ていないブログ-主婦ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタクの雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

野田琺瑯の特大コーヒーポット3リットル

ていないブログオススメ記事

我が家のお茶用やかんホーロー製のコーヒーポット。

月兎印(野田琺瑯)製で、3リットル以上入る業務用の特大サイズです。

直火OKなので、直接コンロの火にかけて毎日ぐらぐら沸かしています。

1回でたくさんお茶が沸かせて便利だし、でっかくてかっこいいので気に入っています。

f:id:jikobukken:20180608123731j:plain

 月兎印(野田琺瑯)ホーロー製コーヒーポット 3リットル(ヴィンテージ 新古品)をリサイクルショップで3000円で購入

 

 

使い勝手最高の昭和のコーヒーポットを手に入れた経緯

京都の西院にあるリサイクルショップで発見しました。

正面に貼られている月兎印のシールはピカピカで、ホーローに欠けもなく、新古品なのは一目でわかりましたが、箱がなく裸の状態で販売されていました。

価格は3000円。

気軽に連れて帰るには微妙なラインです。

購入をためらい一度は買わずに帰ったのですが、通常月兎印の商品は0.7リットルで3000円程度で販売されており、もうこの特大サイズのコーヒーポットが生産されていないことを知り「やっぱり買う!」と翌日に再びお店に行って購入しました。

(今ネットで探したら同じ商品が6800円の値段がついてるのを見つけたのでホクホク)

 

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

 

 

コーヒーポットのスペックと使い心地

これも以前に紹介した象印のケトルと同じで70年代製なのかな?と予想しています。

www.teinai.work

昔の製品の作りの頑健さには、ほんとうに驚かされます。

やかんとして2年ほど使っていますが、2日に1度のペースでお茶を沸かし続け、毎日使っていますが、この調子だとあと10年くらい行けそうです。

ただ、フタをタイルの上に落としたらはつまみが欠けてしまいました。

f:id:jikobukken:20180608131301j:plain現行品ではないので、買い換えようと思っても手に入らないものなので、大事に使わないとなと反省。

白いので茶渋が目立つので、定期的に酸素系漂白剤につけおきしていますが、とても綺麗になりますよ。

大は小を兼ねると言いますが、本当にそのとおりだなと思います。

3リットルの大容量なので、旦那の魔法瓶(500ml)にお茶を入れても、まだまだ残量があるので、たっぷり飲むことができます。

 

入手方法

業務用のため絶対数が少ないので入手しにくいと思います。

リサイクルショップなどで偶然出会うのを待つか、ヤフオク、ラクマ、メルカリで探すしかないのではないでしょうか。