ていないブログ-主婦ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタクの雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

映画ブルースブラザーズがカバーした曲まとめ:サウンドトラック元ネタ一覧【前編】

ていないブログオススメ記事

ブルースブラザーズの映画でカバーされている、サウンドトラックの元ネタ一覧

映画ブルースブラザーズで演奏される曲やBGMに使用されているサウンドトラックは、往年のブルースやリズム&ブルースの名曲のカバーが中心。

音楽好きならどこかで聴いたことある名曲が揃っています。

ただ、「聴いたことあるけど、誰の曲だっけ?」とか「あれ◯◯のオリジナルだと思ってたら、◯◯もカバーしてただけなの?原曲は一体何?」みたいな事態におちいりがち。

『「The Blues Brothers」主なサウンドトラックという』素敵な資料を見つけましたので、共有させていただきます。

これを見れば、映画ブルースブラザーズで使用されている楽曲の元ネタがまるわかり!

しかもどのシーンで使用されているかまできちんと明記されています。

超すぐれものだよ〜〜

 

映画ブルースブラザーズがカバーした曲まとめ:サウンドトラック元ネタ一覧

 

『「The Blues Brothers」主なサウンドトラック』の資料入手経緯

先日っていうか結構前の10月の話なんですけど、港区立みなと図書館の地下視聴覚ホールで映画「ブルースブラザーズ」の上映会がありまして。

図書館の地下視聴覚室での上映ということで、たいしたことなかろうと思っていたら、シアタールームになってまして。

無料なのに映画解説の冊子も手作りで作成してガリ版で印刷して渡してもらえました。

いただいた資料は2枚。

その内の1枚がみなとシネクラブ番外編と銘打たれ『「The Blues Brothers」主なサウンドトラック』という資料でした。

ださいポップ体のフォントで作成されてるA3両面刷りのものなのですが、どのシーンで楽曲が使用されたか、映画の原曲、カバー曲の元ネタが簡潔にまとめて書いてありました。

最高の資料です。

すごい愛を感じるよ。

この企画をした職員の人が作成したに違いない。

しかし!

視聴覚室にいるのは昼寝にきたじいさんが中心。

みんな全然このすばらしい資料を読んでないんですよね。

上映終了後椅子に冊子を置いて帰るじいさん続出。

本当に素晴らしい資料だと思うし、この熱意をここで埋もれさせるのは惜しいので、引用させていただきます!

 

1.Somebody Loan Me a Dime(Fenton Robinson)

ジェイクが刑務所で看守に起こされるシーン。

は、ブルース・ギタリスト、シンガー。

1970年代には日本でも人気を博し、メロー・ブルース・ジニアスと呼ばれた。

 

www.youtube.com

 

Somebody Loan Me A Dime

Somebody Loan Me A Dime

 

 

2.She Caught the Katy(The Blues Brothers Band)

ジェイクの出所シーンのオープニングテーマ。

原曲は、タジ・マハール。ヴォーカルはジェイク。

 

▼ブルースブラザーズバージョン▼

www.youtube.com

 

▼原曲▼

www.youtube.com

She Caught The Katy & Left Me A Mule To Ride (Album Version)

She Caught The Katy & Left Me A Mule To Ride (Album Version)

 

 

3.Shake Your Moneymaker(エルモア・ジェームス)

ジェイクとエルウッドが、孤児院の管理人カーティス(キャブ・キャロウェイ)と話しているシーン。

豪快なギタースタイルでブルース界の巨人と呼ばれたエルモア・ジェームスの1961年の名曲。

のちにブルースのスタンダードとなった楽曲。

 

(私の大好きな曲。ブラック・クロウズ、ジョニー・ウィンター、フリートウッドマックのカバーバージョンなどもあり、白人ブルースマンもこぞってカバーする名曲です。私はブラック・クロウズバージョンで知りました)

 

www.youtube.com

Shake Your Moneymaker: The Best of the Fire Sessions

Shake Your Moneymaker: The Best of the Fire Sessions

 

 

4.The Old Landmark(ジェームス・ブラウン& James Cleveland's Southern california Community Choir)

ジェームス・ブラウン牧師がトリプルロック教会で説教をしながら歌うシーン。

ファンクの帝王ジェームス・ブラウンのソウルフルな歌声は圧巻!

 

(原曲はThe Clara Ward Singersの曲もしくはゴスペルソングのようです)

 

www.youtube.com

 

5.God Music(エルマー・バーンスタイン)

ジェイクが教会で光を見て、「Sees the Light」と言ったシーン。

エルマー・バーンスタインは数多くの映画音楽を手がけているアメリカの作曲家。

(上の動画の4:20あたり)

 

6.Soothe Me(サム&デイヴ)

エルウッドが信号無視をして警官に停められるシーン。

サム&デイヴは、ソウル/R&Bのデュオ。

 

(もうね、サム&デイヴが超好き!聴くとおおらかでご機嫌で幸せになるよね)

 

www.youtube.com

 

7.Hold on, I'm Comin'(サム&デイヴ)

パトカーに追跡され、ショッピングモールの駐車場に入るシーン。

サム&デイヴのヒット曲で、R&Bチャート1位を獲得した、60年代の代表曲!

 

www.youtube.com

Hold On, I'm Comin'

Hold On, I'm Comin'

 

 

8.Can't Turn You Loose(The Blues Brothers Band)

 

ショッピングモール内のカーチェイスシーン。

 

(元ネタはオーティス・レディング。あと人気が出る前のバブルガムブラザーズがカバーしてて、ブルースブラザーズをかなりまるパクリオマージュしていて面白いのでそれもピックアップしておきます。「不注意なラブソング」というタイトルで日本語カバーしてた…と思って聴いたらサビはパクってるけどオリジナルソングっぽいね、一応掲載しておきます)

 

▼ブルースブラザーズバージョン▼

www.youtube.com

 

▼原曲▼

www.youtube.com

 

▼バブルガムブラザーズバージョン▼

www.youtube.com

www.youtube.com

I Can't Turn You Loose

I Can't Turn You Loose

 

 

9.Peter Gunn Theme(The Blues Brothers Band)

エルウッドが自分の住むホテルへジェイクと向かうシーン。

原曲はアメリカの私立探偵物の連続TVドラマ「ピーター・ガン」。

作曲はヘンリー・マンシーニ。

Theme from

Theme from "Peter Gunn"

 

 

▼ブルースブラザーズバージョン▼

www.youtube.com

 

▼原曲▼

www.youtube.com

 

10.Let the Good Times Roll(ルイ・ジョーダン)

エルウッドが部屋でレコードでかけた曲。

40年代にヒットしたブルースのスタンダード。ルイ・ジョーダンの代表曲。

 

www.youtube.com

Let The Good Times Roll

Let The Good Times Roll

 

 

まだ前半ですが、すごい量なので記事を分けます。

中編をお楽しみに。

 

※掲載されている説明文は全てみなとシネクラブ番外編『「The Blues Brothers」主なサウンドトラック』より引用。

オレンジの文字が私の追記になります。

 

参考記事:アレサ・フランクリンの代表曲・名曲・おすすめ曲10選!人気曲ランキング 

参考記事:「マザー2」に隠された7つの元ネタ その2【ゲーム音楽オマージュ考察】

 

www.teinai.work

 

前編 | 中編 | 後編