ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

Twitter&ブログ連動企画「#好きな映画ベスト3」無事終了「ランキングベスト3」を発表〜

にほんブログ村 にほんブログ村へにほんブログ村のランキングに参加しています。
ただいま「ミニマリスト」ランキング50位前後をうろうろ。 
みなさんの応援クリックで押し上げてください〜〜。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 インテリアブログ 部屋づくりへ にほんブログ村 インテリアブログ 狭い部屋インテリアへ

カラーひよこ(@colorhiyokoma)さんとの合同企画、「#好きな映画ベスト3」大盛況で無事終了しました。

なんと全部で68人もの方が参加してくださいました〜〜。

 

みなでわいわい映画談義をして、

仲の良い人が好きな映画を教えてもらえたり、

趣味の合う人同士が繋がるお手伝いができたり、

企画参加してくださることで知り合えたフォロワーさんがいたりと、

とても楽しい企画となりました。

 

たくさんのご参加に感謝です!本当にありがとうございました。

 

なんと、ほしにゃー(@Karen10910)さんが「#好きな映画ベスト3」タグに投稿されていた映画を集計してくだささいました。

大感謝!

ということでこの記事では、「#好きな映画ベスト3」の「ランキングベスト3」を発表します〜〜。

 

 

「#好きな映画ベスト3」の「ランキングベスト3」

 

 

「#好きな映画ベスト3」第3位「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ

www.youtube.com

 

Amazonプライムビデオななら三部作全部無料/


お試し30日間無料

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」あらすじ

1985年のカリフォルニア州ヒルバレーに住む高校生マーティ・マクフライは、科学者の親友エメット・ブラウン博士(通称ドク)が開発したタイムマシン「デロリアン」に乗って30年前の1955年にタイムスリップする。

そこで、父ジョージと、母ロレインと知り合い、なんと母はマーティに恋をしてしまうのだった。

マーティは現在に戻るために1955年の1955年のドクに助けを求めて…

 

過去の歴史に干渉して未来が変わってしまうスリルや、タイムパラドクスの面白さを楽しめる、痛快ワクワクSFコメディです。

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズ概要キーワード

  • 1985年のアメリカ映画
  • SF映画
  • 三部作
  • 監督脚本: ロバート・ゼメキス
  • 製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ
  • 主演:マイケル・J・フォックス

 

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の好きなシーン

www.youtube.com

 

1985年のロック好きな高校生マーティが、1955年のアメリカのプロムでバンド演奏をするシーンがなんといっても大好き。

チャック・ベリーの「ジョニー.B.グッド」を演奏するんですが、この曲がリリースされ大ヒットしたのは1958年。

つまり、時代を先取りしちゃってるんです。

プロムに来た若者たちにも大ウケ。

バックバンドもニコニコ。

司会の男性はいとこのチャックに電話をかけて「新しい音楽を見つけた」と電話ごしにマーティの演奏を聴かせるのです。

新しいサウンドを探してるチャックってもしかして…

チャック・ベリーの「ジョニー.B.グッド」を世界で最初に演奏したのはもしかして、未来から来たマーティ?

っていうタイムパラドクスがここでも登場しています。

この後マーティは調子にのってギターソロを弾きます。

  • 1960年代にヒットした「ベンチャーズ」のテケテケ奏法
  • 1960年代半ばに大人気となったザ・フーのギタリスト、ピート・タウンゼントばりに手をぐるぐるさせる風車大回転奏法
  • 1980年代のギタリスト、エディ・ヴァンヘイレンのライトハンド奏法
  • 1960年代後半から70年代に活躍したジミ・ヘンドリクスばりに背中でギターを弾く
  • 1980年代のヘビーメタルばりにアンプ前でギターの音をフィードバックさせたり、寝転がって弾いて強烈なチョーキング

など、未来のギターの流行をつぎつぎに披露し、最終的にはアンプを蹴倒し、みんなは眉をひそめてバンド演奏は終了。

 

(未来の人から見たら)理解できないギターソロを弾きまくったおかげで、未来はかわらなかった!

 

私は1950年代のアメリカの音楽やカルチャー、ファッションが大好きなのですが、小学校の頃に金曜ロードショーとかでみたこの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の影響も大きいよなあと振り返ってみてしみじみ感じます。

 

「#好きな映画ベスト3」第1位「プラダを着た悪魔」 

Huluなら「プラダを着た悪魔」が無料/

www.youtube.com

Hulu
お試し2週間無料

 

「プラダを着た悪魔」あらすじ

ジャーナリストを目指すために田舎からニューヨークにやってきた主人公アンドレアは、ファッション雑誌「ランウェイ」で鬼編集長と名高いミランダのアシスタントとして働くことに。

本来の目的であるジャーナリストになるために、「ランウェイ」の仕事を続ける過程で、田舎くさかったアンドレアがどんどん洗練されていく、女性の夢と憧れを体現した、ワーキングサクセスムービー。

 

「プラダを着た悪魔」概要キーワード

  • 2006年公開
  • ファッション雑誌「ランウェイ」の編集室が舞台
  • 圧倒的女性人気
  • 衣装はプラダ
  • 編集長役はメリル・ストリープ
  • 主役はアン・ハサウェイ
  • スタイリストを「セックス・アンド・ザ・シティ」のパトリシア・フィールドが手がける

 

私は「プラダを着た悪魔」よりも「アグリー・ベティ」派

2年ほど前まで私は某大手レンタル店で働いていたのですが、「プラダを着た悪魔」めっちゃレンタルまわる!

