ていないブログ-主婦ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタクの雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

林海象監督作品映画一覧:予告編の動画つきまとめ「夢みるように眠りたい」「濱マイク」ほか

ていないブログオススメ記事

林海象監督の監督作品映画一覧を予告動画付きでどうぞ

知らない人は知らないが、知ってる人は知っている(当然か)映画監督、それが林海象。

探偵を描かせたら天下一品の監督です。

ハードボイルドな男の浪漫と、女子垂涎の耽美さが魅力。

工夫とこだわりと美学が詰まった、ノスタルジックで洒脱で奇怪で退廃的な作品たち。

うっとりしてわくわくするような世界観なんです。

幻想的だけどアクションもあり、そこはかとなく漂う郷愁。

なんかすごい好きだけど、うまく説明できないしあらすじもよくわかんないみたいなんが多いので、とりあえず作品と映像を一緒に紹介します。

観る人にある程度の想像力(イマジネーション)と知性が必要で、万人受けする作品ではないけれど…みんな、はまれ〜〜!

林海象監督作品映画一覧:予告編の動画つきまとめ「夢みるように眠りたい」「濱マイク」ほか

 

林海象監督作品映画一覧:『夢みるように眠りたい』1986年

www.youtube.com

佐野史郎が主演してます。

1986年っていうバリバリ景気の良いバブルの時代に、モノクロのサイレントで映画撮ってるんです。

工夫して映像をエイジング加工してあって、雰囲気最高。

あと、サントラも最高。

私立探偵の魚塚は、月島桜という老女から、執事・松之助を通して、誘拐された娘、桔梗を探してほしいという依頼を受ける。浅草の町を調査するうち、次々と仕掛けられた謎を解いていく魚塚。やがてこの事件は、未完に終ったサイレント映画「永遠の謎」のストーリーにそって展開し、魚塚は、娘を探しているのではなく「永遠の謎」のラスト・シーンを追っていることに気づく。この映画は日本で初めてほんものの女優が主演したものだったが、警視庁の検閲に妨害され、ラストシーンの撮影が出来ず、葬り去られたものだった。魚塚が月島桜の家を訪ねると、失われたラストシーンのためのお膳立てがなされていた…(上映時間81分)

 

『ΦIDEA』1988年

詳細不明。

ソフト化はされていないようです。

データを確認すると、清田益章(エスパーの人)が主演で、大島渚が役者で登場していたみたい。

超気になる…問題作の気配しかない。

 

林海象監督作品映画一覧:『二十世紀少年読本』1989年

二十世紀少年読本 [DVD]

二十世紀少年読本 [DVD]

 

三上博史主演。

桂三枝も出演しています。

サーカスがテーマのモノクロ映画。

これも見たことないけど気になるわ〜

Amazonのレビューを引用できないので、読んでいただけると作品の世界観かなり伝わると思います。

デビュー作『夢みるように眠りたい』や『私立探偵濱マイク』シリーズの林海象監督による、サーカスをテーマにしたノスタルジックムービー。運命に翻弄される2人の兄弟が、何が本当で何が嘘なのか、心の中の真実を探る様を愛情たっぷりに描いている。 

 

林海象監督作品映画一覧:『ZIPANG』1990年

www.youtube.com

伝説の黄金の国・ジパングをめぐる奇想天外な冒険を描いた映画。

林海象監督作品にしては比較的商業的な作品っぽい(と私は思う)。

PCエンジンのゲームソフト「ZIPANG」の映画化作品。

主演は高嶋政宏、ヒロインは安田成美。

佐野史郎、秋吉満ちるなどおなじみのメンバーも出演。

このSFミーツ時代劇な世界観がたまらないし、1カット1カットがかっこいいし、ワクワクドキドキするし、厨二心をかきむしる感じが最高。

伝説の黄金の国「ZIPANG」の扉を開ける鍵をめぐり、忍者団や古代人、そしておたずね者の大盗賊、地獄極楽丸(高嶋政宏)と賞金稼ぎ、鉄砲のお百合(安田成美)らの一行が激しい争奪戦をくり広げていく冒険時代活劇だ。
前半部では、極楽丸がゴルフクラブを替えるようにさまざまな剣を操り、悪党どもを斬り倒していくシーンをはじめ、奇想天外なアイデアの数々が楽しめる。橋のうえでの極楽丸の50人斬りを1カットでとらえるなど、演出にも冒険心があふれている。後半のジパングが舞台のシークエンスでは、ジパングの王の平幹二朗と女王の鰐淵晴子の貫禄が作品を支えている。
往年の時代劇スター、東千代ノ介が徳川家康役でゲスト出演しているあたりも嬉しい。主題歌はXの『エンドレス・レイン』。(的田也寸志)


林海象監督作品映画一覧:『音曲の乱』1992年

www.youtube.com

音曲の乱 [VHS]

音曲の乱 [VHS]

 

ふぉー!

