ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

断捨離のYouTube全面使用禁止は法的根拠なし!商標権の過剰行使にNO

「断捨離」を商標登録したやましたひでこが、法的根拠も示さず、YouTubeの動画内での動画使用を全面禁止

「断捨離」の商標権を持つやましたひでこさんが、YouTubeで広告入り、なし、すべての動画において「断捨離」という言葉の使用禁止を主張していることがわかりました。

商標権に言葉を禁止する権利はあるのかについてこの記事では論じていきます。

また、やましたひでこさんの「断捨離」商標権の商標登録使用義務違反の可能性についてや、もしやましたひでこさんから「断捨離」使用差し止めの連絡が来たらどうしたら良いかについても書いています。

 

商標権さえ持っていたらやましたひでこさんは人が「断捨離」という言葉を使うことを禁止することができるのデスか!?

 

そんなわけないよ。
商標権に人の話し言葉を禁止する権利なんてありません。

 

そんなことできたら、YouTubeで「無印良品」の話も「ビッグマック」の話も「ミニマリスト」の話もできなくなるニャー。
ここはおかしいって声をあげていかないと言葉狩り(言論弾圧)になるニャー。

 

※ご注意ください

やましたひでこさんは「断捨離」の商標権を持っていたとしても、YouTubeやブログで「断捨離」という文言を使用することを制限することはできません。

「断捨離」という造語を作ったやましたひでこさんの持つ権利だと勘違いしておられる方もおられますが、商標権に言葉を禁止する権利はありません

やましたひでこさんは商標権以上の権利を法的根拠なく(しかも法的根拠があるように見せかけて)行使しています。

しかも「断捨離」はやましたひでこさんの造語ではありません(1976年には既に存在)。

 

この記事では、やましたひでこさんが「断捨離」という言葉をYouTubeで全面禁止したメールの内容を紹介します。

 

「断捨離」のYouTube全面使用禁止は、商標権の持つ権利なのか?(動画・画像あり)

 

 

経営科学出版「断捨離.com」によるYouTubeでの「断捨離」の一切を禁止するメールがコレ

とユーチューバーさんのHOT CHIKOさんが、やましたひでこさんのホームページ「断捨離.COM」宛にメールで

収益の発生していないYouTubeチャンネルでも「断捨離」を使用することは違法なのか?

という旨の質問をしたところ、「断捨離」の商標権をもつやましたひでこさんのホームページから解答が来たという動画をアップされていました。

 

やましたひでこホームページ「断捨離.com」への質問内容(動画あり)

 

 

▼質問メール該当部分▼

 

「断捨離.com」への経営科学出版からの回答(動画あり) 

 

 

お気づきでしょうか?

このやましたひでこさんサイドからの返事の中にましたひでこ本人及びやましたひでこ公認断捨離トレーナーだけが「断捨離」をYouTube内で使用できる法的根拠がいっさい示されていません

 

"断捨離のご使用はお控えくださいませ。"というニュアンスがなんとも。

 

禁止したわけじゃないという逃げ道を作っているのかニャ?この返事が届いたら禁止と捉えかねないニャ。

 

HOT CHIKOさんさんは違法かどうか質問しているにも関わらず、法的根拠は書かずに禁止してるデス。

 

だって、YouTubeで「断捨離」っていう言葉を使うのは違法じゃないからね。笑

 

ただ、HOT CHIKOさんはこの手紙を読み上げた後に「私は、収益が発生していないものも「断捨離」という言葉を使ってはいけないのだという認識をいたしました。」とおっしゃっているんですよね。

 

「断捨離」という言葉を禁止されたという印象を誤認誘導させていると感じる人も出てくるのでは?

 

ということで、「断捨離」の商標権を持つやましたひでこさん(少なくともやましたひでこさんのホームページ断捨離.comを運営する経営科学出版は)の主張は、YouTubeで「断捨離」を情報発信するのはやましたひでこ本人及びやましたひでこ公認断捨離トレーナーだけということがわかりました。

 

こちらがやましたひでこさんの公式サイト「断捨離.COM」からのメールのスクリーンショット画像です。

 

「断捨離」のYouTube全面使用禁止は、商標権の持つ権利なのか?(動画あり)

※匿名の方から掲載許可をいただいた画像です。検証のために引用させていただきました。

 

同じ文面ニャね。

 

「断捨離」のYouTube全面使用禁止はやましたひでこさんが持つ商標権の持つ権利なのか?

