ていないブログ-主婦ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタクの雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

眼瞼下垂保険適用手術の手術代は?術後4ヶ月までの経過写真まとめ

ていないブログオススメ記事

眼瞼下垂により眼精疲労、頭痛、肩こりなどの症状が出ていたので2018年の7月に眼瞼下垂の手術を、保険適用で受けました

術後4ヶ月経過。

見た目の変化と、現在の状態について記述します。

また、かかった料金についても説明します。

眼瞼下垂の手術をするべきか否か悩んでいる人の参考になればいいな。

眼瞼下垂保険適用手術の手術代は?術後4ヶ月までの経過写真まとめ

 

眼瞼下垂保険適用手術を受けました。手術代は4.3万円

手術代の他に血液検査やHIV検査、術後の抜糸、1週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後などの検診があるので、6万円くらいと考えておくと良いと思います。

3割負担で4.3万円なので、整形外科で保険適用外の場合はだいたい15万円かかるという概算になります。

 

眼瞼下垂手術は整形外科?眼科?保険外でも美容整形に行くべき?

私の場合は美容整形目的ではなく、「眼精疲労」「頭痛」「肩こり」の解消を目的とした治療目的だったのですが、眼科だと見た目を重視してもらえないという噂が人づてやネット情報であったため、除外。

  • 整形外科(保険適用)
  • 美容整形(保険適用外)

のどちらかから選ぶことに。

財布の事情で整形外科を選んだのですが、美容整形外科に勤めていて、眼瞼下垂専門医として独立した医師の医院にかかりました。

医師の技術次第で仕上がりが左右されるので、女性で見た目が気になる場合は、美容整形外科をオススメします。

 

眼瞼下垂手術前から、保険適用手術直後、術後4ヶ月までの経過写真を掲載

眼瞼下垂の手術前から、術後4ヶ月(現在)までの術後経過を記録した目元写真を順を追って掲載していきます。

眼瞼下垂手術前はデフォルトで眼精疲労と頭痛に悩んでいた

眼瞼下垂手術前の状態 眼瞼下垂保険適用手術の術後4ヶ月までの経過写真|傷跡はほぼまぶたにしびれ残る

加齢と、20年近くハードコンタクトを着用してきたこともあってか、数年前から黒目にまぶたがかかりはじめていました。

向かって左側の目が開きにくく、右側も左側ほどではないものの、まぶたが下がってきている状態に。

黒目にかかり慢性的に「眼精疲労」「頭痛」が出ている状態「肩こり」もあり、眼瞼下垂とわかっているものの、手術に踏み切る勇気がなかなか出ませんでした。

 

眼瞼下垂手術直後(抜糸前)まぶたがぱんぱんに腫れる

眼瞼下垂手術直後 眼瞼下垂保険適用手術の術後4ヶ月までの経過写真|傷跡はほぼまぶたにしびれ残る

手術の詳細レポートは別記事に掲載しています。

眼瞼下垂専門医に保険適用で手術をしてもらいました。

カウンセリングをしっかりしてもらわなかったことを後悔しています。

保険適用ということはあくまで治療なので、目の形の希望などは細かく言えないのかもしれませんが、いっさい仕上がりの希望などを聞かれることはなく、手術台の上で医師がマーカーでまぶたに印をつけはじめた、メスを入れる直前に希望(ぱっちりした二重)を伝えたため、それなりの仕上がりという感じになっています。

眼瞼下垂手術は、

  • 整形外科
  • 一部の眼科
  • 美容整形外科(保険適用外)

で、手術を受けることができます。

私は元々美容整形外科出身の整形外科医師を探して、保険適用で手術を受けましたが、やはり細かい希望など、仕上がりイメージなどに希望がある場合は、「美容整形外科(保険適用外)」の方がよかったかもなというのはあります。

何度も手術することではないし、やり直すことはありませんが、もし時間を巻き戻して手術を受け直すことができるなら、私は美容整形外科で保険適用外で手術をします。

 

眼瞼下垂手術(保険適用)術後1ヶ月 縫合跡が赤い線に、縫い目がダーツのようになっていて目立つ

眼瞼下垂手術術後1ヶ月

眼瞼下垂手術術後1ヶ月

目を開けると幅の狭い二重になりました。

手術で縫い合わせたラインが赤いラインになっていて、縫い目に合わせてひだが出ています。

人によりけりだと思いますが、私の場合はかなり目立ってしまいました。

経過を診察してもらった際に、医師に「今が一番手術痕が目立つけれどここから馴染むから大丈夫」と励まされるくらい赤いラインがくっきり出てしまいました。

メガネをかけて過ごしているとわからないと思いますが、向かい合って話をしたりすると、相手が私の目元を見ているのがわかります。

「違和感を感じているんだろうなあ」と思いつつ、気づかないふりでやりすごしましたが。

 

