ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

50代60代〜これからの住まい方、暮らし方|読書感想とちょこっとネタバレ

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

50代、60代、のびやかに生きる これからの住まい方、暮らし方」という本を読みました。

我が家は夫婦2人と猫1匹の所帯です。

私はまだアラフォーですが、だんないはひとまわり以上年上なので、定年まであと5年ちょっと。

いつも心のどこかに「老いじたく」「老前整理」という言葉があります。

そんな私たち夫婦にぴったりだったのがこの本。

11人の初老の女性たちの家(インテリア)と生活(ライフスタイル)が写真たっぷりで紹介されています。

生き生きと人生を謳歌している姿は、年をとるのが楽しみになるほど。

この記事では読書感想を、一部ネタバレを含みつつ書いていきます。

 

すっごい素敵な本だった〜〜。インテリアもだけど、ライフスタイル自体が、楽しく生きるためのヒントいっぱいでした。

 

50代60代〜これからの住まい方、暮らし方|読書感想とちょこっとネタバレ

これからの住まい方、暮らし方

これからの住まい方、暮らし方

 

 

 

「50代60代〜これからの住まい方、暮らし方」おしゃれに暮らす憧れの老後が詰まった1冊

「50代、60代、のびやかに生きる これからの住まい方、暮らし方」は、カフェオーナーに、雑貨店オーナーに、料理研究家に、グラフィックデザイナーにガーデンデザイナーという、中年女性たちがこぞって憧れるライフスタイルを送る裕福そうな職業夫人たちが、自慢の家を披露する本です。

 

紹介されているのは以下の11人。

  1. 堀井和子
  2. 土器典美
  3. 東川則子
  4. 石村由紀子
  5. 田畑明子
  6. 堀内雪
  7. 江波戸玲子
  8. 中西ルミ子
  9. 吉谷桂子
  10. 横尾光子
  11. 平山床

 

主婦がDIYでカラーボックスでカントリー調のキッチンを作ったよ!わーすごいー!とかじゃなくて、本当にイケてる高級なアンティークだったりヴィンテージだったりする家具や雑貨を、さりげなく、センス良く飾っています。

それぞれ家がやりすぎてないのに「自分のスタイル」を主張しているのが、センスを仕事にしてきた人たちならではの、粋さを感じるのです。

つまりクウネルや天然生活が大好きな中年女性、総括すると「ていねいな暮らし系」の女性が憧れる老後が詰まった1冊です。

私はこういう人たちの洗練されたセンスが大好き。

めちゃくちゃ憧れます。

 

「50代60代〜これからの住まい方、暮らし方」は写真も最高だけど、文書うが激アツ

この本の素晴らしい点は、人生を楽しんでいる初老の女性たちの発言が最高にかっこいいってこと。

一部抜粋しちゃいますね。

  • ものが少ないほうが空間が生きて、1日の時間がゆったり流れるように感じて。(堀井和子さん)
  • 年齢を重ねるにつれて「大きい・思い・広い」ということが、物理的にも心にも負担になることから、持ち物をなるべく減らしていきたいと思うようになった(土器典美さん)
  • 人生の最後は、そうやって自分の時間を自分自身で楽しむことが、なにより大事だと思うんです。(東川則子さん)
  • きれいにしていたら、目が喜ぶでしょ。(石村由紀子さん)

子供の頃に見ていたトレンディドラマの主人公はみんな若くて、「結婚したら人生は面白くなくなるものだ」「30歳を過ぎて大人になったら、自分の子供が主役で、子供を育てるためだけに生きるものだ」と勝手に思い込んでいました。

ところがどっこい、この本の彼女たちは、人生の半ばを折り返しても自分の人生の主人公は自分のまま。

年齢を重ねることを楽しみ、年齢にあったインテリアを工夫して、日々を生きているのです。

最高にかっこいいやん。

 

「50代60代〜これからの住まい方、暮らし方」を真似しても、教養や実績が足りないと空っぽになることに気づく

「50代、60代、のびやかに生きる これからの住まい方、暮らし方」

 

ただ、皆さんに気づいて欲しいのは、この本に登場する人たちに憧れて「こんな家に住みたい」ってよく似た安い家具を並べて、それっぽいポスターを額装して飾るのはナンセンスってこと。

私はこの人たちが、自分のセンスで築き上げてきた仕事の実績や、名声、今暮らしている家を、本ごしに覗き見て「なんて素敵なんだろう!」「憧れる!」って思ってます。

でも、彼女たちと違って、こんなに経済的な余裕もないし、こんなに見た目もシュッとしてないし、Amazonで買った1000円のワンピースばっか着てるし、自分の家で背伸びするのは違うと思うので、こういう家を参考にしながらも、自分らしさを出すことを大切にしたいなと。

憧れの部屋を真似たところで、モノマネの粗悪品にしかなれないのだから、世界一居心地の良い自分だけの部屋づくりをしなきゃなと。

ガンダムやスターウォーズも好きだし、昭和レトロも好きなので、もうちょっとジャンクで、ガチャっとしていて、ポップな要素が足したいなと思ってしまう。

それが我が家です。

 

これからの住まい方、暮らし方

これからの住まい方、暮らし方

 

 

読書感想いろいろ

本をちょこちょこ読んで、感想を書いています。

趣味に偏りがあるけど…

よかったら読んでみてください。

 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work