ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

【メディア掲載】宅配型収納CARAETOにクローゼット収納のコラムが掲載されました。

▼トークイベント開催決定▼

整理収納アドバイザーでゆるミニマリストのていないです。

株式会社トランクの運営する、宅配型収納CARAETO(カラエト)にコラム第3弾が掲載されました。

今回は宅配型収納CARAETO(カラエト)を利用した、クローゼット収納について書いています。

 

【メディア掲載】宅配型収納CARAETOにクローゼット収納のコラムが掲載されました。

出典:https://www.trunk.services/journal/posts/3/

 

 

CARAETO(カラエト)コラム:宅配型収納でシーズンオフの洋服を収納

CARAETO(カラエト)は、ダンボールに詰め込んで預けるトランクルームのようなサービス。

アプリで預けたものを管理することができるので、クラウド上にクローゼットをもうひとつ持つような感覚で利用できます。

コラムでは半年以上前からCARAETO(カラエト)のサービスを利用しているユーザーとして、整理収納アドバイザーとして、CARAETO(カラエト)を使ったクローゼット収納について書いています。

 

掲載されたコラムはこちら。

 

www.trunk.services

 

スッキリルームは収納スペースに合わせた物量を所有するのが鉄則!だけど…

我が家は収納スペースが極端に少ない部屋です。

(なぜなら押入れをオープンスペースとして使用しているから)

整理収納アドバイザーが伝える、片付けルールは「8割収納」。

収納スペースの8割までに物量を納めることで、スッキリと出し入れしやすいクローゼットを保つことができます。

我が家のクローゼットの間口はたった70センチ。

一時はクローゼットに入りきるだけの洋服しか所有していなかったのですが、

生活のしやすさを優先して洋服を増やしたら、クローゼットがパンパンに。

 

CARAETO(カラエト)で洋服を「春夏秋」と「冬」で交換

そこで我が家では、クローゼットの中身を「春夏秋」と「冬」で交換しています

冬もののコートは分厚くてかさばるので、オフシーズンはCARAETO(カラエト)に預けています。

寒くなったらコートを取り出して、コートのスペース分の洋服を間引きしてCARAETO(カラエト)に預けることで、クローゼットの収納スペースを8割に納めて、片付けやすく取り出しやすい、オープン収納でも目がガチャつかない(見た目を整えるためにハンガーを統一するなどの工夫もしています)クローゼットスペースを完成させました。

 

【メディア掲載】宅配型収納CARAETOにクローゼット収納のコラムが掲載されました。

 

冬ものコートを取り寄せたので、秋コートや薄手のジャケット、春夏用のスーツ、重ね着に向かない首のつまったデザインのTシャツなどを預けました。

 

衣替えのコツは「春夏」と「秋冬」ではなく「春夏秋」と「冬」に分ける

クローゼットの衣替え、「春夏」と「秋冬」に分けてやると夏は薄手の洋服が多く面積が小さいのに比べて、秋冬はコートやセーターなどでクローゼットがパンパンになってしまいます。

四季って暦の上ではて3ヶ月ずつなんですが、洋服の場合は1年の半分くらい夏ですよね。

そして春と秋がとても短い。

  • 春服:3月半ば〜4月末(約1ヶ月半)
  • 夏服:4月末から、10月初旬(約6ヶ月)
  • 秋服:10月初旬〜11月末(約1ヶ月半)
  • 冬服:11月末〜3月半ば(約4ヶ月)

なので私は基本的に「春夏秋」がクローゼットのデフォルト状態と設定。

厚手のコートが必要な真冬だけCARAETO(カラエト)からコートを取り出して、コートのスペース分だけの洋服を再度CARAETO(カラエト)に預けることで、スッキリとしたクローゼットスペースづくりができています。

 

収納家具を増やすより、宅配型収納という選択もアリ

収納スペースが狭くて洋服が入りきらない場合、収納ボックスやハンガーポールなどの収納家具を買い足したくなってしまう人は多いのではないでしょうか?

生活スペースが収納家具で圧迫された部屋の住み心地は、決して良くはありません。

ベストなのは洋服を収納スペースの8割まで減らすこと。

ただ、収納スペースに入りきらなかった洋服も生活に必要な場合がありますよね。

そんな時はオフシーズンの洋服を宅配型収納に預けてみてはいかがでしょうか?

CARAETO(カラエト)は大きなダンボールを1ヶ月預けても1箱500円とリーズナブルなので、広い部屋に引越ししたり、トランクルームをレンタルするよりもはるかに経済的です。

 

CARAETO(カラエト)で他にもコラム書かせていただいてます

CARAETO(カラエト)独自のフリマサービス「オリジナルマーケット」を紹介しています。

100円で買った毛皮のコートを自慢しまくり、思い入れが強くて手放せなかったボロボロのボードゲームを手放したことなどを書いています。

もはやコラムというより独白。

www.trunk.services

 

一番コラムっぽいコラム。

トランクルームと宅配型収納を多角的に比較。

メリットデメリットについて書いています。

www.trunk.services