たかぶる〜!

スカパラが主演する、ミュージックビデオとショートムービーが合体したようなハードボイルド時代劇ミュージカル。

佐野史郎も出てます。

銀魂と世界観近いんだけど、こっちの方が低予算なのまるわかりながら、こっちの方がセンス良くない?

 

林海象監督作品映画一覧:『我が人生最悪の時』1994年(「私立探偵 濱マイク」シリーズ)

www.youtube.com

我が人生最悪の時 ― 私立探偵 濱マイク シリーズ 第一弾 [DVD]

我が人生最悪の時 ― 私立探偵 濱マイク シリーズ 第一弾 [DVD]

 

テレビドラマ化もされた大人気シリーズ「濱マイク」シリーズ第1作。

主演は永瀬正敏。

ウッチャンナンチャンの南原も出てる。

やっぱり佐野史郎出てる。

林海象は、キャスティングセンスも素敵だよね。

探偵っていう設定がたまらない。

セットも小道具も大道具も衣装も車も何もかもがかっこいい。

あたまのてっぺんからつまさきまで美学が詰まっている。

古き良きアクション映画の要素が盛り込まれていて、ちびるほどしびれる。

宍戸錠をエースという名前で出演させるあたりが小粋だなあ(宍戸錠は若かりし頃「エースのジョー」という愛称だった)。

横浜・黄金町にある映画館“横浜日劇”の2階に事務所を構える私立探偵・濱マイク(永瀬正敏)の活躍を描いた、林海象監督によるエンタテインメントシリーズ第1作。マイクは、台湾人の楊と知り合い、その兄を探すことに。しかし実は、楊の正体は、組織を裏切った兄を殺すために日本に送られてきた刺客だった…。
モノクロ映像に往年の日活無国籍アクションのテイストを盛り込み(その象徴たる宍戸錠も“エースのジョー”役で特別出演)、さらには現代アジアの活気そのものを横浜へと移しこんで一種独特な世界観を構築していく林ワールドが冴えわたる好編。マイクの友人役・南原清隆など助演陣も個性的で、それぞれ登場してくるだけでおもしろい。めいなCo.のビートの利いた音楽も妙味である。(的田也寸志)


林海象監督作品映画一覧:『遥かな時代の階段を』1995年(「私立探偵 濱マイク」シリーズ)

www.youtube.com

遥かな時代の階段を ― 私立探偵 濱マイク シリーズ 第二弾 [DVD]

遥かな時代の階段を ― 私立探偵 濱マイク シリーズ 第二弾 [DVD]

 

濱マイクシリーズ。

大人気で第二弾です。

カラーになりました。

主演は永瀬正敏。

ウッチャンナンチャンの南原、佐野史郎も続投。

私立探偵・濱マイクの活躍を描いた、林海象監督&永瀬正敏・主演のシリーズ第2弾。マイクと妹を捨てて蒸発し、今はストリッパーになっている母親のリリー(鰐淵晴子)が横浜へと戻ってきた。母親のことを憎み過剰に意識するあまり、普通の行動が取れなくなってしまっているマイク。そんな折り、事件が起きる…。
前作よりもフィルムノワール色が濃くなり、一方では親子のきずなといったセンチメンタルな要素も濃厚に描かれている。さらには戦争の傷跡といった、いつしか日本とアジアの関係をも痛感させていく設定が秀逸だ。また、日本映画界を代表する名優・岡田英次が、戦中戦後のギラギラしたテイストを巧みに醸し出す見事な名演を披露。これだけでも一見の価値がある作品である。(的田也寸志)


林海象監督作品映画一覧:『罠 THE TRAP』1996年(「私立探偵 濱マイク」シリーズ)

www.youtube.com

罠 THE TRAP ― 私立探偵 濱マイク シリーズ 第三弾 [DVD]

罠 THE TRAP ― 私立探偵 濱マイク シリーズ 第三弾 [DVD]

 

濱マイクシリーズ三部作完結編。

なんとヒロインは山口智子!