しかも、女性ばかり。

本当に働く女性にとって、自分を鼓舞することができる、夢と憧れと、共感が詰まった映画なのだと思います。

 

www.youtube.com

 

ピンヒールを履きこなして、素敵なファッションでニューヨークを闊歩して、もりもり働く…

 

私は生まれた時からブスで、お調子者タイプ。

母親から、お化粧やおしゃれをすることを「やらしい」「色気付いた」と否定されて育ったので、メイクどころかスカートを着ることすら恥ずかしいと思って育ってきました。

 

なので「プラダを着た悪魔」は、憧れるけど遠すぎて…

 

そんな私にとっての「プラダを着た悪魔」にあたる作品が「アグリーベティ」です。

 

「プラダを着た悪魔」と同じくファッション誌の編集長のアシスタントになるベティーが奮闘するお話。

しかも主題歌まで同じっ!

 

ただし… 

 

www.youtube.com

 

ベティがブスなんです。

もうね、共感しまくりでやばい。

しかも最終的に若くてハンサムな男性編集長とくっつくんすわ。

シーズン4まであって、基本ドタバタのコメディードラマなので、こちらはファミリーで見ても楽しめると思います。

 

私が赤いメガネをしているのは、実はベティへのオマージュなのです。

 

ちなみに「アグリー・ベティ」もHuluで無料視聴できます。

「プラダを着た悪魔」を見たついででいいのでぜひぜひ〜。

 

「#好きな映画ベスト3」第1位「ショーシャンクの空に」 

Huluなら「ショーシャンクの空に」が無料/ 

 

www.youtube.com

Hulu
お試し2週間無料

 

 「ショーシャンクの空に」あらすじ

1947年、銀行員のアンディーは無実の罪でショーシャンク刑務所で服役することに。

最初は孤立していたアンディーですが、「調達屋」のレッドたちと交流を持つようになり、鉱物採集用のロックハンマーを入手します。

以前銀行員だったことから、ノートン所長とハドリー主任刑務官の裏金管理をするようになっていきます。

アンディーの無実を証明するトミーが入獄するが、アンディーを刑務所から出したくない所長とハドリーはトミーを射殺してしまう。

ある日アンディーは忽然と姿を消します。

なんと、20年前に手に入れたロックハンマーで壁に穴を掘り脱獄したのでした。

脱獄後アンディーは、所長とハドリーの罪を告発し、裏金を手に入れて、メキシコに逃れました。

ってか全部書いちゃった。

服役する囚人達との人間模様を描く、名作。

 

「ショーシャンクの空に」概要キーワード

  • 1994年公開
  • ヒューマンドラマ
  • 主演はティム・ロビンス
  • 準主役にはモーガン・フリーマン
  • 原作はスティーブン・キング
  • 刑務所の中の話
  • 1995年のキネマ旬報ベストワン獲得

 

「ショーシャンクの空に」 は実は興行収益もたいしたことなくて、アカデミー賞もとってない作品なんだけど、日本人はめっちゃ好き

Wikipediaをみると「ショーシャンクの空に」は

  • 興行的には成功したとはいえない
  • 第67回アカデミー賞で7部門にノミネートされた受賞には至らなかった作品

ということがわかります。

でも日本人は、めっちゃこの作品好きですよね。

 

基本的に刑務所の中の話なので、出てくるの全部男。

おっさんだらけ。

しかも刑務所という閉鎖空間を取り仕切る上役の2人が悪人。

受刑者の中には、主人公のアンディーのお尻を狙ってくる奴とかもいて油断ならない。

 

そんな中で、アンディーとレッド、仲間たちとの友情や信頼に心が温まるんですよね。

アンディーが州議会に手紙を送って、図書館に予算がおりてどんどん素敵になっていき、無味乾燥だった刑務所の生活で、囚人達が学ぶ楽しさを得ていくというくだりや、読み書きの出来ないトミーに文字を教えるシーンなど、学ぶことの楽しさを改めて教えてくれるし。

そして最後の、アンディーの脱獄!

雨の中裸で逃げ果せたアンディーの姿に胸がスカッとするんです。

 

ああ、また観たくなってきた〜。

 

「#好きな映画ベスト3」参加者一覧

Twitterは企画ツイートとハッシュタグへリンクしておきます。

リプをたどったり、ハッシュタグをチェックして、趣味のあうアカウントをフォローしてみては?

他の人たちがどんな映画をランキングしているのかを見るだけでも楽しいと思います。

 

 

> Twitterハッシュタグ「#好きな映画ベスト3」はこちら

 

「#好きな映画ベスト3」参加ブログ

ブログで企画に参加していただいた方はこちら。

全て記事にリンクしていますので、ぜひ遊びに行ってみてください〜

 

 

本当にたくさんのご参加ありがとうございました。どこかで「#好きな映画ベスト3」気になった映画を紹介していければと思っています。

 

一緒に主催してくれたカラーひよこ(@colorhiyokoma)さん、集計をしてくれたほしにゃー(@Karen10910)さんにも大感謝です。