ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

断捨離禁止商標権トラブルの法的見解を専門家に聞いた|知らないと怖い法律

「断捨離」商標権トラブル|やましたひでこが商標登録した「断捨離」は禁止されたら使ってはいけないのか?弁護士に聞いた

 

断捨離」の商標権を持つ、やましたひでこさんが人気ユーチューバーさんやブロガーさんに「断捨離」の文字を使ったタイトル、コンテンツ内の「断捨離」という言葉のいっさいを禁止したことが話題になっています。

 

▼「断捨離」商標権トラブル 詳しくはこちらをどうぞ▼

www.teinai.work

 

「断捨離」という言葉の削除と使用を禁止された人たちに同情はするけど、やましたひでこさんは「断捨離」の商標権を持っているから、「断捨離」という言葉を使うことを制限するのは当然の権利で仕方ないよね。

 

そんな風に思っている方も多いのでは?

ブログで広告収入をえている人で、ブログ内の「断捨離」という文字を書き換えたという人もかなり多く見かけます。

 

本当のところはどうなんでしょうか?

 

  • 彼らが「断捨離」をYouTubeやブログ内コンテンツで使用したことは商標権にふれるのか?
  • 「商標権」を持つやましたひでこさんが、「断捨離」という言葉の使用のいっさいを禁止できるのは「断捨離」提唱者として当然の権利なのか?
  • もしも従わずに裁判になった場合は、損害賠償を支払わなくてはいけないのか?

 

やましたひでこさんの弁護士が、ユーチューバーやブロガーに送ったメールを入手しましたので、弁護士さんに確認してもらい、見解を伺いました。 

 

断捨離禁止商標権トラブルの法的見解を専門家に聞いた|知らないと怖い法律

 

 

YouTubeやブログのタイトルに「断捨離」を使用しても商標権侵害にもあたらないし、不正競争防止法違反にもあたらない

最初に今回のトラブルについて、弁護士の方が出された結論を書いておきます。

 

 

どうしてYouTubeやブログのタイトルやコンテンツ内の文言に「断捨離」を使用しても「商標権」を侵害しないのか?不正競争防止法違反にならないのかを考えながら読んでいただければと思います。

 

やましたひでこさんからとどいた「断捨離」削除要請メールの内容について

やましたひでこさんの代理人から届いた「断捨離」の削除を言い渡されたメールを入手し、弁護士さんに確認していただきご意見をいただきました。

 ※複数名からのメールを確認させていただきましたが、文面は一部を書き換えているだけでほぼ同じでした。

 

メールの内容の全てを公開することはできませんが、やましたひでこさんの主張は以下の2点でした。

 

  1. 「断捨離」はやましたひでこさんが提唱した考え方であって、著名な商品等表示のため、記事タイトルまたは内容に「断捨離」と言う表示を用いたブログや動画をアップロードすることは、やましたひでこさんが保有する商標権を侵害する

  2. さらに記事タイトルまたは内容に「断捨離」と言う表示を用いたブログや動画をアップロードすることは、同時に不正競争防止法における不正競争行為に該当する

 

そしてやましたひでこさんがユーチューバーやブロガーに対して下記対応を求めています。

  1. タイトルに商標登録されている「断捨離」を表示、又は動画内容にその言葉を用いた動画全てを削除すること。
  2. ハッシュタグとして使うのも禁止。削除すること。
  3. 今後、無断で「断捨離」の表示を用いた活動を行わないこと。

 

気になったのは、記事の内容がやましたひでこさんが商標登録した「断捨離」のメソッドと混同しまぎらわしいということではなく、「断捨離」の文字の表示自体を商法権侵害と書いてあることでした(わかりやすく書き換えてますが内容は以下です)。

 

 

果たして本当に、YouTubeやブログの記事タイトルまたは内容に「断捨離」という表示を用いたら、商標権を侵害し、不正競争行為に該当するのでしょうか?

やましたひでこさんは「商標権」を持っているから、メールにて連絡がきたユーチューバーやブロガーの動画や文章内の「断捨離」という言葉の全てを禁じる権利を持っているのでしょうか?

 

やましたひでこさんによる「断捨離」の文言の使用削除、今後の使用禁止要請トラブルについて弁護士の見解

引用枠内が弁護士さんからいただいた回答デス。

 

商標権侵害と不正競争防止法違反が指摘されていますね。不正競争防止法違反の方からみていきましょう。雰囲気を伝えるべく、ラフに書いていきます。以下はあくまでも一般論です。

 

「断捨離」をブログやYouTubeのタイトルに使っても不正競争防止法違反にならない

1 不正競争防止法違反

根拠として、不正競争防止法2条1項1号と2号があげられています。1号と2号は似ていますが、どちらがワークするかは、当該商品等表示が出所を識別するものとしてどの程度世に知れ渡っているかによります。本件の場合「断捨離」という単語がY氏のサービスを意味する言葉として、どの程度、世の中に知られているか次第だということですね。

サービスの需要者(本件の場合、一般市民)の間に広く認識されている場合(周知である場合)、1号が使えます。さらに進んで、全国的に誰でも知っているレベルになると(著名である場合)、2号が使えます。1号の場合、この商品等表示を使用することで需要者が「混同するおそれ」が必要です。「断捨離」という表示をみた人が「これはY氏関連のサービスだな」と勘違いすることが必要だということですね。2号の場合、これは不要です。商品等表示の知れ渡り具合が「著名」にまでなれば、いちいち「混同のおそれ」をいわなくてもよくなるということですね。

本件についてみると、少なくとも現時点では、「断捨離」という単語がY氏のサービスを意味する言葉であることが、周知(広く認識されている)とはいえないし、ましてや、著名ではないと思います。権利者が周知活動を頑張っていますし、こうやってブロガーさんが広めているので、今後どうなるかはわかりませんが。また、仮に周知であるとしても、他にY氏との関連を示唆する文言や発言がない限り「混同のおそれ」もまずないと思います。実際に、混同した人が何名が出てきたら話はかわってきますが、考え難いです。

したがって、不正競争防止法違反であるとの主張は、成り立たないと思います。

 

【補足メモ】皆が断捨離という言葉を使わなくなればやましたひでこが著名になる?

