某激安スーパーで安い白ワインを
購入して開封したところ…

白ワインが茶色く変色していました。
もしかして古くなって劣化してる?

これって飲んでいいのかな?


ということで、状態の悪いワインを確かめる方法について調べました。



 

【ライフハック】 (2)



 

茶色い白ワインってあるの?状態が悪いの?それとも??

ワインをドン◯で購入し、
当日にコルク栓を抜いて開封したら
色が茶色い…


これは傷んでいるのかな?よ〜し!確かめるべ!!



状態の悪いワインを確かめる方法

wine-bzr.com

こちらのサイトに掲載されている記述をもとに、状態を確認していこうと思います。

 

状態の悪いワインを確かめる方法その1「色」

白ワインも赤ワインも、ボトルを開けた瞬間から酸化が始まり、徐々に茶色く変色していきます。
年代物のワインにおいてこの現象は想定内ですが、もし1~2年くらいの新しいワインにもかかわらず茶色に変色しているとしたら、それは空気に触れすぎて品質が悪化しているサインなのだそうです。


チェックに使用している
サイトの記述では
茶色く変色しているのはNGとのこと。

ただし…

濃い色で赤味がかっている、茶色味がかっている黄色
「熟成したワイン」「暑い産地のワイン」「日照量が多い産地のワイン」「甘味のあるワイン」「濃厚な味ワイン」「樽熟したワイン」「アルコールが高いワイン」
濃い色で茶色みがかっている白ワインは、濃厚で余韻も長く、個性派。辛口だけどボリュームがあるので複雑な味わい。(友田晶子 ソムリエ/トータル飲料コンサルタントより

 
という記述のあるホームページもあり…

 

白ワインが茶色いけど飲んでいいの?状態の悪いワインを確かめる方法

白ワインが茶色いけど飲んでいいの?状態の悪いワインを確かめる方法



2012年産のアルコール度12.5パーセントという
「熟成」「アルコール度が高い」という
茶色いワインの条件に当てはまっているんですよね。


古さゆえの劣化と熟成は紙一重…




一体この茶色くなった白ワイン、
飲んでいいの?飲んだらダメなの??


劣化して状態が悪くなっているから
こんな色になっているのか、
それとももとからこういうワインなのか…

普段飲んでるハウスワインの
白ワインと並べてみました。


 

白ワインが茶色いけど飲んでいいの?状態の悪いワインを確かめる方法

茶色いよね〜苦笑

 

状態の悪いワインを確かめる方法その2「気泡」

スパークリングワインでもないのに、ワインに気泡が発生していたら、ボトルの中で発酵が進んでいる可能性があるのだとか。こうなってしまったら、別のワインを開けるのが賢明でしょう。

気泡は出てないよ…

 

状態の悪いワインを確かめる方法その1「におい」

カビや濡れた雑巾のにおいがしているか

「濡れた犬や湿った段ボールのような臭い」これらの臭いはコルク臭。ワイン用語では「ブショネ」と呼ばれ、腐敗したコルクにカビが生えることによって起こります。コルクを使用しているワインボトルに数%の確率で発生するのだそうです。


ということで、臭いをかいでみました。

ワインのフルーティーな香りはしません。

が、カビくさくもないし、
濡れた雑巾のにおいもしません。

「 絆創膏や納屋の庭のような臭い」ほんの少し漂ってくる納屋のような香りは、自然豊かなワイナリーを偲ばせ、ワインに奥行きや深みを与えるもの。しかし、絆創膏や家畜のようなきつい臭いは、酵母がワインに悪影響を及ぼしている可能性があります。



絆創膏のにおいも
納屋の庭のにおいもわかんない!


「マニキュアの除光液や酢のような臭い」VAと呼ばれる酢酸菌がワインに作用すると、このような臭いが発生すると言われています。


そんな感じのにおいでもないよ…

「まったく香りがない」ワインが冷やされ過ぎていたり、空気にまったく触れていなかったりすると、無臭に感じることがあります。まず、ワイングラスを手で温め、グラスを回してワインに空気を含ませるようにしてみましょう。それでもなお、何の香りもしなければ、そのワインは単に香りのないワインなのかもしれません。


なんの話?状態の良し悪しが知りたいのに、
このくだり関係なくない!?



茶色いワインのにおいは、きついアルコール臭の中に、
猫のおしっこみたいなにおいがまじった感じ。

決して良いにおいではない。

ということで「ワイン 猫のおしっこ」で検索すると

ソーヴィニョン・ブランというぶどう品種から作られた白ワインが、猫のおしっこの臭いに似ていることから、こんな表現が付いたそうです。(exciteニュースより


ええ〜!?



猫のおしっこみたいな
においのワインもあるのか…


もしかして飲んでいいのか…?

 

結論:茶色くなった白ワインは飲みたくないよ

とりあえずもう一杯グラスに入れて
観察しようと思ったら、
ワインがどんどんにごっていきまして。

 

▼上の方のワイン▼

白ワインが茶色いけど飲んでいいの?状態の悪いワインを確かめる方法


▼底の方のワイン▼

白ワインが茶色いけど飲んでいいの?状態の悪いワインを確かめる方法

 


これは飲み物ではないと
判断するにいたりました。


結局飲んで確かめるのも嫌だったので、
ドン◯に電話したら平謝りで、
レシート持って行ったら返金してくれました。

ということで、

管理の悪い白ワインにはご注意ください。

結局ネットであれこれ調べましたが、
確実に確かめる方法というのはなく、
自分のカンなのかなと感じたり。


私が言えることは、「君子危うきに近寄らず」。