ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

ティムバートン版ダンボ口コミ|サーカスと遊園地の映像美は最高!脚本は微妙

ティム・バートン監督「ダンボ」はサーカスと遊園地の魅力満載!華々しさと毒々しさを詰め込んだ世界に連れて行ってくれる

2019年3月29日公開のディズニー映画「ダンボ」を鑑賞してきました。

感想としては映像の完成度は高いけれど、脚本がイマイチかなという感じ。

 

この記事では私の「ダンボ」の口コミ感想を書きます。ネタバレも含むので気をつけて!

 

ティムバートン版ダンボ口コミ|サーカスと遊園地の映像美は最高!脚本は微妙

 

 

ティム・バートン版「ダンボ」あらすじ(公式キャッチコピー&イントロダクション)

キャッチコピー:ディズニーと『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン監督が贈る新しい「ダンボ」の物語。世界中に“勇気”を運ぶ感動のファンタジー・アドベンチャー!

 

かわいい子象が大きな耳で空を飛ぶ、ディズニー・アニメーションの傑作『ダンボ』。
この不朽の名作を『チャーリーとチョコレート工場』や『アリス・イン・ワンダーランド』の鬼才ティム・バートン監督が実写映画化!これまでも個性溢れる魅力的なキャラクターの成長をファンタジックなドラマと共に描いてきたティム・バートン監督が、親子の絆と個性の素晴らしさを描き、世代を超えて愛され続ける『ダンボ』を新たな物語として描く。
愛らしい表情や仕草を見せるダンボに加えて、コリン・ファレル、エヴァ・グリーン、マイケル・キートン、ダニー・デヴィートといった豪華キャストが結集し、ダンボを取り巻く奥深い人間ドラマがさらなる感動を生む。
コンプレックスの“大きな耳”を翼に変え、「母を助けるため」大空を舞うダンボが、世界中へ“勇気”を運ぶ感動のファンタジー・アドベンチャーが幕を開ける!(公式より)

 

▼トレーラー映像▼

 

www.youtube.com

 

ティム・バートン版「ダンボ」原作との相違点

原作のアニメ版「ダンボ」では、ダンボがサーカスで飛ぶまでの物語を描いています。

原作では飛ぶことによりダンボが人気者になって、ダンボをいじめからかばうために暴れて閉じ込められていたおかあさんも解放され親子で幸せにサーカスで暮らすという設定だったのですが、実写リメイクではそうはうまくいかず…。

ティム・バートン版ダンボでは、ダンボが飛んでからが物語の本題になっています。

ダンボが飛んで話題になったことにより、小さな移動サーカルから、巨大遊園地に併設されている大きなサーカスにサーカス団ごと引き取られる形になり、はなればなれになった母親象と再開できたと思ったら、ダンボに里心を起こさせるからと殺処分することに…。

 

ダンボが飛んだことにより大団円になるどころか、ダンボが飛んだことによりダンボも母親もサーカス団員たちもみんな悪い方向に転がるという、ディズニー的じゃない展開にびびります。

 

興行収入的に大丈夫なのかな?「ダンボ」不安なすべり出し

「ダンボ」も好きだし、ティム・バートンも好きなのでかなり楽しみにしていて、公開翌日の土曜日に余すところなく映像を観るために吹き替え版をチョイス。

一番大きいスクリーン1だったのですが、15時30分という一番混む時間の上映だったにも関わらず、ガラガラ…。

予約せずに映画館に行ったのに、中央通路のセンターのペアシート(つまりは一番良い席)が取れてしまいましたよ。

 

西島秀俊の吹き替えは違和感がなくて良かったです。
堺雅人の吹き替えは半沢直樹すぎてアレだったし、ほっとしました。

 

大満足!「ダンボ」のサーカスと遊園地の世界観がティム・バートン的で最高っす

ティム・バートン版「ダンボ」は舞台設定が最高!

