ていないブログ

ミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦のライフスタイル雑記ブログ

猫の脱走防止扉をDIYで自作する|ディアウォール、ラブリコ使用例多数掲載

サブスクおすすめ

\月額780円〜で6500万曲聴き放題/

【今だけ3ヶ月無料】アマゾンミュージックアンリミテッド

\雑誌のサブスク最安値の月額380円/

【初回31日間0円】!250誌以上の雑誌が読み放題「楽天マガジン」

 

猫の脱走防止扉を、ディアウォールを使ってDIY

 

賃貸マンションの壁に傷をつけずに、猫の脱走防止扉自作

ディアウォールという、ツーバイフォー(2×4材)を使って、強固に突っ張って、角材を使って扉を作成。

猫は通さないけれど、風は通す、見通しの良い扉が完成しました。

 

f:id:jikobukken:20170313193510j:plain

 

 

ディアウォールを使って猫の脱走防止扉を作る

当記事で紹介している自作扉は、マンション住まいの友人Tが、猫の脱走防止用に作ったドアです。

ディアウォールを使って、壁に傷をつけずに作られている工夫の詰まっています。

 

ディアウォールは2×4専用突っ張りツール

ディアウォールは壁や天井に穴をあけずに本格的なDIYができる、ツーバイフォー(2×4材)専用壁面突っ張りシステムです。

 

 

ツーバイフォーを使って突っ張ることで、市販の突っ張りポールよりもはるかに、丈夫で見栄え良く、そして壁面に傷をつけずに支柱を立てることができます。

類似品に「ラブリコ」というものもあるので、好みで選んでください。

 

 

ツーバイフォーの長さを調整することで、左右の天井の高さの違いをカバーしています。

 

f:id:jikobukken:20170313193510j:plain

 

ドアを格子にすることで、見通し良く空気がこもらない

扉は猫は逃がさないけれど、空気を通す格子にしています。

合板などを貼ると、空気が抜けなくなりますが、格子にすることで、見通しも良く空気もこもりません。

軽い角材を組み立てて格子を作り、そこ面にキャスターを付けて強度を上げています。

 

かんぬきは2箇所につけて、脱走防止を徹底する

f:id:jikobukken:20170313194239j:plain

 

脱走防止扉には、かんぬきタイプの鍵を上下の2箇所につけました。

万が一の脱走をブロックします。

どちらかが外れてしまっても、猫を逃がしません。

 

友人Tの家の猫紹介

f:id:jikobukken:20170313193846j:plain

通称微笑みの猫、友人T曰くずんぐりむっくり体系のオヤジ臭いロシアンブルー、シャルトリューという種類の猫ちゃんです。

 

ディアウォールを使った猫の脱走防止扉DIYいろいろ

猫の脱走防止扉を、ディアウォール、ラブリコを使って自作された方の画像をまとめました。

 

大正時代の建具のような、デザイン性の高い脱走防止扉。
ラブリコを使ってDIYされています。
木材は白ペンキを塗ってあり、完成度が高い!

 

ディアウォールに、角材で組んだ扉を合わせて、園芸用のラティスや100均のワイヤーネットを組み合わせています。
猫の脱走防止扉というか、DIYキャットハウスの出入り口なのかな?

 

ディアウォールを支柱にしているだけで、プロの仕事と思われる、完成度の高い猫の脱走防止扉(左)。
ツーバイフォーとワンバイフォーを組み合わせて作った、カントリー調の猫の脱走防止扉(右)。
右側の写真なら真似できそう。

 

ディアウォールで支柱を組んで、角材ではなく丸棒を使って作った猫の脱走防止扉。 
足元まできちんとブロックされていて、小柄な猫も逃がしません。

 

ディアウォール×ラティスの簡単だけど、丈夫そうな猫の脱走防止扉です。
DIYの手間が最小限で、見た目も良いので、ラティスを利用するのは真似したい。

 

トリカルネットはオールプラスチック(ポリエチレン)製のネットなので、軽い扉を自作したい人にはぴったりです。

 

全体像がわかりませんが、ツーバイフォーとL字金具を組み合わせた猫脱走防止扉。
ネズミ返し的なしかけもあり、DIYならではの工夫がこらしてあります。

 

鶏小屋なんかによく張ってある亀甲金網を使用した、猫の脱走防止扉。
身体能力の高い猫は金網に脚をかけてよじ登ることもあるそうなので、注意が必要です。

 

ラブリコと市販のパネルドアを組み合わせてDIY。
猫の脱走防止扉というより引き戸を家に1つ追加したような感じ。
通気性が気にならない方には、逆に玄関から家の中が丸見えにならずに良いかも。