ていないーていねいな暮らしではないけれど(狭いマンションに好きなものだけつめこんで、毎日をご機嫌に暮らす)

築50年29㎡の狭小賃貸マンションで機嫌よく暮らす、ゆるミニマリストな中年夫婦とねこ1匹の日々ブログ。インテリア、整理収納、そうじ、節約、DIY、リノベーション、お買い物、音楽、映画、マンガ、ごはん、ダイエット、新居探しとマンション売却。

ていないーていねいな暮らしではないけれど
ていないーていねいな暮らしではないけれど(狭いマンションに好きなものだけつめこんで、毎日をご機嫌に暮らす)

【夫婦2人暮らしの間取り図公開】30㎡以下のマンションで暮らしています【小さなくらし】

30㎡もない、とても狭いマンションですが、不満はありません。

強いて言うならもっと狭い家でもいける気がします。

最近は暮らしを小さくする本ばっか読んでます。

 

f:id:jikobukken:20180608182501j:plain

 

 

マイブームは、「暮らしを小さく」「老いじたく」「住み替える」

82㎡から52㎡へ

2016年に82㎡のマンションから52㎡のマンションに引越しをして、暮らしやすくなったことに驚きました。

広い家、たくさん部屋がある家の方が暮らしやすいのかと思っていたら、家が小さい方が快適でした。

私たちは52㎡のマンションの間取りと水回りを工務店にリフォームしてもらい、セルフリノベーションで作り付け家具を設置したり、壁紙を貼ったりしました。

とても楽しく、満足していました。

52㎡から29㎡へ

現在居住中のマンションがこちら

2017年に旦那の仕事の都合で29㎡のマンションに引越しすることになりました。

間取り図を書きました。

f:id:jikobukken:20180608181347j:plain

29㎡と小さな家ですが、水回りがかなり古くてコンパクトなので、その分部屋が広々しています。6畳と4畳、キッチンは3畳くらいありそうです。

押入れが大きいので、最低限の家具で暮らせているため、狭さは感じません。

古いマンションなので2Kの間取りになっていますが、29㎡は一般的な1DK、一人暮らしサイズです(同じマンション内でも、リフォームされ1ている部屋はワンルームで貸し出されています)。

築50年以上の、水回りの修繕がされていない管理の悪いマンションに暮らすことになり憂鬱な気分でしたが(予算内のペット可物件がここしかなかった)、暮らしてみると意外なことにとても暮らしやすいのです。

どこに何があるのかわかる、家中に温度差がないというのは、とても快適です。

賃貸物件なので収納をカスタマイズできないため、ジャストサイズでない使いにくさはありますが、52㎡の家よりもこの家の方が暮らしやすいです。

そして、何より都心部のど真ん中に暮らしているので、どこに行くにもアクセスが良く、歩いて築地や銀座や六本木に遊びに行くことができたり、バイクに乗ったらだいたいどこにでも行けてしまうので便利このうえなし。

飲食店も徒歩圏内に安くて美味しい店がたくさんです。

家がどんな場所にあるかによって、こんなに生活の充実度がかわるとは思ってもみませんでした。

29㎡から???へ

来年の春には今の家から退去することが決まっています。

最初は52㎡のマンションに戻るつもりでしたが、単身者用のワンルームマンションで行けるんじゃないか説が持ち上がっています。

52㎡のマンションを「ついのすみか」にするつもりで購入したのに、気持ちが揺らいでしまっているのです。

もっと私たちが楽しく暮らせる場所があるんじゃないか?もっと狭くても、アクセスの良い場所の方が暮らしやすいんじゃないか?っていう。

どこまで狭い家で暮らせるのか試してみたいっていうのもあるし。

おりしも、東京オリンピック目前の不動産バブルが到来しているグッドタイミング。

我が家は蓄えが少ないので、今の不動産高騰に便乗して、50万円でも100万円でも利益が出せるなら手放してしまいたい。

購入した時よりも、いくらか高くで52㎡のマンションを売却して、もっと都心部の、もっと駅近の、もっと築年数の浅い、単身者用マンションを同価格で購入し、旦那の定年まで10年ほどそこで暮らそうかと試案中です。

そうしたら10年後に賃貸に出して、別の場所で新しい暮らしをはじめることができるんですよね。

都心部の駅チカ物件は、ベッドタウンのファミリーマンションよりも、価格の値下がりが少ないので、老後資産としては手堅いと思います。

ほんとに自分がこんなに狭い家にはまるとは思いませんでした。

もっと狭い家に住みたい!