ていないブログ-主婦ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタクの雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

【ブロガー連動企画 私の初めての音楽】みーしか(ΦωΦ)さんの初めて買ったCDはなんと、クラシック!?

ていないブログオススメ記事

あなたの初めて買ったCDと、それにまつわる思い出話をブログに書いて教えてくださいなという企画で、みーしか(ΦωΦ)(@0mintchocolate0)さんが寄稿してくれましたー!

 

【ブロガー連動企画 私の初めての音楽】みーしか(ΦωΦ)さんの初めて買ったCDはなんと、クラシック!?

【ブロガー連動企画 私の初めての音楽】 #fmusic とは?

Twitterで音楽好きが集まる秘密結社(ていうかDMグループ)があるんですけど、その中でまるすけくんが企画したのがこれ。

それぞれが初めて買ったCDをブログに書いて、盛り上がろうぜっていうやつ。

私も参加したのですが、すごい楽しくて。

さらっと書くつもりが、4000文字の大長編になったの。

 

▼チェッカーズへの重くじっとりとしたラブレターみたいなやつ▼

www.teinai.work

 

他の人の記事を読むのも楽しかったので、DMグループ以外の人のやつも読みたくてTwitterでゆる募したところ…

 ブログしてないフォロワーの みーしか(ΦωΦ)(@0mintchocolate0)さんが興味を持ってくださいまして。

Twitterでタイムラインに流すだけではもったいないので、当ブログに掲載いたします。

なんと、彼女が高校1年生の時に初めて買ったCDは「ドヴォルザーク交響曲集」。

ポップスよりクラッシックをかっこいいと思う感性が素敵です。

いきさつもかなり面白いので、音楽好きさんはふむふむと楽しく読めますよ。

私は歌謡曲で彼女はクラッシックだけど、音楽って抑圧がある方が、反動で思い入れがある分、さらに愛情が深くなるのは、私と一緒かも。笑

 

みーしか(ΦωΦ)さんの初めて買ったCDはなんと、クラシック!?

私が高校一年生の時に初めて買ったCDはなんと、クラシック!

ドヴォルザーク交響曲集

わー。つまらないやつだー。興味ない……って思わないでちょっと読んでみてくださいね。

私の家庭は流行のものを子どもに見せない堅い家でした。

堅いというか、なんでしょうかね。偏屈というかへそ曲がりとでもいいましょうか。

とにかく、子どもの頃は歌謡曲は低俗なものとして聴かせて貰えず、テレビもNHKとまんが日本昔ばなししか見てはいけないと言う鉄の掟が。

クラスの流行りにはついていけずに素朴な遊びばかりしていたのですが、そんな私だってお年頃になれば音楽のひとつも聴いてみたくなるんです。

しかし、見れるテレビはNHK。NHKと言えば「みんなの歌」ですが、中学生になったらもっと大人っぽいものが聴きたい。

よし! では「名曲アルバム」だ!

と、思ったわけではありませんが、名曲アルバムで流れたちょっと物悲しいメロディーの虜になって探しまくりました。

当時はインターネットもないし、CDショップのクラシックコーナーにいるのはオジサマばかりで気軽に店員さんにも聴けない。

ドヴォルザークのCD自体はたくさん売っているのですが、お目当ての曲がない。

てかドヴォルザーク先生、たくさん作曲しすぎ!

そもそもクラシックには全く詳しくないから、いろいろ逆に質問されたら答えられない。

市内のCDショップを何軒もめぐってやっと買えた「ドヴォルザーク交響曲集」。

買ったばかりのCDラジカセで聴けた「スラヴ舞曲 Op 72-2」

 

www.youtube.com


今では簡単にYouTubeで聴けちゃうんですね。いい時代になりました。

 

エレクトーンで松任谷由実とか山下達郎とかを弾いていた小学生時代

そんな偏屈家庭で育ったくせに、私は小学生の頃、エレクトーンを習っていました。

習いたいと言ったわけではなく、ある日突然こども部屋にどでかいエレクトーンがどどんと搬入され、来週から教室へ通いなさい、と。

最初の頃は特に不満もなく習っていたのですが、上達するにつれ課題の曲がつまらないんです。

松任谷由実とか山下達郎とかのいわゆるニューミュージックや、ポール・モーリアとかのイージーリスニング。

今、原曲を聴けばかっこいいなと思うものもあるのですが、エレクトーン用の編曲がどうにもダサくて……。

ピアノに転向したい思ったけど、小学校の時に左手はコード和音もしくはアルペジオとがっちりインプットされてしまっていて、左手が動かず挫折しました。

母になぜピアノじゃなくてエレクトーンだったの?って聞いたら「クラシックは敷居が高そうだから馴染みやすいポップスを扱うエレクトーンにした」って言われたけど、そもそも私、子どもの頃、ポップスなんて聴かせてもらってないからどっちみち全然馴染みない……。

