ていないブログ

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの音楽オタクの雑記

赤坂 和菓子屋青野、至福の美味「レモン大福」と「マスカット大福」が270円

赤坂に本店があり、デパートなどにも出店している、老舗の和菓子屋さん「青野」のフルーツ大福が最高なので紹介させてください。

 

名門老舗の誇りが詰まった、美しいビジュアルと、上品な味わいを、たった270円で楽しめるんです。

よ〜し!褒めまくってやんよ。

 

赤坂 和菓子屋青野の「レモン大福」と「マスカット大福」至福の270円

 

 

かのスティーブ・ジョブズも愛した青野の和菓子

アップルの創始者スティーブ・ジョブズもお気に入りだったという逸話を持つ、赤坂の老舗和菓子司、青野。

赤坂に2店舗、その他東京に合計5店舗を構える、赤坂の代名詞とも言える、有名老舗和菓子店です。

 

赤坂 和菓子屋青野、至福の「レモン大福」と「マスカット大福」たった270円 本店

 

メディア露出にも積極的な経営方針のお店だし(2018年9月には「マツコ&有吉 かりそめ天国」でも紹介)、東京駅の大丸にも入ってるしで、東京では超有名店舗です。

ていうか、全国規模で有名店舗です。

関西に帰るときのお土産の鉄板。

ちょっと見栄はりたいなら青野の大福、堅苦しくない人には舟和の芋ようかんを渡しておけば、誰もがたちまちニッコニコ。

はずれなしの美味しさなんだよ〜。

 

青野の人気商品はフルーツ大福

青野は人気商品が多く、

  • お土産の定番、かわいいお持たせにぴったりな「赤坂もち」
  • かわいい焼印で注目度抜群の、つぶあんも皮もおいしい「どら焼き」
  • 古き良き味わいの定番の美学「栗羊羹(くりようかん)」
  • 所ジョージさんオススメの餅菓子(もち菓子)「いろどり」

など、全商品おすすめと言っても過言ではないのですが、私のオススメは「フルーツ大福」。

青野のフルーツ大福で最も有名かつ人気がある大福は、いちご大福ですが、残念ながら季節の限定大福なの。

秋だし「栗大福」食べよーっと思って、9月23日に青野の赤坂見附店に訪れたところ、すでに売り切れてしまっていたっぽく、販売していたフルーツ大福は「マスカット大福」と「レモン大福」でした。

「あらまあ、えらく洒落た大福だね〜」ということで、定番中の定番「豆大福」と共にお買い上げ。

 

宝石みたいな美しい大福にうっとり

え〜、ブロガーなので、包丁で大福を割ってみました。

あんを包んでいる餅の柔らかさと、薄さ、職人さんの手仕事の美しさを感じる大福たち。

う、う、美しい〜〜。

小ぶりな大福ですが、あんがたっぷり入っているので、ボリューム満点です。

物足りなさはないよ。

大満足。

青野の大福はお餅にたっぷり水分が含まれていて柔らかさが、コンビニ大福と桁違いだよ。

青野の大福餅は、きめ細かくて、口の中でお餅がとろけて、ふわ〜ん、ほわわ〜ん。

老舗の名店や人気店でショートケーキを購入したら1000円近くすることがザラなのに、和菓子は価格設定にそこまで差がないところが嬉しいよね。

レモン大福」と「マスカット大福」はたった270円(税込)、「豆大福」に至っては216円で買えてしまう。

小さな奮発で、極上の贅沢ができちゃうんだもん、幸せ〜〜。

大福食べて、ビッグハッピーだよ。

レモン大福

f:id:jikobukken:20180924195652j:plain

2018年の夏に流行したレモンスイーツを取り入れる、青野の老舗にあぐらかかない感じが好きだ。

白あん(レモンあん)の中に、レモンの皮のマーマレード的なものがぎっしり詰まっていて、食感が楽しい。

甘いけど、すっぱくって、旦那と「レモンだ〜!大福なのに、フルーティー!」と大はしゃぎしながら食べました。

 

マスカット大福

f:id:jikobukken:20180924195718j:plain

大粒のマスカットをぎゅうひで包んだ広島銘菓「ひとつぶのマスカット」っていうやつが数年前からブレイクしてまして。

多分その流れで開発された大福なのかしら〜?って考えてみたり。

「ひとつぶのマスカット」は、日持ちする硬くならないぎゅうひで包んでいるのだけれど、青野の大福はベルベットのようなしっとりとしたうす〜い大福餅で包んでるんだよね〜。

そりゃあ、舌ざわりは青野に軍配だよね〜。

糖度が高くて甘〜い種無しマスカットを、甘さ控えめの上品な味わいの白あんで包んで、さらに大福の皮で包む。

そして、この断面。

芸術品みたいな美しい大福。

味もあんが甘さひかえめなので「わ〜!フルーツすっぱ〜!」みたいなことはいっさいなしの、青野クオリティ。

味わいもお見事。

 

豆大福

f:id:jikobukken:20180924195735j:plain

どの和菓子やさんでも売っている、定番中の定番。

これを食べれば、青野の実力がわかる。

お餅のもっちりした柔らかさと、甘く炊いたあんと塩加減のバランス最高。

小ぶりな大福なのに、皮が薄いのでつぶ餡がぎっちぎちですよ。

上品なビジュアルですが、けっこうな食べごたえです。

 

赤坂エリアの大福がオススメの和菓子店「赤坂 青野」本店

〒107-0052 東京都港区赤坂7-11-9

TEL: 03-3585-0002

営業時間月~金:9:00~19:00

営業時間土 9:00~18:00 

日祝祭 休み

何を食べても美味しいよ。

案内には本店の住所を乗せていますが、私が行った赤坂見附店は街の和菓子やさんって感じの店がまえだから、庶民的な雰囲気で入りやすいよ。

豆大福が2日しか日持ちせず、テレビに頻繁に登場しているので、手土産に持っていくと喜ばれるのでオススメ。 

 

他にもコスパにこだわって美味しいお店を紹介しています 


www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work