちんと漫才ができる相方をつけて、漫才をさせている。

しかもね、二丁拳銃の川谷の演技がなかなか良いのです。

最初、菅田将暉の相方として二丁拳銃の川谷が出てきた時「おっさんすぎるやろ!」「ブスすぎるやろ!」と思ったのですが、ブスゆえのリアリティみたいなのがあって良かった。

演技も達者で、漫才シーンでの漫才がやたら上手い。

あと、桐谷健太の相方の三浦誠己も、たたずまいが素晴らしく、どちらも売れてない尖った漫才師としての説得力がありました。

漫才のネタ自体はたいして面白くないんですが(この映画の脚本自体漫才以外もおもしろいところが特にない)、かけあいの間合いなどはとても良くて、観ていて違和感がないです(菅田将暉の関西弁がところどころニュアンスがおかしいけど)。

そして、菅田将暉&桐谷健太の演技が最高。

二人の会話の掛け合いのシーンが多いのですが、その間合いがとにかく良い。

そして二人とも、今が人気の絶頂なんだなぁっていうのが伝わるキラキラっぷりです。

お金かけた映画じゃなくても、脚本がまあまあオチもなくてしょうもなくても、カット割りとか照明とかがたいしたことなくても、旬な人気俳優が輝きあって照らし合ってるという感じでキラキラしています。

二人の演技のぶつかり合いを観ているだけで、飽きません。

2人の相方役も良いし、桐谷健太の恋人役の木村文乃も良い。

メインのキャスティングが最高なので、最後まで飽きずに観られました。

 

映画「火花」の脚本の破綻と、映像のしょうもなさは眼に余る

注意していただきたいのは、私は映画「火花」を良い作品だなと思いましたが、脚本や映像はイマイチな部分も多いです。

映画冒頭の菅田将暉が桐谷健太に惚れ込むきっかけになった漫才のネタがしょうもなすぎたり、菅田将暉が桐谷健太の伝記を書くという伏線が回収されていなかったり、肝心な最後に主役2人が花火を観に行くシーンがチャチな合成映像だったりと、映画としては「う〜む」な感じ。

なので、手放しで褒められる良作ではないかな。

ただし監督の板尾創路が、お笑い芸人なだけあって、中途半端に売れて生活は苦しい若手漫才師のリアリティはすごいです。

映画監督や映像作家ではなく、お笑い芸人だからこそ描けた気がします。

菅田将暉と桐谷健太と、まわりを固める俳優たちの演技を楽しんでもらえればと思います。

 

映画「火花」のエンディング曲ビートたけし「浅草キッド」のカバーを聴くだけで映画を観る価値あり

この映画を観て良かったと思わせられたのが、エンディング曲の「浅草キッド」。

お笑い芸人の悲哀を描いた、ビートたけしの名曲「浅草キッド」を、桐谷健太と菅田将暉がデュエットしているのですが、これがめちゃくちゃイイ。

お笑い芸人として大成しなかった2人の物語の最後に「浅草キッド」。

何がすばらしいって最近主流の音声ソフトを使って音程を修正していません。

桐谷健太もと菅田将暉も、音を微妙に外しているんです。

でも、そこがリアリティがあってイイ。

ボーカルを大きく、リヴァーブ(反響)を小さくしてあって、生々しい音作りになっています。

もうね、そこで2人がどなりながら歌ってるみたいな錯覚をしそうになる。

2人ともが歌手活動もしているので、そこそこ歌えるし、何より役者なので情感たっぷりに歌っていて、聴かせるし、魅せるんですよ。

菅田将暉と桐谷健太のチャーミングさがこのデュエットに詰まってます。

映画観終わった瞬間は「まあ、こんなもんか、悪くなかった」という感想だったのに、エンディング曲最後まで聴いた時はかなりジーンと来てました。

「浅草キッド」を楽しむための2時間の前説だったんじゃなかろうかと思うくらい良かったです。

 

www.youtube.com

 

▼映画「火花」はAmazonプライムビデオで無料で観られます▼

火花

火花
 

 

映画の感想あれこれ書いてます 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.workwww.teinai.work