以下の文言について考えてみたいと思います。

 

断捨離を使用しての情報発信は、やましたひでこ本人及びやましたひでこ公認断捨離トレーナーだけでございます。

 

「断捨離」っていう言葉はすでに、テレビやメディアでも広く使われて辞書(知恵蔵)にも掲載されて、生活ですでに普通名詞として使われているニャ!

 

商標権を保持しているやましたひでこさんは、「断捨離」という言葉を自分が望む人(やましたひでこ公認断捨離トレーナー)だけに使用を許諾し、他の数多くの人から取り上げる権利を持っているんデスか?

 

はっきり申し上げます!

商標は言葉を独占できる権利ではありません。

やましたひでこさんの提唱する「断捨離」と誤認をひきおこすような内容で「断捨離」を商標的に使用しないかぎり商標権違反にはなりません。

ブログやYouTubeで広告収益を受けていても「断捨離」という言葉を使用しても問題ありません。

つまりはやましたひでこさんは「断捨離」という言葉を独占する権利はありません

 

ブロガーやユーチューバーで「断捨離」の文字を使って良いのかどうか悩んでいる人は、弁理士資格を持つ福田ちはるさんのブログをチェックしてみてください〜。

 

 

▼福田ちはるさんのブログより引用▼

ここで言う「使用」ですが、既に述べたように、商標登録された用語を「会話の中で使う」「ブログ記事の中で使う」といった使い方は商標的仕様でないので何の問題もありません。
そもそも商標と言うものは「言葉の使用を独占する」ものではありません。(出典:https://ipmainly.com/danshari/

 

なかむらしょうじ弁理士のブログもわかりやすいです。

 

YouTubeやブログで「断捨離」という言葉を記載する行為が「誰の商品やサービスかを区別・識別するための目印」として使われていなければ、問題ない行為なのです。(出典:https://brand-on-marks.com/post/1021

 

「断捨離」という言葉の使用禁止は、「断捨離」を考えたやましたひでこさんが持つ当然の権利であるというようなことを思っている方もおられますが、それは違うニャー。

  

もしみんながやましたひでこさんが「商標権」を持ってるから仕方ないと諦めて、YouTubeから「断捨離」という言葉を使った動画を削除したらどうなるデスか?

 

わからない。
私にわかることは、「断捨離」という普通名詞にまで広がった言葉を「やましたひでこさん本人」と「やましたひでこさんが許可した人」以外に使わせないようにすることが、やましたひでこさんが望む正しい「断捨離」の姿だということだけだよ。

 

 

やましたひでこが「断捨離」商標登録使用義務違反の可能性!独占行為か?

もともと商標登録というのは、使用するカテゴリーのみに適用されるものなんです。

言葉を禁止する権利はさきほどのべたようにありません。

使ってもいないのに言葉を独占するためだけに商標登録をするのは禁止されています。

 

山下さんの場合は

  • ブログ
  • メルマガ
  • 書籍
  • DVD
  • 講演会

などは実際に商標として使用されていると思いますが、めちゃくちゃ商標登録しまくっています。

  • 生理用ナプキン
  • 電気洗濯機
  • ごみ焼却炉
  • 化粧用具
  • おもちゃ,人形
  • 乳製品
  • 茶,コーヒー,ココア,菓子,パン,サンドイッチ,
  • 食用魚介類

など、まだまだありますね。

とにかく使用実績を存じ上げない商標登録をとりまくっています。

それを踏まえた上で下記の弁理士さんたちのツイートを読んでみてください。

 

 ▼わかりやすい商標権についてのマンガ by大樹七海さん▼

※このマンガは「断捨離」じゃなくて「断チャリ」のことについて書いています

 

商標登録は使用するものしか取得できないんだけど、やましたひでこさんは「断捨離」の商標権を、メトロノームから生理ナプキンまで取得してるんだよ。

 

へえ〜不使用取消審判にかけたらどうなるのかニャ〜?

 

詳しく知りたい方は、山田龍也弁理士のブログへどうぞデス。

 

 

 ▼山田龍也弁理士のブログより引用▼

仮に、やましたさんがこれらの商品・サービスについて登録商標「断捨離」を使っていないとしましょう。
その場合、商標登録第5909022号の商標権は、単に他人に「断捨離」を使わせないことのみを目的として取得された商標権と言わざるを得ません。(出典:https://yamadatatsuya.com/archives/7035

 

もし「断捨離」商標権を持つやましたひでこさんから警告メールがきたらどうしたらいいの!?

