ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

株式会社asobo(PB出版)は怪しい?評判は?電子書籍勧誘メールがまたきた!

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

 

株式会社asoboの山口さんから、再び電子書籍を出版しないかという勧誘メールが届きました。

ブロガーさんで、同じようなメールが届いた方がこの記事にたどり着いておられることと思います。

ということで…

株式会社asoboは怪しいの?詐欺じゃないの?

評判は悪くないの?

ちゃんと本が出版されるの?

など、株式会社asoboについて気になるであろうことを調べてみました。

 

株式会社asobo(PB出版)は怪しい?評判は?電子書籍勧誘メールがまたきた!

 

 

株式会社asoboはPB出版と同じ会社

以前、PB出版から電子初期出版のお誘いが来たので怪しいかどうか調べて記事を書きました。

ぶっちゃけ株式会社asoboはPB出版と同じ会社です。

メールに記載されていた電話番号(080からはじまるスマホの番号です)も同じだし。

文章も一部まるっと流用されてたし。

 

結論:株式会社asoboはPB出版です。

 

▼PB出版について詳しく知りたい場合はこれを読んでいただければと▼

www.teinai.work

 

批判的な記事を書いたのに再度のお誘いありがとうございます

現在、「PB出版」で検索するとありがたいことに、4位に過去に書いたこの記事が表示されています。

 

PB出版について好意的な記事とはいいがたい内容になっているのに、再度電子書籍の出版を持ちかけてくるとは…私のブログめっちゃ好きなんだなぁ…

 

んなわけあるかーい!

間違いなく、株式会社asobo(PB出版)的には当ブログは迷惑な記事を書いていると思うんですよね。

つまりは、ブログのタイトルも内容も確認せずに適当にお誘いメール送ってるんだなぁと。

 

私のアドバイスが株式会社asoboに反映されていた

以前PB出版から電子書籍出版のメールが来た時にもっとも怪しいと感じたのは、記載されていたメールアドレスでした。

PB出版の大石樹さんという方からメールが届き、

ooisidegesu★〜〜〜〜

というメアドだったんですよね。

「オオイシデゲス」って…そりゃないぜ。

と思ったのでした。

 

それが今回のメールでは山口さんという方からメールが届き、

info★asobo.tech(★はアットマーク)

というメアドに変更されていたのです!

すごーい!

ちゃんとしたメアド取得してるぅ〜〜。

相変わらず代表電話は携帯番号でしたけど。

 

あと、メールの送り主が大石樹さんから、山口さんに変更になった点も気になりますね。

フルネームで大石樹と名乗っていたのに、山口と名字だけを名乗って個人を特定しにくくしているような印象を受けました。

 

携帯番号が以前来たメールと同じなのに、名前が変わってるって、どういうことなんだろう?大石樹さんは養子に入って、山口さんに名前が変わったのかな?

 

んなわけあるかーい!

株式会社asobo(PB出版)に山口さんというスタッフが増えたのか、それとも…ここからはあなたの想像におまかせします。

最後に、メールの末尾に念押しの一文が加わっていたことを追記しますね。

 

以下に近い文章でメールは〆られておりました。(著作権に違反しないように文章を一部改変し、概要を記しております)

当メールの画像やテキストの無断転載・無断使用を固く禁じます。当メールの内容も株式会社★★★に著作権があります。

ブロガーがブログ記事にするのを、著作権の主張でブロック!

 

※私は法に反したブログ運営をしたくないので、法的に問題のない範囲で、検証のための引用しかしていないつもりです。法的に問題がある場合は、ご本人様からご連絡いただければと思います。

 

まとめ:株式会社asobo(PB出版)から電子書籍を出版するかどうか?

ていないは株式会社asobo(PB出版)から電子書籍を出版しません。

 

普通の出版社の編集さんたちがブロガーに書籍化をもちかけるとき、もっときちんとブログを読んでから声をかけていると思います。

もっとも残念だなと思うのは、無差別にブログ村の上位に声かけてるのか、なんかのワードで検索かけて上位ブログから勧誘メール送ってるんだかわからないんですけど、声をかけてるブロガーに対してリスペクトがないなという部分だと思います。

出版社としての規模が小さくても、多少不利な契約条件でも、メールに愛があれば「この人は私のブログを読んでファンでいてくれる」「がんばって電子書籍を作ってくれるだろう」「この人と一緒に仕事がしたい」と思うことって絶対あると思うんですよね。

少なくても電子書籍をプロデュースする山口さん(大石さん)なら、自分のメール読んで自分の文章に愛がないことわかるはず。

せめて、ブログ10記事は読んで、どこが好きで、どういう本が出したいかを序文に記載してみてはどうかしら?

人を動かすのは金だけじゃないよね。

愛だぜ愛。

 

愛がないなと思った記事をピックアップ

詐欺やトラブル系の記事書いてます。

どれもなんか愛がないよね。

 

www.teinai.work

www.teinai.work
www.teinai.work

www.teinai.work