 

www.youtube.com


ポール・モーリア……いわゆる手品のアレです。はい。

 

吹奏楽部に入ろうと思ったけど入れなかった中学時代

さて、エレクトーン教室からも足が遠のいてしまった中学生。吹奏楽部に入ろうと思いました。

あまり覚えていないのですが、たぶん入学式の演奏がかっこよかったんだと思う。

でも、ここでもまた偏屈両親登場で吹奏楽部には入ってはいけない。と。

身体が弱かったので、練習についていけないであろうと言う判断だったようですが、従順な私は、さして反抗もせず理由も聞かず、ただ鬱屈した思いを閉じ込めたまま諦めました。

そして一年がすぎる頃、卒業式の卒業生入場で吹奏楽部が演奏した威風堂々。

これにめちゃくちゃ感動してしまったんです。

三年生に親しい先輩いなかったのに号泣ですよ。入場から。

晴れやかな曲に乗り、卒業生が堂々と入場してくる。

三年間の辛かったこと、楽しかったこと、がんばったこと、様々な想いを胸に、


\僕たちー!/ \私達はー!/ \今!/ \旅立ちます!!/

 

ってのにぴったりじゃありません?(中学校の卒業式でよびかけなんてやらないですけどね)

この曲は冒頭部分を卒業式で使っていなかったので曲名を探せず、CD買えませんでしたが、吹奏楽部員として演奏し先輩を送り出したかった思い入れの深い曲です。

 

www.youtube.com

2:12あたりからを抜粋した部分が入場曲として使われていました

 

卒業式といえば、全校合唱でタンホイザー行進曲を吹奏楽部の伴奏で歌ったのですがそれも好きでした。

無駄に卒業式で盛り上がっている謎の在校生。

 

www.youtube.com

 

とまぁ吹奏楽部には入れなかったのですが、そのあたりから吹奏楽へのアツイ思いをこじらせまして、今は、小学生むけ吹奏楽教室の世話役をしています。

当然、保護者の皆さんは私のことも先生だと思うようですが、中学生の頃の思いをこじらせているだけで、残念ながら何も吹けません。

3人の娘は全員吹奏楽をやっていて、他の保護者とは違った熱量でサポート中。

たぶん、自分が中学生の頃、吹奏楽部に入っていたら、こんなことやっていなかったと思います。

好きな吹奏楽曲はたくさんありますが、並べてもアレなので割愛。

一つだけ、最近の一押し。

 

www.youtube.com


話題の林檎さんとミヤジさんのあの曲のカバーですがめちゃくちゃカッコいい。

こんな風に好きな楽曲で楽しめたら素敵だな。

 

高校時代〜現在は、邦ロック、POPS、ロック、JAZZなど雑食に

さて。

高校生くらいになると、親がなんて言おうが好きなテレビは見るし、好き勝手に音楽を聴くようになって、当時バンドブームなんてものがあったので最終的には邦ロックも一通り。

海外の音楽もPOPS、ロック、JAZZからはじまり、FADやアルゼンチンタンゴとかブルガリアン・ヴォィスとかまさに雑食。いろんなものを聴いています。

むしろ最初がドヴォルザークだからこそ、いろんなものを受け入れやすいのか?とか?

いやそれはないか……。

みなさんも、いろんなタイミングでいろんな素敵な曲に出会われたと思います。

嗚呼 音楽ってすてき。

最後は某タワレコのキャッチコピーで締めさせていただきます。


\NO MUSIC NO LIFE./ ←卒業式の呼びかけ風に

 

みーしか(ΦωΦ)さんのTwitterアカウントはこちら

twitter.com

 

みんなの「初めての音楽」リリース年順にまとめました

www.teinai.work

 

音楽好きが集まるTwitterDMグループ参加者ゆる募

上條晴行さんが音楽好きが集まるDMグループを作ってくれました。

興味がある方、よければご参加ください。

別にお金とかもいらないし、飽きたらそっと抜けてもらったら大丈夫です。

メンバーは20代から40代まで、けっこう好みもバラバラ。

詳しい人もそんなに詳しくない人もいます。

ゆるいグループで、たまに誰かが企画やったらのっかる位で、普通に1ヶ月くらい誰も書き込まなかったりしますが、そんなグループで良ければ是非ご参加ください。

参加資格は特になし。

あ、音楽好きな人。

上條さんに@マークつけて音楽のDMグループ入りたいですってツイートしてもらえれば、お誘いの連絡あると思います。

上條さん知らないし勇気出ないよっていう方は、私(ていない)にツイートしてもらってももちろんOKです〜。

twitter.com

twitter.com