たくさんの方が「断捨離」という文字を使ったブログやYouTubeを削除しました。

謝罪動画まで出回る始末。

みな思ったはずです。

「弁護士が連絡してくるからには、やましたひでこさんの主張は正しいに違いない。商標権には言葉を禁止する権利があるんだ!」

 

いや、ないですから〜!

 

法的には問題なくてもトラブルはごめんだ。ややこしいことに巻き込まれたくないからもう「断捨離は使わない」

 

そう考えられる方もおられると思います。

もちろん自由です。

ただ、今まで使ってきた「断捨離」という言葉を皆がひっこめ、「断捨離」という言葉を独占することこそ、やましたひでこさんの望むことなのかもしれません。

 

「断捨離」を使い続けてきて、もしやましたひでこから警告がきたらどうしたらいいの?

 

と不安だと思うので、そんな方は1級知的財産管理技能士の友利昴さんのブログを読んでください。

 

 

▼友利昴さんのブログより引用▼

結論から言うと、この指摘、要求には法的妥当性が低いと考えられます。相手方の個別具体的な使用態様にはよるものの、全体的な主張としては、これで本当に法的措置に耐えられるとは思えない。警告テクニック上の常套手段であるブラッフィング(ハッタリ)でしかないと思われます。(出典:https://subarutomori.hatenablog.com/entry/2019/06/23/170900

 

「断捨離」の商標権を持つやましたひでこさんに疑問に思うことを質問してみよう

やましたひでこさん(経営科学出版)からのメールの返信に感じた疑問点や、今回の断捨離騒動に関する疑問点について、私が憶測で記事にするのはフェアじゃないので、やましたひでこさんのホームページと、やましたひでこさんのBS朝日のテレビ番組「ウチ、“断捨離”しました! 」宛に質問状を出すことにしました〜。

 

気になることいっぱいだニャー

 

恐れいりますが断捨離のご使用はお控えくださいませ。 

 

なぜ使用を控えないといけないのか根拠が書いてないデス。

 

断捨離を使用しての情報発信は、やましたひでこ本人及びやましたひでこ公認断捨離トレーナーだけでございます。

 

この一文についても希望が書かれているだけで、根拠が明記されてないね。

 

 他にもいっぱい気になることがあるので、やましたひでこさんのホームページと、やましたひでこさんのBS朝日のテレビ番組「ウチ、“断捨離”しました! 」宛に質問状を出しま〜す!

 

今質問状の中身を書いてます。近日中に質問をしたいと思います。

 

▼やましたひでこさんは人気ユーチューバーや人気ブロガーにも「断捨離」という文字の使用禁止を弁護士を通して通達しています▼

www.teinai.work

 

「断捨離」という言葉を人から奪う権利は「商標権」にはないデス!

 

彼らは、やましたひでこさんの「断捨離」について誤認させるような内容を書いてない、普通名詞としてゴミ捨ての意味で「断捨離」を使用しただけニャ〜!

 

たとえ広告収入があっても、ブログでもYouTubeでも「断捨離」という言葉を使うのは自由です。やましたひでこさんが持っている商標権には人から「断捨離」という言葉を奪う権利はありません!!!

 

やましたひでこさんが「断捨離」を考案したからといって、商標権を持っているから、ユーチューバーさんやブロガーさんの「断捨離」という言葉を奪うことは、法的根拠に乏しい言葉狩りだと思います。

 

「断捨離」の商標権を持つやましたひでこさんへの質問募集

こんなことも聞いて〜というのがあればツイッターかメールで教えてください。

まとめてやましたひでこさんのホームページと、やましたひでこさんのBS朝日のテレビ番組「ウチ、“断捨離”しました! 」宛に出しますよ〜。

 

twitter.com

 

メールはお問い合わせのメールフォームから

www.teinai.work

お気軽にどうぞ〜〜

 

やましたひでこ「断捨離」商標権、商標権以上の行使問題について

私は「断捨離」という言葉を素敵な言葉だと思います。

それを広めたやましたひでこさんが商標登録をするのは当然だと思いますし、商標権は守られるべきだと思います。

しかし、さも商標権の権利であるかのように、ブロガーやユーチューバーへのコンテンツ削除、また法的根拠なきいっさいの言葉の禁止、挙句すべてのユーチューバーへの「断捨離」という言葉の禁止など、権利もなく言葉狩りをしていることを広く知っていただけたらと考えています。

どうか問題提起になりますように。

ひとりひとりが声をあげるきっかけになりますように。

 

やましたひでこ「断捨離」商標登録トラブルの記事はこちら 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.workwww.teinai.work

www.teinai.work