 

眼瞼下垂手術(保険適用)術後2ヶ月 だんだん馴染んでくる

眼瞼下垂手術術後2ヶ月

眼瞼下垂手術術後2ヶ月

まぶたの腫れが取れて、目元がスッキリしました。

二重の幅がますます狭くなっています。

向かって左目は幅の狭い一重、向かって右目はほぼ一重です。

目をつぶると見える、縫い合わせのラインはだんだん薄くなってきました。

縫い目のヒダもとれ、上下がなじんでいっています。

写真で見ると左右の二重の幅や目の形が違うことが気になるかもしれませんが、人間だれしも左右非対称なので、実際に見るとそこまで違和感はありません。

 

眼瞼下垂手術(保険適用)術後3ヶ月 言わないとわからない程度に目立たなくなってきた

眼瞼下垂手術術後3ヶ月

眼瞼下垂手術術後3ヶ月

まぶたの腫れはひいてスッキリしたものの、まぶたの肉がまつげの上にのって完全に一重に。笑

目を閉じた際の写真はファンデーションが縫合部分にたまっていて汚いですが、よく見ないとわからないくらい馴染みました。

メガネをかけていたら、誰も気づかないと思います。

この手術を受けてから、眼精疲労も頭痛もピタリとなくなり、肩こりも緩和し、眼瞼下垂手術としては大成功だったと思っています。

そういう意味では大満足なのですが、

が、同じ目の切開手術をするのなら、せっかくならもっと綺麗な目の形にしてもらったら良かったなあと思ってしまいます。

まあ仕方ないさ、眼瞼下垂の症状は緩和どころか完治したしこれでいいじゃん、という気持ちと、せっかくだしどうせ影で整形って言われるんだったらもっとぱっちりさせりゃ良かったわという、心のせめぎ合いがたまに訪れます。笑

 

眼瞼下垂手術(保険適用)術後4ヶ月 見た目的にはほぼ完治だが、しびれ等が気になる

眼瞼下垂手術(保険適用)術後3ヶ月

眼瞼下垂手術(保険適用)術後3ヶ月

眼瞼下垂手術(保険適用)術後3ヶ月

見た目的にはほぼ完治と言ってもよいのではないでしょうか。

まぶたの肉が先月以上に落ちてきてますます一重に。

術後1ヶ月、2ヶ月の頃よりもまぶたが落ちてきています。

この調子だと3年とか5年でまた眼瞼下垂になりそうで怖い。

切開跡の赤みは完全に取れましたが、縫い目に合わせてダーツのようになっていた皮膚も馴染んで切開した上と下がやっとつながったなという感じ。

  • 触るとピリピリとした痛みが残っている
  • まぶたの感覚が鈍く、しびれ(無感覚ゾーン)が残っている
  • 縫合部分の皮膚がピカピカした質感でアイシャドウがそこだけ乗らない、すぐにハゲる

という3点が気になります。

ただ、手術後に会ってない友達なら、多分今の私を見ても眼瞼下垂の手術したとはわからないくらい目元の印象が元どおりです。

今のところ黒目の真ん中の一番黒い部分にまぶたはかかっていないので、視界はクリアですし、眼精疲労も頭痛も全くなしなので、とりあえずヨシとしたいと思います。

もし再び眼瞼下垂手術をすることになったら(ならないように念じてますが)、その際は美容整形外科できちんとカウンセリングしてもらうかな。

 

眼瞼下垂保険適用手術の術後4ヶ月までの経過写真まとめ

最後にまとめて見られるように写真をまとめました。

目のサイズがバラバラですが、参考にしていただければと思います。

眼瞼下垂保険適用手術の術後4ヶ月までの経過写真|傷跡はほぼまぶたにしびれ残る

眼瞼下垂保険適用手術の術後4ヶ月までの経過写真|傷跡はほぼまぶたにしびれ残る

眼瞼下垂保険適用手術の術後4ヶ月までの経過写真|傷跡はほぼまぶたにしびれ残る

眼瞼下垂保険適用手術の術後4ヶ月までの経過写真|傷跡はほぼまぶたにしびれ残る

眼瞼下垂保険適用手術の術後4ヶ月までの経過写真|傷跡はほぼまぶたにしびれ残る

眼瞼下垂保険適用手術の術後4ヶ月までの経過写真|傷跡はほぼまぶたにしびれ残る

 

眼瞼下垂関連記事

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work