林海象監督&永瀬正敏・主演による「私立探偵濱マイク」シリーズの第3弾かつ映画版の最終作。マイクの住む横浜・黄金町で次々と美女が殺される事件が勃発する。被害者はいずれも花柄のワンピースを着せられていた。やがて遺留品からマイクの指紋が検出され、彼が犯人ではないかと疑われ始める…。
前2作とはガラリと趣を変えて、猟奇殺人をモチーフとしたサイコ・スリラー仕立てとなっており、特に後半は衝撃的内容が連続して描写されていくのが特徴だが、シリーズ全体のトーンとしてのスタイリッシュな感触は決して失われていない。ヒロインとして山口智子や夏川結衣が登場するなど、これまた前2作にはない華やかなテイストも加えられている。(的田也寸志)


林海象監督作品映画一覧:『海ほおずき The Breath』1996年

『海ほおずき The Breath』1996年 林海象

『海ほおずき The Breath』1996年 林海象
出典:https://twitter.com/naimonokb/status/1016284070190256129

海ほおずき [VHS]

海ほおずき [VHS]

 

唐十郎主演。

原田芳雄も出演。

気になるわ〜。

探偵映画ということで、大人たちのハードボイルドを描いた作品なのかな?

‘私立探偵濱マイク’シリーズの林海象監督が台湾を舞台に描いた、もう一つのミステリー探偵映画。脚本も手掛けた唐十郎をはじめ、原田芳雄など個性派俳優が出演。
-- 内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)


林海象監督作品映画一覧:『ЯOMANCE』1997年

www.youtube.com

なんと面白そうな。

劇団維新派の舞台で、劇中映画を林海象が手がけているようです。

音楽を憂歌団の木村充輝が担当し、たまの知久寿焼が声の出演というけっこう泥臭いキャスティングなのに、埋め込み動画で見る限り「ライチ光クラブ」的ゴシックな世界観なんよね。

気になるわあ。

大阪の港南特設劇場で公演された、「未来への夢映画の情熱」を謳いあげる劇団“維新派”による舞台をDVD化。蒸気の街・Cock-cityの工場で働くヒカルは、通っている映画学校の卒業制作に夢中。そこへある時、ハルチン国の捕虜・ハルハが現れて…。 


林海象監督作品映画一覧:『CAT'S EYE』1997年

www.youtube.com

CAT’S EYE [DVD]

CAT’S EYE [DVD]

 

この作品テレビで観たことあるなぁ。

学芸会みたいな感じだった記憶が…

林海象が監督してたとは知りませんでした。

アイドル映画みたいな作品って、意外と良い監督が手がけてたりすることままあるよね。

予告編みなおしてみたら暗黒舞踏みたいな人たちが出てて(維新派かな?)、言われてみれば林海象っぽいかな…


林海象監督作品映画一覧:『ちんなねえ BORN To BE BABY』1997年

海外でも評価の高い麿赤兒と大駱駝艦の舞台『トナリは何をする人ぞ』をフィーチャーした異色のアート・ドキュメンタリー。監督は「CAT'S EYE」の林海象。撮影を同じく「CAT'S EYE」の長田勇市が担当している。タイトルの「ちんなねえ」とは、高知県の方言でおかしいねえという意味。16ミリ。

参考:ちんなねえ | 映画-Movie Walker

あら、暗黒舞踏のこと描いてたら、暗黒舞踏の超ビッグネームの麿赤児(まろあかじ)のドキュメンタリーも手がけていたようです。

YouTubeはおろかVHSにもなってない気配。

ちなみに麿赤字の息子は映画監督の大森立嗣と俳優の大森南朋だよ。


林海象監督作品映画一覧:『Lost Angels』2000年

LOST ANGELES [DVD]

LOST ANGELES [DVD]

 

『我が人生最悪の時』の林海象が、オールアメリカロケで撮り上げたロードムービー。ロックバンド‘Sunny Cruiser’のメンバーが、自分自身を演じて話題に。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより) 

