ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

ミニマリストインタビュー|ユニクロGUで制服化、ワンオペ転勤妻エミさん

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

引越しが多い人は、荷物が少ない傾向があるという統計が出ています。

今回インタビューをさせていただいた、ブログ「ミニマリストな転勤妻」のエミさんは、転勤の際の引越し準備の大変さにミニマリストに目覚めました。

知り合いの少ない土地で、ワンオペ子育てをするエミさんが、捨てることで得たものとは?

洋服をGUユニクロで固定して制服化。その利点とは?

自分にとって、過不足のない暮らしがいかに快適かを学ぶヒントがたくさんつまったインタビューとなりました。

 

ブロガーエミさんインタビュー|ワンオペ転勤妻が引越しを機にミニマリストに

 

 

ワンオペ育児中の転勤妻、エミさんインタビュー!ユニクロとGUは、ミニマリストとワンオペママの味方!?

 

—自己紹介をお願いします

 

エミ:現在は東京の賃貸マンションで暮らしています。

ズボラでめんどくさがりな30代のミニマリストです

転勤族の夫と4歳長男(幼稚園年中)、2歳次男と暮らす転勤妻でもあります。

夫は仕事で多忙のため、基本的に私一人でワンオペ育児をしています。

そんな私を助けてくれているのがミニマルライフというライフスタイルでした。

ズボラでめんどくさがりだけど、不要なモノは徹底的に手放して、必要なモノは手に入れるというスタイルを確立してから、毎日が本当に楽になりました。

 

—エミさんがブログをはじめたきっかけは何でしょうか?

 

エミ:転勤妻は孤独だけどあなただけじゃないよ~ということ、ズボラでも楽な毎日を作ることができるよ~ということをたくさんの人に伝えたくて、ミニマリストな転勤妻というブログを運営しています。

 

ミニマリストになったきっかけは旦那さんの転勤

—ミニマリストになったきっかけを教えてください

 

エミ:3年前の転勤による引っ越しを機にミニマリストになろうと思いました。

当時はまだマキシマリストだったもので、モノがたくさんありすぎて引っ越し作業が全く進みませんでした。

追加で梱包用の段ボールをもらったりと、とにかくモノが多すぎて大変だったのに懲りて、少ないもので暮らしたいと思いました。

 

エミさんのミニマリスト度自己採点(5点満点)

—あなたのミニマリスト度は星いくつ?自己診断をお願いします。(星1つがソフト、星5つがハード)

 

★★★・・

(星3つ)


エミ:家族4人で暮らしている割にモノは少ないとよくママ友に言われますが、他のミニマリストの方に比べると圧倒的にモノは多いです。

(とくにおもちゃ。ワンオペ育児の私には戦友なので簡単には減らせません。)

なので星3つです。

 

今まで一番大きな断捨離は「自家用車」

4.今までに処分(断捨離)してきたものをざっと教えてください。他の家にあってあなたのお家にはないものがあれば合わせておしえてください。


エミ:洋服・食器・本・アクセサリーと一通り手放してきました。

断捨離したものの中で一番大きいのは車です。
東京に住んでいるので電車で済むし、駐車場代も車検代もガス代も浮かせることができたので本当に良かったです。

 

捨てられないものは無理に手放さなくてもいい

—逆にどうしても捨てられないものや、ついつい増えてしまうものはありますか?それは何ですか?

 

エミ:どうしても捨てられないものは子供のモノ・思い出のモノです。

けど捨てられないものを無理矢理捨てるのは、家の中のモノが減ったとしても精神的にスッキリはしないだろうから、無理に手放さなくてもいいとしています。

ついつい増えてしまうものは子供のおもちゃ。おもちゃもワンオペ育児の私にとっては心強い味方であり同士なので、良しとしています。

 

ブロガーエミさんインタビュー|ワンオペ転勤妻が引越しを機にミニマリストに

 

洋服をGUとユニクロで揃える理由とは?

—お洋服をGUとユニクロで揃えておられますが、エミさんにとってこの2ブランドの魅力は何でしょうか?


