ブログネタ
【公式】"絶品"お取り寄せグルメ に参加中!
17033

神々しい金色の蓋にはどーんと大仏さまのイラスト。
500mlサイズの大瓶の中には、プリンがたっぷり。

これが奈良名物の「まほろば大仏プリン(大)」。

食べるとテンションがアゲアゲになるので、みんなに教えたい〜〜。




大仏プリン(大)見た目の魅力:瓶がでかい!おもろい!お土産にぴったり!

「まほろば大仏本舗」は、観光名所やデパ地下など、奈良のあちこちに出店している、プリンとゼリーなどを扱っているお店。

奈良観光した時に「まほろば大仏プリン(大)」を見かけて、とにかくあまりのでかさに印象に残っていました(その時は食べてない)。

一度お取り寄せしたのですが、瓶を捨ててしまい…。
「ああ、なんで大仏プリンの瓶を残しておかなかったんだろう」と後悔していたのです。
ついにリベンジで再ゲットしました。

↓お茶碗2個を積み上げたのと同じぐらいの高さがある500ml瓶入り
17031

プリントは思えない、瓶の大きさと形状、どうみても梅干し入れる瓶なのに、中にプリンが入ってる!
おもろすぎるやん。
蓋にはデフォルメされた奈良の大仏様のイラスト。
食べるとご利益ありそうやん。

17033

今回は自分で食べたのですが、ほとばしるインパクトとこみあげる面白み。

お土産に渡せば、盛り上がること請け合いです。

大仏プリン(大)味のクチコミ:固めなのにしっとりなめらかクリーミー、素朴だけどこだわりの味わい

17030

大仏プリン見た目のインパクトがすごいので、ウケ狙いの土産物と勘違いされそうですが、めちゃおいしいです。
観光客だけじゃない、地元民も食べてます。

「まほろば大仏本舗」を運営する株式会社大仏プリンは2010年に設立してからわずか10年で、10店舗を出店し、大仏プリンを奈良を代表するスイーツにまで押し上げました。

「まほろば大仏プリン(大)」は、商品説明に『固めの食感がなつかしいジャンボサイズプリン。昭和の肝っ玉母さんの味。』とも『最高級の生クリームをたっぷり使ったなめらかプリンです。絹のような口溶けと濃厚な味わいをお楽しみください。』とも書いています。

  • やわらかプリンの代名詞のような「なめらかさ」を、固めプリンなのに持っている
  • 昔懐かしい素朴さもありつつ高級感のある味わい
この柔と剛をあわせ持つ、えもいわれぬ不思議な食感。
それが「まほろば大仏プリン(大)」の最大の魅力です。

17028

卵黄の色(黄色)は薄めの白っぽいプリンと、サラサラのカラメルの相性は抜群。

東京のデパ地下に並ぶ、美しい装飾が施された繊細なスイーツも大好きだけど、原材料が牛乳、鶏卵、砂糖、生クリーム、香料だけのシンプルな材料で丁寧に作られたプリンもたまに食べると、幸せになれます。



LINEにブログ更新通知が届きます
LINEで読者登録する


【この記事を読んでくれた方にオススメ】

↓ママブロガーさんに楽天市場のおすすめグルメ教えてもらいました


↓チェーン店の朝定食マニアのワタクシによる、おすすめ朝食メニューランキング


↓朝マックを冷凍して、昼にも夜にもおいしく食べたいんや!




🔽ブログランキングに参加しています🔽
\モコをクリックでポイントが入ります/
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