ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

ハサミの断捨離|キッチンばさみ1つだけで暮らす|捨残撫

断捨離|ハサミはいつの間にか増えるものの代表格。家にハサミがいくつあるか把握していますか?

我が家で断捨離したもののひとつにハサミがあります。

といっても、ハサミがないと生活が不便になるので、100均で買ったキッチンばさみをひとつだけ所有しています。

 

これでとり肉も切るし、紙も切るし、布も切るし、髪も切ります。

 

ハサミの断捨離|キッチンばさみ1つだけで暮らす|捨残撫

 

 

【捨残撫(シャザム)メソッド】

私は「捨残撫(シャザム)」というお片づけを提案しています。

「捨残撫(シャザム)」は、

  • 捨:捨てるモノ
  • 残:残すモノ
  • 撫 :いつくしむ

という意味で、「大好きなモノに囲まれて心地よく暮らす」という「家に何を残すか」にスポットを当てていくお片づけのメソッド(方法)であり「お片づけ」や「ゴミ捨て」そのものも指し示すことができる言葉です。

私はゆるミニマリストを自称し、整理収納アドバイザーの資格も取得しましました。

片付けと向き合って感じたことを「捨残撫(シャザム)」のメソッドに込めています。

 

ハサミを断捨離|キッチンばさみは万能選手

我が家で断捨離しているものは「ハサミ」です。

キッチンにそっと立ててある何の変哲も無いキッチンばさみ。

 

ハサミの断捨離|キッチンばさみ1つだけで暮らす|捨残撫

 

これが我が家唯一のハサミです。

もちろんハサミがないと困るのですが、我が家で使っているのは「キッチンばさみ」だけ。

 

ハサミの断捨離|キッチンばさみ1つだけで暮らす|捨残撫

 

100円均一(多分ダイソー)で買った108円のキッチンハサミです。

100円とは思えない、切れ味の良さと、手のフィット感がある、使いやすいハサミです。

 

ハサミを断捨離|我が家唯一のハサミの使い道はいろいろ

ハサミの断捨離|キッチンばさみ1つだけで暮らす|捨残撫

 

このハサミ、キッチンバサミとして、台所でネギを切ったり、鶏胸肉を切ったりするのに使うほかに、紙を切るのも、髪を切るのも、布を切るのも、何もかもに使い回ししています。

そして使うたびに、スポンジと液体石鹸を使って、お皿やお箸を洗うみたいにして汚れを落として清潔な状態に保ちます。

 

この記事で言いたいのは、みんながハサミを断捨離したらいいということではなく、本当にあなたのお家にはそんなにハサミが何個も必要なのかな?代用できないかな?ということです。

 

大切なのは「ハサミを断捨離」することではなく「家に本当に必要なモノを残す」こと

ハサミの断捨離。

家族が多かったり、使用頻度が多い場合は必要ないと思います。

  • 子供がいたり、事務仕事があったりする人は、紙切りばさみがあったほうがいい
  • 家でセルフカットしてます〜という人は、シザーがあったほうがいい、スキばさみもあってもいいかも
  • 裁縫や手芸が趣味の人は布切りばさみやピンキングハサミが必要

その家や、その人の生活によって必要なモノっていうのは変化すると思うんです。

みんなが持っているから、ハサミは複数必要だという思い込みを捨ててみませんか?

部屋は有限です。

収納スペース以上にモノを持つと家は片付きません。

 

増えやすく減りにくいもの、それがハサミ!

家のハサミの本数を把握していますか?

ハサミは使用頻度が高く簡単に手に入るために、気軽に購入してしまいがち。

しかも切れ味が落ちても使えなくはないので、いつまでもなんとなくダラダラ所有をしつづけてしまうモノの代表格です。

 

ハサミの断捨離|キッチンばさみ1つだけで暮らす|捨残撫

 

我が家のように極端に「ハサミは1本!」とかは、我ながらミニマリストにありがちなやりすぎ感あるなあと思うのですが、「なんとなく使えるから持ってる」というハサミがあるのなら、自分の生活にとってハサミは何本必要なのか洗い出して、不必要なハサミを断捨離してみてください。

ペン立てからハサミが数本減るだけで、ぐっと取り出しやすくなり見た目もすっきりすると思います。

 

大人の2人暮らしならハサミはひとつで十分でした

我が家は2人暮らしでハサミを2人共が使う瞬間というのがほぼないんです。

鶏肉を切りながら、紙を切るっていうことがまずない。

裁縫もしますが、はずれたボタンを付けなおす程度。

布をカットして洋服を作るような大掛かりなことはしないので、布切りばさみも必要ありません。

 

ハサミの断捨離|キッチンばさみ1つだけで暮らす|捨残撫

 

ハサミは使用頻度が高く使い心地の良いキッチンばさみ1個だけを残して、他は全部断捨離。

大好きなモノを捨てる必要はないと思うんです。

大切なモノは残して一緒に暮らしたらいい。

それが、使用頻度が高くても低くても、あることであなたを幸せにしてくれるなら捨てる必要はありません。

ただ、それを所有しつづけた上で、家をスッキリさせたいのなら、別の何かを処分する必要があるということを意識してみてください。

 

大切なモノを残す代わりに、自分にとってそんなにこだわりのないものは、必要最小限にして、家の中のモノの絶対量を減らして、お気に入りのモノをいつくしんで暮らせたら、いいよね〜っていうのが捨残撫(シャザム)の考え方です。

 

おまけ:我が家の100均で買ったキッチンツールたち

ハサミの断捨離|キッチンばさみ1つだけで暮らす|捨残撫

 

結婚当初に、とりあえずで買って4年がたちました。

出会いがあるたびに、お気に入りのキチンツールに少しずつ買い替え中です。

 

ハサミの断捨離|キッチンばさみ1つだけで暮らす|捨残撫

 

捨残撫と断捨離の記事

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなので、あれこれ書いております。

www.teinai.work 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work