エミ:ミーハーミニマリストなのでプチプラ・流行を追えること。

 

—はい。

 

エミ:子連れでも買いに行けるお店であること。

キッズものも扱っているし、大抵店舗は広いことが多いので、やんちゃ坊主をつれて買い物に行けるのはありがたいからです。

 

—なるほど、ワンオペ育児中に、子供を連れてブティックには入りにくいですもんね。そういう意味でも、ユニクロ、GUで洋服を買うのは合理的ですね。

 

エミ:まだ小さいやんちゃな男の子が二人いるので公園に行けば私にも泥はつくし、水だってかけられる。

気づけば子供の食べてたアイスがべっとり服についていたり・・・

プチプラなので、汚されてもショックは小さくて済むし、気兼ねなく洗える。

 

—なるほど。小さいお子さんのいるお母さんは、洋服が汚れる頻度も高いんですね。そういう意味でもプチプラのユニクロ、GUが支持されてるのかぁ。勉強になります。

 

エミ:一応流行も追いかけたデザインも多いし、安くて流行を追えて一石二鳥です。

 

「1日1捨て」で累計630個以上を断捨離!

—エミさんは、「1日1捨て」に取り組んでおられますが、エミさんのルールを教えてください。

 

エミ:私の一日一捨てはゆるくて、毎日必ず何か一つ手放さなきゃいけない!!というわけではなくて、12月31日を迎えた時に365個捨てられていたらいいや~くらいに思ってやっています。

 

—今までどれくらい捨てたかわかります?

 

エミ:一日一捨てに取り組み始めたのは、去年から。去年は375個のモノを手放しました。
今年に入っても8月末時点で255個手放しているので、最低でも630個は手放しています。

 

>参考記事(2018年):【捨て活】12月に手放した48個のモノ、ご紹介します!!(目標達成*累計375個!)

 

>参考記事(2019年):【一日一捨て記録】意外と捨ててた!ミニマリストな私が8月に手放した48個のモノ、大公開します!!(累計255個) |

 

—継続のコツってありますか?

 

エミ:気張らずにやるのが継続のコツだと思います。

 

—継一日一捨てを続けて感じたメリットを教えて欲しいです。


エミ:一日一捨てのメリットは、不要なモノがないかアンテナを常に張れるようになったことです。

必要なモノを手に入れるために、不要なモノは徹底的に手放すのが私の信条なので、必要なモノを手に入れるためのスペース作りのためにも管理の手間をなくすためにも、不要なモノは気づいたらすぐに手放しています。

なのでそのアンテナがどんどん敏感になっていって、不要なモノがない状態に徐々に近づいていっているのが現状です。

 

ブロガーエミさんインタビュー|ワンオペ転勤妻が引越しを機にミニマリストに

 

子供には処分する理由をきちんと説明する

—ご家族はどんな反応をしていますか?

 

エミ:夫は特に無関心です。(ちなみに夫は今もマキシマリスト)

子供は私がモノを捨てようとすると、なんでなんで?と聞いてくるので、ちゃんと説明します。

子供たちにはミニマリストとは言わないけど、マキシマリストにはならないでほしいなと思ってます。(笑)

 

ミニマリストな転勤妻仲間のグループを作りたい

—さらにこうしていきたいという、近い未来の展望を教えてください。

 

エミ:ミニマリストな転勤妻仲間をたくさん作っていきたいと思っています。

ミニマリストと転勤妻ってめちゃくちゃ相性いいんですよ。

モノを必要最低限にしておけば、いつ辞令が言い渡されてもいいし。

 

—わかります。私も2年前にだんないの転勤がきっかけで、持ってたものが半分くらいになりました。

 

エミ:転勤妻の何が嫌って、引っ越し作業はたいてい妻の作業になるからです。

送別会やら引きつぎやらで夫は忙しくてなかなか作業できないから。

それに転勤妻に孤独はつきもの。

一緒にミニマリストを目指して、転勤妻の孤独を埋めるグループやサークルのようなのをいつか運営できたらいいなと思っています。

 

—いいですね。ミニマリストブログの運営やSNSでの活動が発展していく形ですね。

 

ミニマリズムは手軽に始められる自己啓発

—あなたにとってミニマリスト、ミニマリズムの魅力は何ですか?