「断捨離」という言葉を「訴えられたら困る」「ややこしいことになりそうだし使わないでおこう」とブログやYouTubeでの使用をやめれば、やましたひでこさんが「断捨離」という言葉をネット上で独占することができるニャ。
そうすると、不正競争防止法違反の2号(全国的に誰でも知っているレベル)になって、ますます厳しく言葉狩りができるニャね。

 

「断捨離」をブログやYouTubeのタイトルに使っても商標権侵害にはあたらない

2 商標権侵害

ということもあって、みなさん、不正競争防止法違反の方はスルーして、商標権侵害の方にフォーカスしているのだと思います。

まず、普通名称化しているのではないか、というのが最初の感想です。これはなんとも判断し難いのですが、一連の騒動が起きる前は「断捨離」が普通名称だと理解しているひとがほとんどだと思うのですが、この騒動が拡散することで、誰かのサービス名らしい(普通名称ではないらしい)という認識が少しずつ広まっている印象です。Y氏側のブランド保護としては、成功ですね。「断捨離」が普通名称か否かは、誰かが裁判しないことには決まりませんが、今後のみなさん次第かなという気がします。商標的使用のところはともかく、その他の場面で引き続きこの単語を使えば普通名称化していきますし、萎縮して使用を全体的に控えれば、この単語は普通名称化の崖から舞い戻ってきます。

普通名称化していないとすると、商標的使用か否かが問題となります。商標的使用とは、自他商品識別機能ないし出所表示機能を有する態様での使用のことで、要するに、他のサービスと区別する目印として使用する場合をいいます。ミニマリストの方が断捨離の方法を説明することは、商標権として抑えられている指定役務のうち「知識の教授」にあたります。問題は、そこで「断捨離」という単語を使用することが、そのサービスの内容を示しているものに過ぎないのか、それともサービスの出所(つまり、ブログ等の筆者)を表しているのかです。一般論としては、前者と判断される可能性が高いように思いますが、ここは個別事案によってかわるところですので、ぜひ専門家に相談してください。なお、無償だったら良い、という話ではないです。そこは、決め手ではありません。

 

【補足メモ】広告収入のある記事の「断捨離」使用はNG?

YouTubeで収益を得ているとか、ブログ内広告だからダメとかはナシ!商標権に違反になるのは『やましたひでこの「断捨離」』と誤認させるような場合のみで、商標権には文章内の言葉の禁止や、タイトル使用の禁止の権利はありません。

 

やましたひでこ「断捨離」商標権トラブル:まとめ

ということでまとめると、

「断捨離」はすでに普通名詞化しているし、

ユーチューバーさんやブロガーさんの発信内容はやましたひでこさんの「断捨離」の商標的使用ではなく、物を処分することを意味する普通名詞的「断捨離」であり、

ユーチューバーさんやブロガーさんの発信をみて、やましたひでこさんの提唱する「断捨離」との混同はなかったのではないかと考えられます。

 

ただし、裁判は判決が出るまで結果はわかりません。

私は法律の専門家ではないので、やましたひでこさんのユーチューバーやブロガーへの「商標権」の行使が過剰だったのか、適正だったのかについては、明言をさけさせていただきます。

 

みんな、それぞれに、どう感じたか考えてみてほしいニャー

 

日本人はクレームを受ける事が悪である、訴訟を起こされたら大変であるという気質がある為、相手の言い分を飲みやすい傾向があるんですって。

 

弁護士から連絡が来たからと、法律を調べずにやみくもに自分が悪いと思い込まない方がいいってことデスね。

 

せっかくの自分の大切なコンテンツを削除する前に、まずは専門家に相談してみたほうがいいニャー。

 

最後におまけ

私が広告収入のあるブログを運営し、ブログ内に「断捨離」という文字を使用しているから、お金のためにやましたひでこさんにたてついているという意見も散見されますが、「商標権」は権利の範囲内で守られるべきものであると思っています。

別の記事で「断捨離」はやましたひでこさんの造語ではないということを書いたのは、「仏教用語に由来する他人が作った昔からある言葉を商標登録しやがってこのやろー」とかではなく、やましたひでこさんが公式サイト内でも正しい「断捨離」の理解を願っておられるのに、「断捨離」がやましたひでこさんの造語という誤解が広まっているからです。

  

関連記事はこちらから

「断捨離」という言葉はやましたひでこさんの造語ではなかったことについて書いた記事です。

www.teinai.work

www.teinai.work

 

今回の断捨離トラブルについての概要です

www.teinai.work

 

今回の断捨離トラブルについての法的見解ツイートをまとめました

www.teinai.work

www.teinai.work

 

今回のトラブルを受けて700人以上にアンケートしています。

60%の以上の人が「断捨離」にNOをつきつけ、「断捨離を断捨離」という新しいムーブメントが生まれつつあります。

www.teinai.work