ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

LUSH(ラッシュ)のバスボムはもったいない!?|コスパ考察

LUSHのバスボムはもったいない!?

 

高いけれど、幸せな気分になれる、LUSH(ラッシュ)のバスボム。

贅沢なバスタイムを演出してくれる、アイテムです。

お風呂に入れると、いい香りでシュワシュワってして、お肌がしっとり。

ただ、バスボムの価格帯は600円〜1000円ぐらいなんですよね。

冷静に考えたらちょっと高すぎない?

LUSH(ラッシュ)のバスボムもったいない説について検証じゃあ〜!

 

この記事ではバスボムと他の入浴剤の価格を比較したり、LUSHでコスパのよいアイテムについて考察したりします。

 

LUSH ラッシュ 桜日記 200g バスボム 浴用 ジャスミンエキス 入浴剤 レモンオイル 入浴剤 ギフト

 

 

LUSH(ラッシュ)のバスボムはコスパが悪い?高すぎてもったいない!?

 

 

LUSH ラッシュ セクシー・ダイナマイト(約200g)

 

LUSHはスキンケア・ヘアケア製品やバスアイテムを取り扱うブランドです。

全ての製品が手作り。

強い香りが特徴です。

ショッピングモールなどに出店していることも多く、独特の匂いがするので数十メートル先からでもわかるほど。

全ての製品が、ドラッグストアコスメよりも高めの価格設定なんですえけど、個人的にはその中でも「バスボム」はダントツでコスパが悪い気がするんです。

 

LUSH(ラッシュ)のバスボムは安い入浴剤の50倍高い

HERS バスラボ アソート さっぱりCOOLタイプ 8種類×2錠 ぽかぽか温浴タイプ 8種類×4錠 [医薬部外品] 

 

最近我が家では、ドン・キホーテで購入した、白元の「バスラボ」(20個入り280円)を使用中です。

 

白元の「バスラボ」っていうのは、花王の「バブ」の白元版ですね。

 

重曹でシュワシュワっていう炭酸系の入浴剤なのでジャンルとしてはLUSH(ラッシュ)のバスボムと同じか。

 

この「バスラボ」、単純計算で1個あたり14円です(※ただしドンキだから特に安いのであってAmazonでは@27円でした)。

あれ?めっちゃ安くない?

 

LUSH(ラッシュ)のバスボムはだいたい550円〜960円ぐらい。

私の好きな「桜日記」は690円です。

 

その価格差なんと50倍…

 

いくらなんでも価格差ありすぎるわ!

 

つまりは…LUSH(ラッシュ)のバスボムはやっぱりもったいない!!

 

あんまり深く考えずにLUSH(ラッシュ)のバスボムを「ちょっといい入浴剤」「ちょっとした贅沢」と軽く考えて購入していましたが、なんか急に冷静になって、超無駄遣いしてた気分になりました。

これはもったいない!!

 

▼バスラボはLUSHと比べたら香りが庶民的ながら使用感は◎▼ 

 

LUSH(ラッシュ)のバスボムのお得な使い方

そもそもLUSH(ラッシュ)ではバスボムを買わないっていうのが一番お得な方法なんですけど、どうしてもバスボムが使いたい場合のお得な使い方は「割って使う」です。

 

LUSH(ラッシュ)のバスボムの割り方

「ネットで調べるとマイナスドライバーを割れ目に剃って入れ、ゴムハンマーでドライバーを叩いて割る」説が有力です。

が、我が家の裏技はもっと簡単。

袋に入れたまま床に落とすとだいたい真っ二つに割れます。笑

 

下手すると粉々になる可能性もあるので、自己責任でお願いします。

 

▼私の他にもおられました。笑▼

  

LUSH(ラッシュ)のもったいなくないアイテムとは?

