ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

幸福な定年後|老後が楽しみになるインタビュー集【読書感想】

私は40代前半ですが、ひとまわり以上年上の人と結婚したので、だんない(主人)はあと数年で定年です。

実は私たちはだんないの定年が楽しみで仕方ないのです。

そんな私たち夫婦が夢中になって読んでいるのが「幸福な定年後(足立紀尚著)」。

500ページ以上の分厚い本なのですが、定年後の生活を楽しんでいる人たちのインタビューがびっしり詰まっていて、ワクワクするんです。

 

幸福な定年後|老後が楽しみになるインタビュー集

 

 

幸福な定年後

幸福な定年後

 

 

定年を終わりと捉えるかはじまりと捉えるか

私たち夫婦は5年ほど前からモノを減らし始めました。

今はゆるミニマリストを自称し、自分たちの生活に過不足ない物量で日々を暮らしております。

つまりは、老前整理がすでに終わった状態で日々を過ごしています。

 

ミニマリストになってから、ハートに必要なモノと、生活に必要なモノが揃っていて、無駄なモノを排除した家で暮らしているので、この上なく快適です。

 

つまりは定年の準備が完了していて、定年後を新しい人生の始まりととらえているのです。

「幸福な定年後(足立紀尚著)」は、定年後の人生を楽しんでいる人たちへの47のインタビューで構成されています。

読むと、定年後の可能性に目が眩んで、胸がときめきますよ。

 

▼読み応えがやばいぜ!全510ページ、2段組みで文字だらけ▼

幸福な定年後|老後が楽しみになるインタビュー集

 

定年後にやってみたいこと|表具店を開業する

「幸福な定年後(足立紀尚著)」は、さまざまな定年後のプランが提示されている本なのですが、私が一番良いなぁと思ったのが定年後商売をはじめるという章で紹介された「表具店を開業する」というもの。

定年後に2年半表具店で修行をして、表具店を開業したそうです。

表具とは、掛け軸とかを作る仕事です。

表具店っていう目の付け所がすばらしいなと。

ニッチなところもいいし、2年半の修行で開業できる手軽さもいいし、飲食店とかと違って廃棄ロスもいっさいないとこもいいし、薄利多売ではなく注文は少ないけれど利益率が高いっていうところもいい。

インターネットで開業したら、儲かりそうな気がするよね。

 

定年後にやりたくないこと|瀬戸内海の島でミカンを栽培する

私たち夫婦は大阪の新興住宅地から、東京の超都心部に引っ越ししてきました。

大阪の中心部まで20分ほどの立地の良い場所に住んでいたので、当時は不便はなく満足していたのですが、東京の超都心部の交通の便の良さや娯楽の多さを享受しまくり、もはや東京からはなれられなくなってしまいました。

ということで夫婦の意見は、一生都会で住みたいで一致。

あと、大阪のマンションが1階で8畳ほどの庭がついてたんですが、雑草抜きが苦痛で仕方なかったので、8畳の庭で持て余すのにミカンの栽培とか、考えただけで憂鬱だよ。

 

定年は新しいライフステージのスタート地点|老後を楽しめなければ人生楽しくない

「終わりよければすべて良し」という言葉がありますが、人生でもその通りなんじゃなかろうかと思うのです。

どんなに高校時代に部活動で活躍して、大学時代に合コンでモテても、老後が充実していなかったとしたら、人生楽しかったとは言えないのでは?

定年は新しいライフステージのスタート地点です。

何をはじめるか、今のうちに準備して最高のスタートダッシュをかまそうぜと画策中です。

 

幸福な定年後

幸福な定年後

 

 

人気関連記事

私が書いた読書感想文いろいろ。

 

www.teinai.work 

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work

www.teinai.work