Sunny Cruiserは原田芳雄の長男の原田喧太が所属していたバンド。

フェイクロードムービーという手法はおもしろそう。

ググったところ原田喧太は2007年・2008年には、京都造形芸術大学でギター講師をしていたとの情報もあり、全く知らないけど多分林海象のパイプなんだろうなあ…


林海象監督作品映画一覧:『パワーレンジャー・タイムフォース』2001年、4、5話

www.youtube.com

まさかの戦隊モノ。

まさかの海外作品。

こんな面白そうなこともしてたんですね。

見てみたい〜。

「未来戦隊タイムレンジャー」をベースに(戦闘シーンなどはそのまま転用してたハズ)、アメリカで製作された戦隊モノ実写ドラマ。

敵キャラがテレビのエアジャックしたりしてめちゃくちゃ面白そう。

英語がわからんのだ、無念…

ちなみにパワーレンジャーは主題歌を私の大好きなエリック・マーティン(Mr.BIG)が歌ってるので、林海象と全然関係ないけど掲載しときます。

www.youtube.com


林海象監督作品映画一覧:『タイムリミット』2003年 TBSドラマ

タイムリミット [DVD]

タイムリミット [DVD]

 

2003年6月25日の21:00-22:54にTBSで放送された単発のテレビドラマ。

主演は竹野内豊。

メインキャストはいしだあゆみ、京野ことみ、北村一輝、火野正平、千石規子、麻生祐未、原田芳雄、佐野四郎、石橋蓮司、緒方拳。

中年俳優陣の豪華さが半端ない。

あと佐野史郎やっぱり出てる。

アマゾンレビューには

  • 花火・落語など随所に日本的な情緒がある
  • 映画みたいだった

というような記述があり(引用禁止なので要約)、この豪華メンバーで林海象が林海象っぽい世界観の作品作ってるとしたら最高だろうなあ。

金庫に閉じ込められ、連続爆破事件の容疑者として逮捕された水沢(竹野内豊)は、ベテラン刑事・加山(緒形拳)が護送の途中、ホテルの爆破事件に巻き込まれる。ホテルで行われているパーティには加山の妻と娘も出席している。爆弾犯人の狙いは何なのか。事件が進むにつれ、忘れ去られていた昔の事件が浮かび上がる。爆発までの時間は24時間! 水沢はこの時限爆弾を解除できるのはじぶんしかない」と主張するが……。
竹野内豊主演、『我が人生最悪の時』ほか探偵濱マイクシリーズでおなじみの林海象が監督を手がけた2時間ドラマ。林海象が初めてTVドラマを手がけたとあって、注目された作品だ。ナイーブな役柄の多い竹野内だが、本作では緒形拳演じるベテラン刑事と極限状態の中で心を通じさせる爆弾犯を演じて男気を見せ、ウエットだがハードボイルドという竹野内の新たな魅力を引き出した。原田芳雄、北村一輝、石橋蓮司、佐野史郎などキャスティングは豪華そのもの。先が見えないストーリー展開で一気にラストまで引っ張っていってくれる。林海象らしい映画的な映像も見どころのひとつ。(茂木直美)


『探偵事務所5〜5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語〜』2005年〜

www.youtube.com

探偵事務所5”~5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語~スペシャルBOX [DVD]

探偵事務所5”~5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語~スペシャルBOX [DVD]

 

劇場版3作、ネットドラマ50話からなる、超大作。

特設ホームページがあるので、チェックしてください。

キャストもとても豪華。

もちろん佐野史郎出てます。

www.tantei5.com

 

林海象監督作品映画一覧:『生きがい(仮)』2006年 ウェブドラマ

It's your CHOICE! ~選挙に行かないキミたちのために、5人の映画監督がメガホンを
取った。

製作:総務省・(財)明るい選挙推進協会

It's your CHOICE!とは、若者に向けた選挙について考えるキャンペーンです。5人の映画監督が5つのオムニバス映画を制作しました。

特設ホームページも削除されていて、地方自治体のPDFデータで文字のみ拾えました。

幻の作品ですね。

情報がネットにほぼなく、佐野史郎が出てるかどうかさえ確認できない…


林海象監督作品映画一覧:『夕陽ヶ丘の探偵団』2007年

NHK教育テレビで年末三日連続放映された少年向けテレビドラマ。1話と最終話を手がけた。

www6.nhk.or.jp

少年探偵団ものです。

おもしろそうだけど、ソフト化されてないみたい。

NHKのサイトにあらすじが記載されています。

引用不可だったので、気になる方は直接ご確認ください。

佐野史郎やっぱり出てる。

第二次世界大戦時中に結成された、夕陽ヶ丘町の小学生探偵団組織「夕陽ヶ丘の探偵団」。以前は警察も頼りにするほどの実績を残していたが、活動範囲も人数も年々減少の一途を辿っていた。ある日、少女・小百合が、町内会の雑用係と化していた少年探偵団の元を訪れる。小百合は「亡くなった祖母との交換日記帳を探し出して欲しい」と依頼。メンバーは日記帳の行方を探すうちに、真夜中の夕陽ヶ丘に響き渡る不思議なメロディに誘われて、うつろな顔で行進する子供達を目撃する。そして行進を横目に現れた不気味な男・サブマリン博士。探偵団は無事に日記帳を発見できるのか!? そしてサブマリン博士は一体何者なのか?


