ていないブログ-ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーなインテリア好き音楽オタク主婦の雑記

ゆるミニマリストで整理収納アドバイザーの主婦「ていない」による雑記ブログ。グルメや裏技、芸能音楽記事が豊富。ミニマリストブロガーインタビュー&いろんな職業インタビュー大好評連載中。

節約するぞ!2019年10月「1ヶ月なるべく10万円生活」はじめます

にほんブログ村 にほんブログ村へブログ村のランキングに参加しています。
応援してくれたら嬉しいです。
読んだよの合図におばけちゃん(猫)のお腹をポチッとお願いします。 

8月あたりからバイトをはじめたこともあり、自炊するガッツがなくなりました。

ほぼ外食で済ませています。

夫婦2人で食費10万円オーバーって感じ。

冷静に考えたら「めちゃくちゃ浪費してるやん」ということに今さら気づきました(あとバイト1ヶ月で辞めましたまた記事にて報告します)。

ということで10月は節約を頑張ろうと思います。

生まれ変わったように財布の紐をグルグルに締めて、生活してみようじゃないかと!

 

ということでこの記事では「1ヶ月なるべく10万円生活」の概要について説明します。

 

節約するぞ!2019年10月「1ヶ月なるべく10万円生活」はじめます

 

 

極限節約生活をレジャーに!「1ヶ月なるべく10万円生活」 とは?

1ヶ月の生活費を10万円以内に収めることを目標として節約生活を送ります。

これからも毎月10万円で生活するというのではなく、東京都港区で夫婦2人で10万円の生活費でどこまで生活を楽しめるのか?という実験的な試みです。

家賃と税金、冠婚葬祭は除外します。

また、家にある食材や日用品などは普通にノーカンで使います。

だってあるからね。笑

 

10月1日から使用した金額が10万円以内になるのが目標。

10万円を超過しても、どれくらいの金額ならどの程度の生活ができるのかなるべく1ヶ月間継続してみようと思います。

「1ヶ月なるべく10万円生活」で大切にしたいのは「なるべく生活レベルを落とさない」ということ。

休みの日にはお出かけもするし、外食もするし、アートやカルチャーを楽しむ、豊かな節約を目指します。

レジャーの一環として取り組もうと思います。

※ただし、だんない(旦那)が怒り出したり、嫌がったりしたら途中で終了する可能性があります。

 

節約その1:1ヶ月なるべく10万円生活のためにまずは固定費をざっくり洗い出し 

 

まず我が家の固定費をざっくり出してみました。

 

水道光熱費+交通費で1万円

9月度の請求書が届いたら再度照らし合わせてみますが、最近はこんな感じ。

ホットヨガでシャワーを使っているのでガス代と水道代がとっても安いです(自炊してないのもある)。

 

  • 水道代 2500円(2ヶ月で5000円)
  • 電気代 3500円
  • ガス代 2500円
  • ガソリン代 1500円

 

▼車を手放して110ccバイクで5年で300万円節約▼

www.teinai.work

 

通信費が4000円

ポケットWi-Fiを契約していたのですが、最近解約しました。

普段は無料Wi-Fiを拾いますが、電波が弱いときはテザリングをしています。

 

  • スマホ代4000円(夫婦で基本料金3860円)
  • Wi-Fi無料(家で無料Wi-Fiが拾える)

 

▼参考記事はこちら▼

www.teinai.work

 

サブスクが16000円

平日通い放題のホットヨガと、使いまくりのアマゾンプライム、夫婦で熟読してる楽天マガジンは文句ないですが、産経新聞に2000円支払うのがもったいないので、今月中に解約する予定です。

9月は体調を崩してホットヨガに10回ほどしか通えていませんが、10月は週4回は通いたいと思っています。

スポーツジムとかと比べると高いけど、体調がかなり改善したので、将来的に健康を買っている費用だと考えています。

改めてアマプラと楽マガは元とってるなぁとしみじみ。

 

  • ホットヨガLAVA(マンスリーメンバー・ライトのデイタイム会員) 13500円
  • アマゾンプライム 400円
  • 楽天マガジン 400円
  • 産経新聞デジタル 2000円

 

我が家の1ヶ月の固定費合計…約3万円

 

ホットヨガの1.4万円が高額だけど、それ以外はかなり安く抑えていると思います。

ポイントは車のない生活をしていること、スマホは格安SIMを使用していること、サブスクやデジタルをうまく利用していること。

 

▼ホットヨガのヨガウェアも爆安で揃えました▼

www.teinai.work

 

節約その2:食費以外の必要経費の予算を計上

食費以外の必要最低限の予算を洗い出してみました。

 

こづかいが2万円

各々が好きに使えるお金が1人1万円はいるよね。

私は友達とも遊びに出かけたいし、だんないは会社の人と飲みに行くこともあるだろうし(9月はだんない送別会つづきで多分3万円以上使ってそうだけど)。

がんばって余らせて、後半に食費のカバーに使いたいところ。

 

日用品が1万円

トイレットペーパーやシャンプー、おばけちゃん(猫)のごはんなど。

 

娯楽費が2万円

土日で夫婦で5000円使うとして4週間分として2万円。

 

▼銀座で0円でリッチなデートができるの知ってた?▼

www.teinai.work

 

我が家の1ヶ月の娯楽費、必要経費など5万円

 

節約その3:まさかの食費の予算は月間2万円に…

10万円でやりくりすると、しわ寄せは全部食費に…。

 

食費が2万円

まさかの月間予算2万円(ただし現在家にある食料品は使います)。

 

▼以前1週間2000円で暮らしたことはあるの▼

www.teinai.work

 

「1ヶ月なるべく10万円生活」食事のモットーはこの3つ

  1. 自炊はできる限り手間をかけずに調理する
  2. ダイエットに適した食生活を維持する
  3. 週に2回程度は外食をする

 

私は最近めっきり料理することが面倒になっているので、常備菜やレトルトなどをうまく活用して、手抜きレシピで自炊していくつもりです。
がんばりすぎると続かないので、最初から力抜いてダルダルな食事を作るつもりです。

あと、現在ダイエット中(5月から9.6キロ減量)なので、コスパが良いからとお好み焼きばかり作って食べたり、3食うどんを食べたりせずに、なるべく低糖質、低カロリーを意識しながら食事をとりたいです。

一番大切なのは外食。

私たち夫婦は三度の飯より外食が好き。笑

喫茶店で楽天マガジン読むのも生きがい。

週に2回以上は外食もしくはお茶をしに出かけられるようにやりくりしたいなと思います。