バスボムは1つあたり、500円代からと単価が手頃なのでついつい手がのびてしまうのですが、実はLUSHのコスパが良い商品は、シャンプーバーとマッサージバーなのではないかと思っています。

 

完全に個人の主観ですが…

 

LUSH(ラッシュ)のシャンプーバーはコスパがいい

LUSH(ラッシュ)のシャンプーバーは主力商品の価格帯が1180円〜1300円です。

これね、非常にコスパがいいです。

なんと普段の量り売りしている石鹸と比べて水分が少なくテクスチャーが硬いので、持ちがいいんですよね。

ショートカットだと1ヶ月持ちます。

また、香りも良いし使い心地も良い。

 

個人的には

  • 夏場はさっぱり系の「紫ショック」
  • 冬場はしっとり系の「レディゴダイバ」

がオススメです。

 

ドラッグストアでも、ちょっと高級なラインのシャンプーを買うと1ヶ月あたり1000円とかザラにします。

そういう「ちょっとイイシャンプー」と比べて品質や使い心地も遜色なく、何よりも香りが最高。

シャンプーバーはLUSH(ラッシュ)の製品の中で特に高品質高コスパなのではないかと思っています。

 

LUSH(ラッシュ)のマッサージバーはコスパがいい

あとコスパが良いなと感じるのは、LUSH(ラッシュ)のマッサージバーです。

主力商品の価格帯は900円〜1490円です。

安いものはサイズが小さいので要注意。

 

ていないのオススメは

  • 1140円の「華」

というマッサージバー。

香りと使い心地が大好きです。

 

簡単に説明すると、カカオバターにオイルやら香料やらが入って固められているもので、ボディクリームとマッサージバーの1つで2役をしてくれる製品です。

固形石鹸みたいな硬さのものを肌に押し当ててマッサージしていき、肌の熱でゆっくりと溶かしながら皮膚になじませていくというもの。

これがね、超気持ちいいんですわ。

固すぎず柔らかすぎないマッサージバーを筋肉にそってごしごしすると、凝り固まった疲れがほぐれるし、LUSH(ラッシュ)独特の香りが体を包んで癒されまくるのです。

これも個々の押し付けの力加減とか、体温とかで減りが違うとは思いますが、私は1ヶ月ぐらい持ちます。

ボディクリームで1ヶ月1140円って考えると、まあ特に高くないかなということで、マッサージバーはLUSH(ラッシュ)の製品の中で特に高品質高コスパなのではないかと思っています。

 

なんだかんだでLUSH(ラッシュ)は石鹸がイイ

個人的にLUSH(ラッシュ)の製品でもっともオススメなのが石鹸です。

主力商品の価格帯は660円〜850円ぐらい。

 

個人的には

  • ハチミツの香りの「みつばちマーチ」660円
  • 爽やかなレモンの「ボヘミアン」680円
  • 同じく柑橘系の香りでしっとりの使用感の「マーマレードソープ」700円

などがお気に入りです。

 

バスボムとだいたい同じくらいの価格なんですけど、バスボムが1回こっきりしか使えないのに比べて、石鹸はハンドソープとしたら1ヶ月ぐらい使えるし、ボディソープにしても10日ぐらいは使えるのでお得です。

何よりも香りが強く、色や形が目に楽しいし、洗い上がりもしっとりしていてバスタイムが楽しみになるアイテムだと思います。

柔らかいテクスチャーなので溶けやすいため、湿度の高い浴室などでは保管に気をつける必要がありますが、手頃な価格で手頃な期間、LUSH(ラッシュ)を満喫できるアイテムなのではないかと考えます。

 

まとめ;LUSH(ラッシュ)のバスボムはもったいない!?

ラッシュ LUSH ドラゴンの卵 バスボム

 

LUSH(ラッシュ)のアイコンにもなっている人気製品バスボムですが、実は非常にコスパがわるくもったいない製品であるといえることは間違いないでしょう。

日常的に使用するには、かなりもったいないなと感じます。

ただ、お友達にプレゼントしたり、自分へのご褒美にたまに買うには、価格帯が手頃でちょっとリッチなバスタイムを提供してくれる、バスアイテムであることに間違いはありません。

 

記事内の商品車輪はAmazonの画像ですが、正規商品よりも高額での販売となっています。LUSH(ラッシュ)の商品を購入される際は店舗もしくは公式サイトでのオンラインショッピングをオススメします。