5月ライブドアひながた (4)

ミニマリストで整理収納アドバイザーの

ていないこと大木奈ハル子です。

1DK・30平米の狭小マンション
夫婦2人で暮らしています。

実は我が家、
だんない(夫)の定年まで
あと5年をきっています。

この記事では2人暮らしミニマリスト夫婦
老後の居住計画について
整理収納アドバイザーの知識を踏まえて
理想の老後暮らしを叶える
間取りとインテリアについて
つれづれに語っております。


老後の間取りは50平米以下の狭小マンションをオススメ

現在は夫婦2人暮らしで
東京の都心部にある賃貸マンションに
引っ越して5年目になります。

間取りは6畳DKと6畳リビング
床面積は9坪30平米の
俗に言う狭小マンションです。


1人暮らしサイズの部屋に
夫婦2人暮らしをしていますが、
実際に住んで狭さを感じてません。

今朝撮った室内写真がこちら。

48894

狭い家でゆったり暮らすために
服や雑貨や日用品を減らし
家具も最低限にしたところ、
必要なものがどこにあるかわかり
管理が行き届くようになりました。

老後の狭小マンション暮らしは
居住スペースが狭ければ
目が行き届くというメリットがあります。

ただし30平米はちと狭いので
老後は40平米前後の部屋に
引っ越し予定です。


現在は家具を最小限にし
床に直接座る生活スタイルなのですが、
年を取ると立ち座りがおっくうになるため
椅子やテーブルがある方が動きやすい
ので、
老後の生活を快適にする家具を配置するために
もう少し床面積が欲しいのがひとつ。

宅配やネットスーパーで買い物して
日用品や食品をある程度ストックできる
収納量があるパントリーのような空間を
作る
方が暮らしやすいのがひとつ。

ダイニングセットやベットなど
家具を置くのにプラス5平米、
収納スペースの拡張にプラス5平米で、
現在住んでいる30平米よりプラス10平米した
40平米というのが、老後の間取りの根拠です。

あまり広すぎると、
管理も大変だし水道光熱費もかかるので
50平米までの間取りがいいかな。

老後の間取りは細切れよりゆったり推奨

老後夫婦2人暮らしの間取りは
別々に部屋を持つべきかとか
寝室を分けるべきかとか
そこらへんは夫婦次第かと思います。

ただ夫婦2人暮らしなので
部屋数は少ない方をオススメします。

老後はなるべく少ない部屋で
生活の全てをまかなう
のが
快適に暮らすコツかと。

2畳キッチン・4畳・4畳・6畳の3K
というような細切れ間取りで
4部屋を掃除して管理するよりは、
10畳ダイニングキッチン・6畳の1DK
など広さを重視した間取りの方が
家事もラクになると思います。

また部屋もまんべんなく温まるので
寒い寝室に行って寝なきゃとか、
暑くて狭い台所で料理しなきゃとか、
そういうストレスがなくなります。

老後に部屋数が多い間取りで起こりがちな、
使用頻度の低い部屋にいらないものを
どんどん置いてしまって、最終的に
モノが溢れて手がつけられなくなる
なんていう悲劇も回避できるので
狭小マンションは本当にオススメ。

老後の2人暮らしはベッドを別に

私にとって老後大切なのは
布団ではなくベッドで寝ることと
夫婦別々のベッドを用意すること。

我が家は現在はマットレスを使用中で
並んで寝て夜敷いて朝あげてますが、
老後は別々のベッドにする予定です。

人は年を取ると眠りが浅くなり
夜中のトイレ回数が増えるから
並んで寝るとどっちかが起きると
どっちも目が覚めてしまう。

だから別々に寝る方がいい

布団の上げ敷きはもちろん
布団から立ち上がるのさえ辛くなる。

だからベッドがいい

老後の収納スペースは間取りより大切

個人的に間取りよりこだわりたいのは、
収納スペースです。

年を取ると記憶力が低下し
モノの管理が大変になります。

全てのストックが見渡せる
幅広で浅い収納がベスト

そして体力も落ちて片付けが
重労働になってきますし、
押し入れのような深い収納だと
奥に置いたモノを出すだけで
大変な労力を使う必要があります。

収納があれば押し込むのが
人間の本能。

押し入れがあればどんどん押し込み
奥に何があるかは忘れて
次々と新しいものを買って
押し入れに入らないものは
押し入れの前に床起きする。

こうして開かずの押し入れが
完成するのです。

そうなれば、その家は詰みです。

押し入れは布団のための収納なので
ベッドで暮らす場合不必要です。

私は賃貸なら押し入れのない
狭小マンションを探し、
分譲ならリノベーションで
押し入れを壊す予定です。

メタルラックのような
高さが調節できて奥行きの浅い収納を
壁一面に配置しておけば、
衰えていく記憶力を頼らなくても
一目瞭然で在庫管理ができます。

2人暮らし夫婦の幸せな老後計画

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

ミニマリストとは
「必要最低限のもので生活する」
人を意味します。

私はミニマリストになって
4年ほどたちますが、
老後とミニマリストは
相性抜群だなと感じています。

持ち物が少ないと
小さな空間で暮らせますし、
小さな空間なら同じ家賃で
便利な場所で暮らせますしね。

大きな2階建ての戸建てだと
いくつもある押し入れの中を
記憶して管理するというだけで
日常生活がハードモード。

狭小マンションで
収納は一箇所にまとめて
一目瞭然に管理してすれば、
狭くても心地の良い空間に。

ただし、物量はそのままで
狭い間取りで老後を送ると、
モノに生活が圧迫されるので、
必要ないものを捨てることを
必ずしてくださいね。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

にほんブログ村のランキングに参加中

🔽はるちゃんをぽちっで応援お願いします🔽 

にほんブログ村 にほんブログ村へ

🐶「子犬」は何位かチェックする

🏠「ミニマリスト」は何位かチェックする

🔧「ジャンクスタイルインテリア」は何位かチェックする


୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧


↓のボタンで更新通知が受け取れます
登録してくれたらとてもうれしいニャー🐱
LINEで読者登録する