ていないーていねいな暮らしではないけれど(狭いマンションに好きなものだけつめこんで、毎日をご機嫌に暮らす)

築50年29㎡の狭小賃貸マンションで機嫌よく暮らす、ゆるミニマリストな中年夫婦とねこ1匹の日々ブログ。インテリア、整理収納、そうじ、節約、DIY、リノベーション、お買い物、音楽、映画、マンガ、ごはん、ダイエット、新居探しとマンション売却。

ていないーていねいな暮らしではないけれど
ていないーていねいな暮らしではないけれど(狭いマンションに好きなものだけつめこんで、毎日をご機嫌に暮らす)

【逆輸入バイク】ベトナム製のHONDAスーパーカブ「スーパードリーム110」を13万5千円で購入しました

HONDAスーパードリーム110cc(通称「ベトナムカブ」)を夫婦各々で乗っています。

シートも良い硬さで、乗り心地も良く、加速もご機嫌。

操作感も良くて小回りが効くところも気に入っています。

お友達とタンデムしても乗り心地の評判は上々。

 

ベトナム製のHONDAスーパーカブ「スーパードリーム110」

 

我が家の「スーパードリーム110」はベージュ&マスカット

ゆきひろは2015年秋に「CHOPS東大阪店」でベージュを購入。

フロントキャリアに100均のワイヤーネットと結束バンドで使わなくなった籐の洗濯籠をつけています。

重いものを載せすぎてバスケットがたわんできてます。笑

 

こはなは2016年春に「CHOPS高槻店」でシャインマスカットを購入。

カゴをつけたくなったらすぐ設置できるように、フロントキャリアのみ購入時に着けてもらいました。

 

スーパードリーム110を選んだ理由

・夫婦2人暮らしでローン、駐車場代、税金、保険、ガソリン代等の維持費を支払ってまで持ち続ける必要を感じなかったので車を手放し、マンション購入の資金の一部にしました。

・お買いもの用としてバイク購入を検討。50ccはスピード制限があること2人乗りができないことから却下。ツーリングに行く訳でもないので大きなバイクは不必要なため90cc、125ccの中古バイクを探し始める。(※元々2人とも大きいバイクの免許を所持)

・インターネットでスーパードリーム110を発見。バイクをメンテナンスできる訳でもないので逆輸入車ということが不安でしたが、以下のメリットデメリットを差し引きして購入を決定。

 

HONDA スーパードリーム110「ベトナムカブ」のメリットデメリット

メリット1 初期費用が安い!とにかく安い!!

普通の50ccの新品バイクより確実に安いです。

車両代金+整備+アフターサービス等諸経費で13万5000円で購入(税金と保険除く)。

メリット2 110ccだから2人乗りできる

嬉しいっす。便利っす。

メリット3 税金も安い

バイク・原付の税金

軽自動車税が年間2400円。50ccでも年間2000円するし、125cc以上は自動車重量税がかかるから、ほんとにお得。

メリット4 純製品がツーシーターだから2人乗りが快適

 日本製のスーパーカブはシングルシートにリアキャリアが付いてます。

2人乗り仕様にするためにはリアキャリアにお座布団みたいな別売りのタンデムシートを取り付けないと、痔の人には辛いです。

メリット5 乗ってる人が少ないので注目度が高い

 今のところスーパードリームを一度も見かけたことがありません。

デザインもそこそこかわいいので、「おしゃれなバイクですね」と知らない人に声をかけられたりします。

マスカットグリーンのボディカラーは日本製のバイクで見かけないので、なんだかレアな気がしてウキウキします。

メリット6 作りが単純なので故障が少ない

ベトカブは昔のバイクに使われていたキャブレター式で、現在の日本のバイクに採用されている電子式(インジェクション)と違って構造が簡単で故障が少なく、調整もしやすい。

メリット7 (噂)パワーが日本製よりある

大きいバイクに乗ってるおじちゃんに『日本製のやつよりエンジンのパワーがあるらしいよ』て言われました。

真偽のほどはわかりませんが、ゆきひろ氏も「ベトカブはキャブレターだからインジェクションのスーパーカブよりパワーあるはず」と言っております。

メリット8 原付タイプのバイクよりも燃費が良い

普通の原付の3倍位ガソリンが持つ気がします。

が、「魔法の燃費」と呼ばれるホンダスーパーカブと比べると多少劣ります(以前スーパーカブに乗っていたこはな談)。

デメリット1 もし修理が必要な時に購入した店に持って行かないといけない

パンク修理とか簡単なメンテナンスは近所のバイク屋さんでも大丈夫だとは思いますが、部品がスーパーカブと同一規格ではないようなので(フロントキャリアはスーパーカブのやつ取り付けてもらいましたけど)、ベトカブの取り扱いがあるところじゃないと修理は難しいと思います。

デメリット2 冬が怖い

新しい内は問題ないと思います(去年の冬はチョークひくことなく一発セルスタートでエンジンかかりました)が、5年とかたった時に暖かい国のバイクが日本の寒さにどこまで耐えられるのか気になります。 

デメリット3 ガソリンがあんまり入らない

スーパーカブの方が入ります。

ほぼカラカラの状態で給油しても3リットルちょいしか入らない。

デメリット4 サブタンクがない

ガス欠した時に地獄が待ってます…

デメリット5 搭載力がない

普通の原付のように足元に物を置けないし、ツーシーターなのでスーパーカブみたいなリアキャリアもありません。

 

<この記事は旧ブログに2016年11月掲載した記事を2018年6月にリライトしました> 

 

www.teinai.work