ティム・バートンの「チャーリーとチョコレート工場」や「アリス・イン・ワンダーランド」の映像世界が大好きなので、サーカスが舞台の予告動画を見てとても楽しみにしていたのですが、期待を裏切らない映像美でした。

 

貧乏な移動サーカスと、ハイテクで超豪華な遊園地が登場。
どちらも魅力的に描かれています。

 

映画のスクリーンには、CGをふんだんに使用したワンダーランドが画面に広がります。

ティム・バートンらしいカラフルで華々しく、そして毒々しい映像美が繰り広げられるところは、文句なしに最高!

色彩センスや、サーカスの出し物、遊園地のアトラクションや施設など、胸がときめく映像が次から次へと押し寄せます。

とにかく楽しい!そしてちょっと怖い。そんなサーカスと遊園地の、光と影を描かせたらティム・バートンは天下一品!

 

欠点は魅力になるけれど、異端者は幸せになれないっていうのがティム・バートンだなぁ

朝の情報番組を見ていると、ティム・バートンが来日し、ダンボは欠点を魅力にするところがいいみたいなこと言ってて、シザーハンズやないか!ってなりました。

 

ティム・バートンが監督した1990年の映画作品「シザーハンズ」。

発明家が生み出した手がハサミの人造人間エドワードの物語です。

彼は手がハサミなことを活かして造園をすることによって、町の人たちに受け入れられるのですが、ハサミで人を傷つけてしまい結局は1人で生きていくことになります。

そして、両手がハサミであるがゆえに愛する人を抱きしめられない。

 

ティム・バートンがダンボをエドワードと重ね合わせてみたかどうかは定かではありませんが、まさかの「シザーハンズ」と同じパターンがディズニー映画にも…

 

ダンボが空を飛ぶことによって、貧乏なサーカス団は裕福な遊園地に移籍することができ、ダンボも皆に受け入れられ…と展開するかと思いきや、遊園地のオーナーはサーカス団員を解雇し、ダンボに里心を起こさせないために母親象の殺処分をさせようとする。

特殊技能で一瞬は幸せになれると見せかけて、結局異端者は交わることはできないというティム・バートンらしい毒を子供向け映画でも振りまいております。

まあ、結局はディズニーなので大団円なんですけどね。

このシーンここまで残酷に描く必要ある?みたいなシーンも多くて、さすがティム・バートン…って感じでした。

 

脚本が散漫…主役はダンボなの?ダンボを世話する子供達なの?中途半端すぎる〜

この映画で一番残念だったのは脚本が微妙なところ。

肝心の主役がダンボなのか、ダンボとふれあう子供達なのかさえわからない散漫さ。

登場人物の悪い人も、もうちょっとチャーミングに描けたんじゃないの?

ティム・バートン作品ってキャラクターが魅力的な人ば多いのですが、「ダンボ」では全員が中途半端。

ダンボもダンボを取り巻く人間も、すべてのキャラクターが感情の動きが見えにくかった。

サーカス団員たちも最初はダンボをバカにしていたのに、最後に突然ダンボを逃がすために奮闘したりして、え?どこでサーカス団がダンボに好意的になったのかがわからない。

ダンボが奮闘する姿を観たくて映画館に行ってるのに、ダンボかわいいっ!って思いたくて映画を観てるのに、ダンボはただただ不憫で痛々しいばかりで、感情移入できなかったのが一番残念でした。

 

まとめ:ティムバートン版ダンボ口コミ

フラットにただのひとつの映画作品として鑑賞したのなら、十分面白い作品だったと思います。

特に映像が目に楽しく、映画館の大きいスクリーンで観る価値があったなあと思いました。

 

ただし、ティム・バートンファンにはものたりないし、原作アニメ「ダンボ」のファンにはダンボが受け身すぎて不満かも。

 

合わせて読みたい

 映画の口コミ感想あれこれ書いてます

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work