ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

護国寺散策&重要化財「月光殿」特別拝観

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

モニプラで、株式会社セブンカルチャーネットワークの体験講座【重要化財「月光殿」特別拝観&護国寺を巡る歴史散策】に当選し、11月2日に秋晴れの空の下護国寺を散策してきました。

 

護国寺散策&重要化財「月光殿」特別拝観

 

 

文京区にある真言宗の大本山「護国寺」の歴史探訪

江戸文化研究家の安原眞琴先生を講師に迎え、40分間お話を伺いながら、護国寺の本堂からぐるりとめぐり、その後「月光殿」を特別拝観してきました。

「護国寺」は、江戸時代(天和元年 1681年)に、徳川綱吉が母親の桂昌院のために建立したお寺。

境内のあちこちに、仏様がいたり、「音羽富士」でバーチャル富士登山ができたり、まるでテーマパーク。

昔の人たちがお参りに来て、さまざまに楽しんだ様子を思い巡らせることができました。

 

護国寺散策&重要化財「月光殿」特別拝観

 

護国寺の広大な本堂には開運の柱

東京23区のど真ん中にあるとは思えない、広大な敷地(2万坪)に、大きな本堂(161坪)がドドーン。

本堂は御本尊はご開帳されていませんでしたが(お写真で見るとほおづえをついた仕草が美しい観音様でした)、左右に三十三身像が公開されていました。

装飾なども元禄時代の江戸文化華やかなりし頃の名残を感じさせる、ゴージャスかつデコラティブなものが多く、目で見て楽しい。

写真撮影が禁止だったのですが、本堂を支える立派な太い柱は「抱きつき柱」と呼ばれ、抱きつくと幸運が訪れるそうです。

 

もちろん、抱きついてきました〜

 

「月光殿」特別拝観

護国寺散策&重要化財「月光殿」特別拝観

 

本堂を巡ったあとは「月光殿」の特別拝観に。

「月光殿」では、セブンカルチャーネットワーク主催のお茶会が開催されていて、着物のご婦人方が多数おられました。

 

護国寺散策&重要化財「月光殿」特別拝観

 

滋賀の園城寺(三井寺)から移築された月光殿。

お殿様が座る場所は1段高くなっているのは、床の間の原型。

 

護国寺散策&重要化財「月光殿」特別拝観

 

釘隠しには軍配の装飾が施されています。

華やかな元禄文化の面影を感じさせる本堂と違い、簡素でさっぱりとした印象を持ちました。

 

狩野永徳の襖絵

そして目玉はこちら。

 

護国寺散策&重要化財「月光殿」特別拝観

 

狩野永徳の「蘭亭曲水の図」の襖絵です。

貴重な文化財を間近に見られて大感激でした。

もともとはこちらのふすまだけを護国寺に移送する予定だったのですが、最終的には建物を丸ごと滋賀からこちらに移築させています。

 

三条実美、山県有朋、大隈重信らのお墓がある

護国寺散策&重要化財「月光殿」特別拝観

 

護国寺には、三条実美、山県有朋、大隈重信のお墓がありました。

その理由は護国寺の隣には御陵(帝のお墓)があるから。

死してもなお、陛下のお側にという信念がすばらしいですよね。

 

この記事に関する関連リンクなど

 

▼護国寺のホームページ▼

www.gokokuji.or.jp

 

▼「重要化財「月光殿」特別拝観&護国寺を巡る歴史散策」は、モニプラで当選しました▼

monipla.jp

セブンカルチャーのお稽古ファンサイト参加中

 

▼外部サイト :東長寺散策もオススメ▼

sayulist.com

 

▼外部サイト :東京大神宮散策もオススメ▼

nekokick3.com

 

▼外部サイト :上杉神社(山形県)もオススメ▼

miyoshimariko.com