ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

チェッカーズの歴史その1|バンド結成前、高校時代の藤井フミヤと武内享

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

1980年代に社会現象を巻き起こした、伝説の大人気アイドルバンド、チェッカーズの結成前の歴史と時代背景

 

チェッカーズは1983年にデビューし、80年代の芸能史を支え、芸能界の歴史を変えたバンドです。

有名芸能事務所出身でもなく、強力な後ろ盾がある状態でもない彼らは、社会現象になるほどの大人気となりました。

彼らはバンドながら、アイドルとしてデビューし、アイドルとして人気を博しました。

そのため、彼らの音楽性を語る人は少ない。

ただ、チェッカーズは音楽的にもめちゃくちゃ魅力的なバンドなのです。

いちファンとして音楽で彼らの歴史を紐解いてみようと思います。

 

まずはチェッカーズ結成前の高校時代の音楽活動について

 

俺たちのロカビリーナイト[チェッカーズ][EP盤]

俺たちのロカビリーナイト[チェッカーズ][EP盤]

俺たちのロカビリーナイト[チェッカーズ][EP盤]

 

 

 

チェッカーズの歴史|結成前夜「カルコーク」と「シェイク」

福岡県久留米市出身のチェッカーズ。

当時の久留米はフィフティーズのダンスパーティーを模した、ダンパブームでした。

ダンパで生演奏をする、オールディーズのカバーバンドとして活躍した2大バンドが、

  • 藤井フミヤ(ふじいふみや-当時は藤井郁弥)率いる「カルコーク
  • 武内享(たけうちとおる)率いる「シェイク

だったのです。 

この2バンドが活躍したのは1978年から79年の約1年間。

その後1980年に、藤井フミヤと武内享を中心に結成されるのが、日本の芸能史の歴史を塗り替えたトップアイドルバンドチェッカーズです。

 

ちなみに「カルコーク」は、カルピスとコーラを混ぜた飲み物。バンド名のダサさが高校生っぽくて愛らしいデス。

 

「カルコーク」時代の藤井フミヤさんの動画をYouTubeで観ることができます。音質も画質もかなり悪いですが、当時から歌の完成度はめちゃ高いよ。

 

www.youtube.com

 

▼「カルコーク」のギタリストはロッカーズのギタリスト角英明▼ 

Rock'n Roll(特典なし)

Rock'n Roll(特典なし)

 

 

チェッカーズ結成前のバンド事情について、武内享さんがブログに書いているので抜粋掲載しますね。

 

SHAKEはオレがチェッカーズの前にやってたバンド。
この頃久留米はロックンロール一色で、
フミヤのカルコーク、ユウジのシークレッツ、クロベエのキューティスーなど
たくさんのバンドが存在していた。
どのバンドも個性的だったけどレパートリーがけっこう被ってて(笑)
そんな亊もチェッカーズが生まれる大きな要因になったのは間違いない。

出典:https://torumaster.exblog.jp/13019718/

 

このブログ記事には2011年の「シェイク」を再結成の写真も掲載されてるニャ〜。

 

ブログ内に登場する、対バンのトラベラーズは九州の実力派ジャンプブルースバンドで、藤井尚之と一緒に全国ツアーをまわったりしている、チェッカーズとご縁の深いバンドです。

 

▼藤井尚之とトラベラーズの共演動画▼

www.youtube.com

 

▼藤井尚之&トラベラーズ名義でアルバムも出してます▼

El Camino

El Camino

 

 

第二次ロカビリーブームが、元祖アイドルバンドチェッカーズ誕生の礎に

この頃は第二次ロカビリーブームだったんだ。

 

キャロルやクールスなどの日本のロカビリーロックバンドの隆盛と映画「アメリカングラフィティ」の影響などで1970年代後半から80年代の日本は、アメリカの1950年代のリバイバルブームだったデス。

 

原宿の竹下通りに集まった初期の「ローラー族」もリーゼントの男の子にフレアスカートの女の子というフィフティーズレトロアメリカンなファッションをしていたもんニャ〜。

 

チェッカーズ結成前のメンバーの音楽的バックグラウンド、時代背景資料動画

当時はこういう時代だったというのがわかる動画を資料として掲載しておきます。

 

▼伝説のロックンローラー矢沢永吉が所属していたバンドキャロル▼

www.youtube.com

 

▼チェッカーズの元ネタみたいな曲も入ってる▼

ザ★ベスト

ザ★ベスト

  • アーティスト: キャロル,大倉洋一,矢沢永吉,J.O.FARROW,大野克夫
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • 発売日: 2003/01/31
  • メディア: CD
  • 購入: 7人 クリック: 118回
  • この商品を含むブログ (20件) を見る
 

 

▼フィフティーズファッションに身を包んだローラー族▼

www.youtube.com

 

▼クールスは初期メンバーに舘ひろしと岩城滉一、その後CKBの横山剣も所属▼

決定版!クールス

決定版!クールス

 

 

▼1950年代のアメリカを描いた映画「アメリカングラフィティ」▼

www.youtube.com

 

▼1978年の映画「グリース」もフィフティーズアメリカが舞台▼

www.youtube.com

 

▼サタデーナイトフィーバーのトラボルタと、レッツフィジカルなオリビア・ニュートン・ジョンがダブル主演▼

グリース (字幕版)

グリース (字幕版)

 

 

チェッカーズは歌謡ロックというイメージが強いですが、実は当時流行していたロカビリーやフィフティーズのムーブメントの影響を多大に受けた、硬派の音楽性のメンバーが揃っていて、デビュー後の音楽性も初期はフィフティーズアプローチが強いんです。

 

▼チェッカーズの初主演映画「TANTANたぬき」内のダンパシーン▼

www.youtube.com

CHECKERS in TAN TAN たぬき [DVD]

CHECKERS in TAN TAN たぬき [DVD]

 

 

 アメリカングラフィティへのオマージュたっぷりに、フィフティーズメドレーを披露しているデス。

 

この映画は第一次ロカビリーブームで活躍した尾藤イサオがマネージャー役、第二次ロカビリーブームを牽引した元キャロルのジョニー大倉がカメラマン役で出演するなど、日本のロカビリーシーンを象徴するような映画でもあると思うんだよね。

 

 ちなみに映画「TANTANたぬき」の監督をした川島透さんはこう言ってるニャ〜

 

 

脱線したけど、今回はこれにて終了〜〜。

 

▼つづきはこちら▼
www.teinai.work

 

合わせて読みたいチェッカーズ&藤井フミヤ関連記事

ファンなので、ちょこちょこ書いてます。

チェッカーズはネットで検索しても高杢の著書とフミヤの確執が上にきちゃうので、いっぱい記事書いて押し流してやろうかと勝手に動き出しました。笑

 

 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work