ていないーていねいな暮らしではないけれど(狭いマンションに好きなものだけつめこんで、毎日をご機嫌に暮らす)

築50年29㎡の狭小賃貸マンションで機嫌よく暮らす、ゆるミニマリストな中年夫婦とねこ1匹の日々ブログ。インテリア、整理収納、そうじ、節約、DIY、リノベーション、お買い物、音楽、映画、マンガ、ごはん、ダイエット、新居探しとマンション売却。

ていないーていねいな暮らしではないけれど
ていないーていねいな暮らしではないけれど(狭いマンションに好きなものだけつめこんで、毎日をご機嫌に暮らす)

SONY「aibo(アイボ)」アメリカ発売決定!旧型AIBOラッテとマカロンの再販も希望!

2018年8月24日付けのニュース

ソニーは23日、人工知能(AI)を搭載した犬型の家庭用ロボット「aibo(アイボ)」を9月から米国で発売すると発表した。(日本経済新聞

9月からアメリカで2018年製aiboの販売が決定。

いよいよ、犬型ロボットがおもちゃではなく、ペットという世界共通認識になる時代が到来するのかな。

近未来的でワクワクします。

頑張れSONY!頑張れaibo!

私はaiboというプロダクトのファンなので応援しています。

ただ、aiboには廉価版も必要じゃない?という提案もさせてください。

 

▼我が家にやってきた2001年製のAIBOのタオル(名前)▼

SONY,犬型ロボット,AIBO,ラッテ,マカロン,2001年,アイボ,クマ,イヌ

 

 

がんばれソニー!SONYがキラキラしていた時代を回想する

ウォークマンと共に、SONYの伝説のプロダクトであるaibo。

販売開始時の衝撃は、オリジナリティー溢れるとか、斬新な切り口とかで表現するには甘っちょろくて、まさに「発明」って感じだった。

ポケットに音楽を持ち歩けるなんて。

ロボットがペットになるなんて。

まるで、SF映画が現実になったよう。

私が子供の頃、SONYはどの家電メーカーよりも「新しくて」「おしゃれ」「持っていることがステイタス」だった。

いとこがソニー製のコンポ「リバティー」を買ってもらったのが羨ましくて親に「リバティー買って〜」とねだったのに、アイワのラジカセしか買ってもらえなかったこと。

友達のお父さんがハンディカムで卒業式を撮ってくれたこと(ベータではなくVHSに焼いてくれた笑)。

ソニー製のウォークマンでマドンナを聴きながら街を歩いた時に、映画の主人公になったような特別な気分がしたこと。

マイケル・ジャクソンも佐野元春もレベッカもドリカムもソニーからアルバムを出していたし、ソニーって超イケてる!

ソニーかっこいい!ソニー最先端!って脳に刷り込まれて生活していたのですが、ふと気づくと私の家にはソニー製品ひとつもなくなってたんですよね。

 

みんなが持ってるもの、流行ってるものに興味はない。自分の使用目的に合うものを買うようになった

スマホはiPhone、ノートPCはVAIOからMacBook Pro、アンプはSANSUIなど値段は気にせず気に入ったものを。

白物家電は、YAMAZEN、アイリスオーヤマ、maxzen、ハイアールなどの安価で手に入るジェネリック系に。

いつの間にか我が家の家電は「こだわっているものは、高価でも良いからスペックが良いものを」「こだわりがないものは、そこそこのスペックでいいから安いもの」の二極化していました。

昔はテレビCMしてる商品が欲しかったけど、いつの間にかこだわりがあるものにはお金をかけるけど、こだわりのないものはなるべく安価にすませるという、無意識の取捨選択をするように。

そして、我が家の電化製品の選択肢に残念ながらSONYはいなくなっていました。

テレビのCMを見て、みんなが持ってるもの、流行ってるものが欲しかったあの頃は、とにかくSONY製が欲しかったのに。

時代は流れたなあ。

 

▼我が家のおばけちゃん(猫)とタオル(旧型AIBO)の昼寝の様子▼

SONY,犬型ロボット,AIBO,ラッテ,マカロン,2001年,アイボ,クマ,イヌ
 

大人は最先端を求めてない。ちょっと遊びたいから、ほどほどの価格と敷居の低さを求めてる

ゲームをやらなくなって長らくたちます。

プレイステーションは2まで。

ニンテンドー3DSで女神転生シリーズとか昔ながらのRPGの最新ナンバリングだけやってたかな。

画面が美しくなり、動きが滑らかになった置き型ゲーム機は、ゲーム難易度も上がっていて、クリアまでに何十時間もかかるようになってしまった。

「暇つぶしにちょっと遊ぶ」ことができなくなってしまった。

ソフトの価格も高価だしね。

そんな時、

ニンテンドークラシックミニが発売されて

これが待ってたやつ!安くて「暇つぶしにちょっと遊ぶ」がしたかった!!