林海象監督作品映画一覧:『THE CODE/暗号』2009年

www.youtube.com

「探偵事務所5〜5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語〜」の続編。

主演は尾上菊之助。

ヒロインは稲森いずみ。

松方弘樹と宍戸錠というスターが脇をかためる。

もちろん佐野史郎も出てる。


林海象監督作品映画一覧:『彌勒 MIROKU』2013年

www.youtube.com

彌勒 MIROKU [DVD]

彌勒 MIROKU [DVD]

 

参考:彌勒 MIROKU 公式サイト

参考:彌勒 MIROKU : 作品情報 - 映画.com

大正から昭和にかけて数々の作品を発表した作家・稲垣足穂の自伝的小説「弥勒」を、「私立探偵濱マイク」の林海象監督と永瀬正敏主演で映画化。友人たちに触発されて小説を書き始め、文学に夢を抱いた少年時代から10数年、江美留は酒に溺れる売れない極貧作家として堕落した生活を送っていた。そんなある日、江美留の部屋の窓ガラスに鬼の姿が映り、鬼は江美留に「お前が目指す人間とは何か」と問いかける。永瀬、佐野史郎、井浦新らプロのキャスト、スタッフのほか、林監督が教授を務める京都造形芸術大学芸術学部映画学科の学生90人が参加し、各担当部門のプロとともに作り上げた。

これも少年探偵団ものなのかな?(ポーの一族が原作の映画「1999年の夏休み」と同じく少女が少年を演じている)。

こうやってあらためて、1作品1作品をたどっていくと、描きたいテーマはいつも同じで30年以上何度もなんども違う物語で、同じテーマを撮り続けているんだなあと。

ノスタルジックでアーティスティックな、モノクロの世界の探偵の物語。

映画のレビューで『懐古的カルト』と称されていたのですが、本当にそのとおりだなあと。

私は探偵ものがめちゃくちゃ好きって訳でもないんだけど、やっぱりこの監督の世界観には強く惹きつけられます。

 

林海象監督作品映画一覧:『GOOD YEAR』2015年

www.youtube.com

参考:主演・永瀬正敏 監督・林海象映像学科教授 制作スタッフ・映像学科学生らが短編映画を製作 | 東北芸術工科大学 TUAD「想像力」と「創造力」を育み、確かな「就業力」へ

『彌勒 MIROKU』は京都造形芸術大学の学生と作った作品。

こちらの『GOOD YEAR』は東北芸術工科大学映像学科と作った作品。

 

林海象監督作品映画一覧:『VOLT』??年(撮影2016年)

www.youtube.com

cinefil.tokyo

上映されてるのかわからなかったんですが、撮影はされているのが「VOLT」。

2016年に高松市美術館で開催されたヤノベケンジ展の大型展示物をセットとして、短編映画を撮影したようです。

しかも公開撮影ですって。

おもしろいことしてるなあ。

www.youtube.com

 

林海象原作作品:『アジアンビート』シリーズ 1991〜1993年

アジアン・ビート アイ・ラブ・ニッポン : 作品情報 - 映画.com

国際都市TOKYOを舞台に、日本人青年の愛と反抗を描くサスペンス・アクション。日本、台湾、シンガポール、タイ、マレーシア、香港のアジア六カ国の若手監督たちが連作する多国籍ムービー、「アジアンビート」シリーズ第一弾。監督は、これが長編デビューとなる天願大介。出演は永瀬正敏、ルビー・モレノほか。

  • 『アジアンビート アイ・ラブ・ニッポン』1991年
  • 『アジアンビート2 シンガポール篇 ラブ・フロム・テマセク』1991年
  • 『アジアンビート3 タイ篇 パウダー・ロード』(『ソルジャー・イン・タイランド』の別題あり)1991年
  • 『アジアンビート4 マレーシア篇 サンライズ・イン・カンポン』1993年
  • 『アジアンビート5 台湾篇 シャドー・オブ・ノクターン』1993年
  • 『アジアンビート6 香港篇 オータム・ムーン』1993年

 

その他林海象のプロデュース作品などは下記サイト参照

movie.walkerplus.com

 

関連記事

www.teinai.work