 

エミ:私にとって本当に大切なモノは何かを教えてくれる、とっても手軽に始められる自己啓発だと思います。

 

—なるほど。すごくわかりやすい。

 

エミ:自分に何が大切でそうじゃないのか、必要か不要かを知ることで、これまでできなかったことができるようになったり、挑戦してみようと意欲も湧いてきたり。

ミニマリズムは奥が深いです。

モノを捨てるだけでは人生変わらないかもしれないけど、自分なりのミニマリズムを持つことで人生を変えられるくらいのきっかけは作れると思います。

 

—うんうん。減らしてみないとわからないかもしれませんが、持ち物を減らすだけで、生活そのものが変わりますよね。生活が変わればおのずと、その後の人生も変わるし。

 

エミ:私の場合は、私なりのミニマリズムを基準にモノを減らして、家事を合理化したり、時短化したりして、家事や育児の合間にブログを書くことで収益を得られるようになりました。(微々たるものだけどね)

モノが多くミニマリストじゃなきゃそんなこと到底できなかったです、私の場合は。

それくらいミニマリスト・ミニマリズムは魅力あるライフスタイルだと思います。

 

影響を受けたブロガーはおふみさん、みうさん、メグさん

—エミさんが影響を受けたミニマリストさんっておられますか?

 

エミ:ミニマリスト日和のおふみさん、ヨガとシンプルライフのみうさん、ミニマリストは世界を変えるのメグさん。

このお三方は私がブログを始める前から拝読していたブロガーさんたちで、ブログを始めてからもめちゃめちゃ参考にさせてもらっています。

 

—どなたも、人気ミニマリスト、シンプリストブロガーさんですね。

 

エミ:おふみさんはミニマリストとしてとても参考になるし、たくさんの共感ができるのでブログも本も読み進めやすいです。

モノの手放し方も無理にではなく、自分のペースでいいんだと思わせてくれたモノの手放し方の私の先生です。

 

ミニマリスト日和

ミニマリスト日和

 

 >参考記事書籍「ミニマリスト日和」読書感想とちょこっとネタバレ 

 

エミ:みうさんは、シンプルライフは心とものすごく繋がっていることを教えてくれます。

丁寧でふんわりとしたみうさんの空気にあこがれて、心がすさんだ時にみうさんのブログに何度も助けてもらっています。

 

ヨガとシンプルライフ (正しく暮らすシリーズ)

ヨガとシンプルライフ (正しく暮らすシリーズ)

 

 

エミ:めぐさんは私がミニマリストになるきっかけをくれた人で私の師匠です。私服の制服化もめぐさんを参考に始めさせてもらいました。

 

ミニマリスト、エミさんが自分で選ぶオススメ記事3選

>1記事目:捨て活】一日一捨てを続けて2ヶ月の私と暮らしに現れた3つの変化。

entamlife.com


一日一捨てを始めたばかりのころの記事ですが、2か月続けただけでかなりの効果がありました。

継続は力なりを実感できたし、続けることで自分も暮らしも少しずつではあるけど確実に変わっていけるのを体感しました。

これから一日一捨てを取り組もうとされている方に読んでほしい記事です。

 

>2記事目:【捨て活】モノを減らしたら私の中から減ったこと。

entamlife.com


モノを手放し続けてきた私自身の変化についての記事です。

モノを手放すことは自分を変えるきっかけになることを証明できたなと思って書きました。

 

>3記事目:【ミニマリストの着回し】私服の制服化はあなたの未来の『保険』になってくれます。

entamlife.com


私服の制服化はたくさんの人に薦めたいツールの一つなんです。

私は私服の制服化のおかげで、人生変わったといってもおかしくないくらい。

時短だし、節約できるし、常にお気に入りのコーデでいられるし、もう最高です!!

そんな私服の制服化について熱弁した記事です。

 

エミさんのブログ「ミニマリストな転勤妻」 

モノを減らして、毎日をもっともっとシンプルにしたいミニマリストで、転勤族の夫と4歳(年中)、2歳(未就園児)の息子をもつ転勤妻エミさんのブログ。

ミニマリストについてだけでなく、ファッション・子育て・暮らし・お出かけなどの記事が掲載されています。

 

entamlife.com