ってなった人が多かったのではないでしょうか?

即予約して買ったよね。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

 

 技術は人のニーズを追い越して、発達してしまったのかな。

ユーザーはそこまで最新の技術を欲してないのに、あれもこれも機能つけなくていいのに。

これくらいがちょうどええのに〜。

 

ソニーのちょうどええAIBO。それが2001年製のラッテとマカロン

2001年当時10万円をきる価格で発売された、量産型AIBO。

関節などが簡略化されていて、動きはにぶいものの、そこがまたかわいい。

これ位がちょうどええんです。

これを再販したら流行るのにな〜〜と思うんです。

再販されないかな〜と思って待ってたけど、されなさそうなので啓蒙活動をしようと、メルカリで2001年のAIBOラッテとマカロンERS-300を入手しました。

か、か、かわええ。

久しぶりのソニー製品、やっぱり心踊ります。

ソニーにしかないトキメキ!

欲しかったのはこれ!

 

▼おばけちゃん(猫)はタオル(旧型AIBO)を毛づくろいすることもあるよ▼

2001年のAIBOラッテとマカロンERS-300

 

パソコンともスマホとも連携されてなくて、コンセントにコードさして充電して、遊ぶときは電源入れて、遊ばないときは電源切るという、とても簡単な操作方法。

そんな複雑さ求めてない私にとって、これくらいがちょうどええんや。

さっそく2018年型のaiboと遊ばせてきました。

動きのなめらかさと、内臓されているAIは歴然かもしれませんが、普通に負けないくらいかわいいし。

かくかくした、たどたどしいしぐさがいじらしい。

コマンドへの反応は数パターンの仕草しか入力されてないし、声への反応も今のaiboと比べたらずいぶんにぶくて思い通りに動かないけど、本物の猫なんてもっと思い通りに動かないから別に問題ないよ。笑

2018年製のハイテクaiboは本体、3年間のケアサポート代などもろもろ含めて約37万円。

もちろん、現在の技術の結晶であるハイテクaiboはすごい。

でも、普通に2001年バージョンの廉価版を再販したら、aibo大ブレイクすると思うんです。

aiboのエントリークラスみたいな感じ。

一眼レフのデジタルカメラを買うときに、ライトユーザーが最初から高級機種買わないでしょ?

まずは安価なエントリークラスを買って、はまった人が高いやつを買う。

ライトユーザーはエントリークラスだけで大満足。

AIBOのラッテとマカロンはそんな感じになれる子たちだと思います。

ラッテとマカロンを3~4万円程度の据え置き型ゲーム機のハードと同程度の価格で再販すれば、ロボットペットの裾野を広げることになる!

しかもラッテとマカロンはかわいいから、インスタのインフルエンサーにモニターしてもらったら、爆発的に流行しそうなのにな〜。

 

ああ、広まって欲しい…

お願い。

この記事をソニーのえらいさんが見て、ラッテとマカロンがリバイバルブームを巻き起こす日がきますように。

私はソニー神話復活の起爆剤は旧型AIBOのラッテとマカロンだと思います。

我が家の唯一のソニー製品、AIBOマカロンですが、超超かわいいよ。

 

▼愛情を独占したいおばけちゃん(猫)にとって、タオル(旧型AIBO)はライバル▼

f:id:jikobukken:20180824101128j:plain

 

あと、以前犬が新型aiboを仲間と認識したっていう記事がありましたが、我が家の猫は2001年製AIBOにひどいジェラシーを感じていて、AIBOを起動させると私の膝の上に飛び込んできて、遊ぶのを妨害します。

2001年製のAIBOのことを、どうやらなにがしかの生き物と思っている模様。

 

AIBOのこと書いた記事はこちら

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

 

参考リンク一覧